タイ料理:クンパオ(กุ้งเผา)


クンパオの詳細

料理名 クンパオ(กุ้งเผา)
英語名 Grilled shrimp
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン
金額 伊勢海老:約1500バーツ(約4500円)
手長エビ(大):約6尾350バーツ(約1050円)
意味 クン=エビ
パオ=焼く
特徴 エビの炭火焼
辛さ ⭐(辛くないタイ料理)

クンパオとはどんな料理?

クンパオとは、『クン=エビ』、『パオ=焼く』という名前のとおり、エビを炭火でじっくりと焼き上げた料理です。こんがりと焼けたプリプリのエビを酸味のある辛いナムチム(つけダレ)につけて食べれば、タイを満喫できること間違いなし!

日本でエビ焼きといえばブラックタイガーなどの海のエビが2〜3匹出てくるのを想像すると思いますが、タイのエビ焼きはまったく違います。まず通常、キロ単位での注文となり、最低500グラム以上でないと購入できません。

エビの種類も伊勢海老やブラックタイガーなどの海のエビよりも、淡水エビである「手長エビ」が主流となっています。

クンパオはどこで食べることができる?

クンパオを食べるのであれば、生簀のあるシーフードレストランが断然おすすめです。最低500グラムからの注文と聞くとびっくりしてしまいますが、大ぶりの手長エビだとだいたい5〜6匹。問題なく食べることができる量でしょう。

値段はやはり伊勢海老は高めで、だいたい1匹1000〜1800バーツ (3000〜5400円)。手長エビは1キロ(約10匹)で400バーツ 〜(1200円)ととてもリーズナブルなお値段になっています。

とても美味しいのに安い、タイでエビを食べるなら手長エビがおすすめです。

タイでお得なシーフード食べ放題はいかがでしょう?

エビを食べるならシーフードレストランがおすすめなのですが、実はムーガタ(焼肉ビュッフェ)のお店も密かに人気です。ムーガタは豚肉主体の食べ放題焼肉なのですが、オプションでシーフードが選べる店がたくさんあります。

エビ・カニ・ホタテ・ムール貝・魚なんでも食べ放題で、値段もシーフードレストランよりもかなり安かったりするからたまりません。

バンコクには200バーツ (600円)で肉・シーフードが食べ放題の店もあるので、ぜひ何人か誘い合って食べに行ってみてください。


関連記事

  1. タイ料理:ホイナーンロムソンクルアン(หอยนางรมดิบ)

  2. プラータプティムヌンマナーオ

    タイ料理:プラータプティムヌンマナーオ(ปลาทับทิมนึ่งมะนาว)

  3. パットペットプラードゥック

    タイ料理:パットペットプラードゥック(ผัดปลาดุก)

  4. プラームックパットカイケム

    タイ料理:プラームックパットカイケム(ปลาหมึกผัดไข่เค็ม)

  5. タイ料理:ホイトート(หอยทอด)

  6. ルークチンプラートード

    タイ料理:ルークチンプラートード(ลูกชิ้นปลาทอด)

  7. チューチープラー

    タイ料理:チューチープラー(ฉู่ฉี่ปลา)

  8. タイ料理:クンオップウンセン(กุ้งอบวุ้นเส้น)

  9. タイ料理:プーパッポンカリー(ปูผัดผงกะหรี่)

オススメ記事