タイ料理:パッキーマオ(ผัดขี้เมา)


パッキーマオの詳細

料理名 パッキーマオ(ผัดขี้เมา)
英語名 Drunken noodle
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
金額 100〜150バーツ(約300〜450円)
意味 パッ:炒め
キー:
マオ:酔っ払い
特徴 麺と野菜の辛い炒め物
辛さ 〜⭐⭐⭐⭐(激辛タイ料理)

パッキーマオとはどんな料理?

パッキーマオは直訳すると酔っ払い炒め。

名前の由来は諸説ありますが、酔っ払いが食べたら即効で酔いが醒めるほどの辛さの食べ物とか、酒に酔ったコックが適当に作ったらあり得ないくらい辛い食べ物ができてしまったとか…。どちらにせよ辛いことは間違いないです。

材料は野菜、種類は色々でコックさんがその日に決めるとかもあると思います。それとセンヤイという太いきし麺のような米粉で作った麺、ハーブ、もちろん唐辛子にエビやイカ、豚肉など。これらをナンプラーやオイスターソースで味付けし炒めた麺料理です。

炒めた麺といえばパッタイが有名だと思いますが、パッキーマオは雰囲気的には男性が好みそうな、ガッツリと食べたい太麺にシャキッとした辛味が特徴です。

タイ料理の麺はたくさんあり、パッキーマオはセンヤイ

余談ではありますが、タイには麺の種類がいくつかありまして、パッキーマオに使われるセンヤイという太い平たい麺、パッタイによく使われる標準的な太さのセンレック、センミーという更に細い麺、いわゆるビーフンです。

これらは全て米粉からできています。日本のソーメンにそっくりなカノムチーン。そして春雨(ウンセン)は日本と一緒で”カロリーが抑えられる”とタイでも女性に人気があります。

 

お腹はそんなに減っていないけどお酒の〆で何か…とそんな時、パッキーマオを春雨やセンミーで作ってとコックさんにお願いしてみましょう。これはこれで食べやすくスルスルとお腹に入っていきます。おすすめです。酔っ払い炒めですから…酔いも醒めるかも?



関連記事

  1. タイ料理:パックブンファイデーン(ผักบุ้งไฟแดง)

  2. パットファクトーン

    タイ料理:パットファクトーン(ผัดฟักทอง)

  3. パットガラムプリー

    タイ料理:パットガラムプリー(กะหล่ำปลีทอดน้ำปลา)

  4. パットパックカナームー

    タイ料理:パットパックカナームー(ผัดคะน้าหมูกรอบ)

  5. パットガパオムー

    タイ料理:パットガパオムー(ผัดกระเพราหมู)

  6. パットパックルアムミット

    タイ料理:パットパックルアムミット(ผัดผักรวมมิตร)

  7. タオフートート

    タイ料理:タオフートート(เต้าหู้ทอด)

  8. タイ料理:ヤム・パックブーン・トードグローブ(ยำผักบุ้งกรอบ)

オススメ記事