タイ料理:ヤムプラードゥックフー(ยำปลาดุกฟู)


ヤムプラードゥックフーの詳細

料理名 ヤムプラードゥックフー(ยำปลาดุกฟู)
英語名 Crispy catfish mango salad
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
金額 80〜100バーツ(約240〜300円)
意味 ヤム=混ぜる
プラードウック=ナマズ
フー=膨らんだ
特徴 ナマズのカリカリ揚げのヤム
辛さ ⭐(辛いタイ料理)

ヤムプラードゥックフーとはどんな料理?

ヤムプラードゥックフーとは、ナマズの身をほぐしてカリカリに揚げたフレーク状のものに、ナンプラーやニンニク、ライム、ココナツシュガーなどの調味料を和え、そこに青マンゴーのスライスを乗せて、混ぜながら食べる料理です。

ナマズというと生臭いのではないかと思ってしまいますが、細かくほぐされて揚げられたナマズは全く臭みがなく、青マンゴーのシャクシャクとした食感にとてもよく合います。

ナマズ自体には味をつけずに、ヤムチム(タレ)をかけるタイプもよく見られます。どちらもとても美味しいですので、ナマズをあまり食べる機会のない日本人に、ぜひ試していただきたいタイ料理です。

ヤムプラードウックフーはどこで食べることができる?

ヤムプラードウックフーは基本的にヤムマムアンですから、イサーン料理を出す店であれば、比較的見つけやすいはずです。

ただ、シンプルなヤムマムアンに比べてかなり手のこんだ料理ですので、やはり事前に下調べしておくことをおすすめします。なお、屋台でも食べることはできますが、できれば人気のある食堂やレストランの方が、ワンランク上の味を楽しめると思います。

タイ料理は肉だけじゃない!よく使われる魚たち

タイ料理には鶏肉や豚肉がとてもよく使われます。シーフードもエビやイカ、カニなどふんだんに使われているイメージがあります。それに比べるとあまり目立った印象はありませんが、実はタイでは魚料理もとても充実しています。

ヤムプラードウックフーはナマズでしたが、他にもよく使われる美味しい魚がたくさんあるのでいくつか紹介します。

プラーチョーン:

タイのライギョ。タイではかなり人気があり、全国で養殖されています。どう猛な顔つきに似合わず、身はとても淡白であっさりとしていて、蒸し料理などにもぴったりです。

プラーニン:

日本の明仁天皇がタイに普及させたことから、ニンという名前がついたという話もよく聞かれるほど、タイではよく食べられている魚です。プラーニンをカリカリに揚げて甘酢をかけた「プラーニン トート ラット プリック」が、有名です。




関連記事

  1. ヤムタクライ

    タイ料理:ヤムタクライ(ยำตะไคร้)

  2. ヤムフアプリー

    タイ料理:ヤムフアプリー(ยำหัวปลี)

  3. タイ料理:ヤムムー(ยำหมู)

  4. タイ料理:ナムトックムー(น้ำตกหมู )

  5. タイ料理:ヤムプラームック(ยําปลาหมึก)

  6. ソムタムトート

    タイ料理:ソムタムトート(ส้มตำทอด)

  7. ヤムフームー

    タイ料理:ヤムフームー(ยำหูหมู)

  8. タイ料理:ソムタムタイ(ส้มตำไทย)

  9. ヤムカイトム

    タイ料理:ヤムカイトム(ยำไข่ต้ม)

運営者:タイガーさん

タイガーさん

オススメ記事