バンコクの雨季(6月〜10月)雨季の特徴や注意点とは

バンコク 雨季

タイ・バンコクは雨季(6~10月)・乾季(11~2月)・暑季(3~5月)からなるモンスーン気候。雨季に旅行はちょっと…。と思ってしまうかもしれませんが、今回は意外と過ごしやすいバンコクの雨季の特徴や注意点を解説します。

1)バンコク:雨季(スコール)の特徴とは

バンコク スコール タイ人

(1)タイの雨季は日本の梅雨とは全くの別物

バンコクの雨季に関して知っておいていただきたいのは、「雨季」と言っても日本の梅雨のように1日中雨が降り続くわけではないということです。

(2)1日数回のスコール

バンコクの雨季では、1日数回ほどゲリラ豪雨のような猛烈な雨(スコール)が降ります。

ほとんどの場合、30分~1時間ほどでピタッと止むのが特徴で、雨がやんだら太陽が出てきます。(ただし、雨季の終わり頃になると、長時間雨が続くこともあるので注意!)

(3)スコールが降り出すサイン

急に雲行きが怪しくなって、生暖かい空気が流れてきたら要注意。これこそがスコールの降り出す合図です。

雲行きが怪しくなってきたら、すぐにショッピングモールやカフェなどに移動し、雨宿りをする過ごし方を検討しましょう。タイマッサージやスパを満喫しながら、雨が上がるのを待つのも上級者流の楽しみ方のひとつです。

2)スコールが来るのに傘を持たないタイ人

不思議なことに、たとえ雨季であっても、現地のタイ人が傘を持ち歩く姿はほとんど見かけません。これはスコールが本格的に降り出すと、傘ではとうてい太刀打ちできないためなんです。

タイ旅行の持ち物に折り畳み傘を持って行こうと考えている場合は、「スコールがきたら折りたたみ傘はほとんど役に立たない!」と思っておいた方が良いでしょう。

ただ、どうしても濡れたくないという方は、降り始めであれば、折りたたみ傘でしのぐことが可能です。降り出したら、とにかく急いで雨宿りの場所を探すようにしましょう。

3)スコールが降ったときの移動手段への影響は?

タイの渋滞 スコール

(1)道路の渋滞状況

・送り迎えの車
・雨に濡れないようにタクシーに乗る
・道路の冠水

これはタイに限ったことではないのですが、雨の日は送り迎えの車や、雨に濡れないようちょっとした距離でもタクシーに乗るなど、車での移動がとても増えます。それに加え、バンコクでは道路の水はけが悪く、いたるところで冠水が起こります。

タイヤが半分埋まってしまうほどの水たまりがあちこちにできることで、必然とみんな使用できる道路に集まるので、大渋滞が発生します。

(2)冠水状況

バンコクの歩道は、日本ほど整備されていないため、大雨(スコール)が来るとすぐに冠水してしまいます。滞在中もおそらく、街のあちらこちらで冠水している光景を目にするはずです。

タイの冠水はひどく、大人の膝くらいまで冠水しているところがたくさんあります。スコールが降り出したら、とにかく「屋内に非難!」を心がけましょう。

(3)洪水状況

2011年、タイは大規模な洪水被害を受けました。この洪水は「チャオプラヤー川」の氾濫によって起きたもので、バンコクも道路の一部が冠水し、浸水する被害がありました。このときは、「50年に一度」といわれる降水量でしたが、以来、様々な洪水対策が打たれたこともあり、大きな洪水被害はありません。

4)駅直結のショッピングモールに避難!

バンコク 駅直結 ショッピングモール

スコール時は電車・鉄道での移動をオススメしましたが、ここでは雨に濡れることなく行くことができる駅直結のショッピングモールをいくつか紹介します。

電車で避難する際は、覚えておくことで有意義な時間を過ごすことができるので事前にチェックしておきましょう。

バンコクの駅直結のショッピングセンター 一覧

【BTS チットロム駅:セントラルワールド バンコク】

バンコク最大級のショッピング施設。アパレルショップや書店、美容サロンなどのショップが500店舗以上、飲食店は100店舗ほど入っています。映画館やスケートリンクまであります。BTS サイアム駅からスカイウォークで移動することも可能です。

【MRT スクンビット駅:ターミナル21】
【BTS アソーク駅:ターミナル21】

「空港のターミナル」をテーマにした9階建てのショッピングセンター。それぞれのフロアが世界各国の都市をイメージして展開されています。ファッション関連のショップやレストラン街、映画館やスーパーマーケット、フィットネスジムなどが楽しめます。

【BTS プロンポン駅:エムクオーティエ】

国内外の高級ブランドショップが集結するショッピングモール。日本のブランドとしてユニクロやビームスが入っています。タイの人気ファッションアイテムや、飲食店が充実しているのもポイントです。

【BTS サイアム駅:サイアムパラゴン】

ファッションアイテムはもちろん、雑貨や書籍も充実。ちょっぴり高級志向のフードコートや高級スーパーマーケット「グルメ・マーケット」も入っています。他に水族館やキッザニア、カラオケやボーリング場もあるのでファミリーにもおすすめです。

【BTS ナショナルスタジアム駅 :MBKセンター】

創業1985年の老舗ショッピングモール。総面積=東京ドーム2個分を誇る大型施設で、約2,500の店舗が入っています。洋服・お土産品・家電・絵画・ジュエリーなど業種は様々。リーズナブルな価格帯のアイテムが多いのが特徴です。

【BTS エカマイ:ゲートウェイ】

バンコク滞在の日本人が多いエリアということもあり、日本をイメージして作られた大型商業施設の「ゲートウェイ」。日本食や電化製品、スーパーなど生活に必要なものが揃っており、日本人にはとてもありがたい施設です。

5)バンコクの雨季の良いところ!

