タイのお菓子:クルアイトート(กล้วยทอด)


クルアイトートの詳細

料理名 クルアイトート(กล้วยทอด)
英語名 Deep fried banana
食べれる場所 屋台、食堂、露天
金額 1袋20バーツ(約60円)
意味 クルアイ=バナナ
トート=揚げる
特徴 タイ風揚げバナナ

クルアイトートとはどんな料理?

クルアイトートはバナナに衣をつけてカリッと揚げたシンプルな料理です。ただし、日本のバナナではこの味は出せません。タイには何種類もバナナがあるのですが、クルアイトートに使われるのは、主にクルアイナームワーという短くて太い種類です。日本のバナナに似た種類を使うと、なかなかカリッとは仕上がりません。

クルアイナームワーを揚げると、外はカリッと、中はまるで芋のようにホクホクと仕上がり、とても美味しいです。

クルアイトートはどこで食べることができる?

クルアイトートはタイでは本当に大人気のスナックで、街中至るところにクルアイトートの屋台が見られます。タイに滞在中にぜひ1度は食べてもらいたいスナックです。

しかし注意しなければならない点もいくつかあります。まず油を使った料理なので、人気のある回転の早い屋台で買うようにしてください。回転が悪く、作って時間が経ったものは、避けたほうが無難です。衛生的にも不安で、何より揚げたてを食べるのが1番美味しい料理です。

また人気がなく、油を交換しないような屋台では、絶対に買ってはいけません。汚い油で揚げたクルアイトートを食べると、胃がもたれることがあります。

いろいろあるタイのバナナ!

日本でも今やバナナは当たり前のように売られていますが、フィリピンからの輸入品がほとんどです。あまり有名ではありませんが、タイでもバナナは作られていて、様々な料理に使われます。

クルアイナームワー:

クルアイトートにも使われる品種。短くて太いのが特徴。揚げると芋のようにホクホクした食感になります。

クルアイハックムック:

非常に短いバナナです。水分が多く、生食には向きません。焼くとクリーム状になることから、主に焼きバナナに利用されます。

クルアイナーク:

南部で生産される赤い皮のバナナ。そのまま食べますが、普通のバナナよりも少しクリーミーです。

日本では食べられない種類のバナナがたくさんあるので、いろいろと試してみてください。



関連記事

  1. ムーヨン

    タイのお菓子:ムーヨン(หมูหยอง)

  2. タイのお菓子:カオマオトート(ข้าวเม่าทอด)

  3. タイのお菓子:カオトムマット(ข้าวต้มมัด)

  4. カノムパンピン

    タイのお菓子:カノムパンピン(ขนมปังปิ้ง)

  5. カノムドークジョーク

    タイのお菓子:カノムドークジョーク(ขนมดอกจอก)

  6. ロティサーイマイ

    タイのお菓子:ロティサーイマイ (โรตีสายไหม)

  7. カノムターン

    タイのお菓子:カノムターン(ขนมตาล)

  8. カノムカイ

    タイのお菓子:カノムカイ(ขนมไข่)

  9. タイ料理:ケープムー(แคบหมู)

オススメ記事