タイ人 雨 傘

ここまで見ていくと、バンコク雨季に旅行に行くのはやめようかな?と思うかもしれませんが、雨季にもいいところはあるのです!

(1)意外と過ごしやすい

日中の気温が40℃近くまで上がる暑季と異なり、雨季の平均気温は30℃ほど。つまり、意外と観光しやすい季節とも言えます。特に雨が降った後は気温が下がるので、一段と過ごしやすくなります。

(2)雨季は最もフルーツが美味しい季節

雨季にバンコクを訪れたら、必ず味わってもらいたいのがフルーツです!雨季は「グリーン・シーズン」と呼ばれていて、フルーツが最もおいしい季節でもあります。

・マンゴー
・パパイヤ
・スイカ
・ドラゴンフルーツ

などなど…カットされたフルーツが屋台を始め、町のいたるところで売られています。雨季に訪れた方だけの特典ですので、ぜひおなかいっぱい楽しんで帰ってくださいね。

(3)航空券は安く、観光客は少なめ

GWの終わりや夏休みとの間、雨季であることどなが影響し、バンコク行きの航空券が最も安くなるのが6月〜。リーズナブルに旅を楽しみたい方にはもってこいのシーズンと言えます。

観光客の数も減少するので、ふだんよりゆったり観光できるというメリットもあります。

6)バンコクの雨季の服装事情!

タイ人 女性 傘をさす

(1)雨季に適切な服装

まず、外出する際は、「濡れてもいい格好」が基本です。

・高級な服
・お気に入りの服
・汚したくない服

は控えた方がいいでしょう。

気温は30℃ほどなので、日本で着ている夏服で問題ありません。Tシャツ・短パンに加え、長ズボン、陽よけ&冷房の風よけのための長袖を持っていけば安心です。

(2)雨季は足元にも要注意

足元も同じく、

・濡れてもいいもの
・汚れてもいいもの
・乾きやすいもの

をチョイスしましょう。ビーチサンダルだと、濡れても歩いているうちに乾くので、快適に過ごせるはずです。荷物に余裕があれば、晴れているときはスニーカー、雨が降ってきたらビーチサンダルに履き替えるスタイルもおすすめです。

(3)雨季に必要なものとは?

■折りたたみ傘

本格的に雨が降り出してしまうと、これでは太刀打ちできませんが、降り始めの雨には有効です。軽量タイプのものを1本持って出かけましょう。

■雨合羽(あまがっぱ)

現地の人は着用しないアイテムですが、持っていると安心です。100円ショップなどで購入できるような、使い捨てタイプを選ぶといいでしょう。両手が使えるのでショッピングの日に重宝するはずです。

使用するかわからないので、100円ショップなどで購入し、帰国の際には捨ててしまえば荷物にもならないのでおすすめです。

■タオル

雨に濡れた後、体や持ち物を拭くためのタオルが必要です。特にバンコクは室内や電車・タクシーがとても寒いので、濡れたままでの移動は控えましょう。

吸水性の高いフェイスタオルを数枚用意しておくと役立ちます。

■ストール

避難先としてショッピングモールをおすすめしましたが、バンコクのショッピングモールは冷房でとにかく冷えています。雨に濡れた後、体を冷やすことのないよう羽織るものやストールを持ち歩くことをおすすめします。

■帽子

日射病予防はもちろんのこと、雨に濡れることを防ぐためにも有効。通気性の良いもの、つば広のものをチョイスすると◎です。

■替えの洋服や下着

万が一、ズブ濡れになってしまったときのために、替えのTシャツや短パン、下着や靴下をリュックに入れておけば万全です。

(4)逆に、雨季に必要ないものは?

■長傘

日本と異なり、バンコクのコンビニではビニール傘が売られていません。雨が降り出したら「雨宿り」が現地のスタイルですので、長傘を持ち歩く必要はありません。

■長靴

持っていくべきか迷うところですが、晴れている時間の方が長いので、長靴姿の人はほとんど見かけません。かさばるアイテムなので、持って行かなくても良いでしょう。

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?このように雨季のバンコクは、スコールとの上手に付き合うことで、十分楽しむことができるんです。バンコク好きの皆さん、ぜひ一度は東南アジアらしいこの季節を満喫してみてくださいね。



関連記事

  1. タイ 気候

    タイの気候!暑季・雨季・乾季の特徴とは

運営者:タイガーさん

タイガーさん



タイ Wi-Fi




タイ 現地ツアー







タイNavi