タイのお菓子:カノムチャン(ขนมชั้น)


カノムチャン(タイ風ういろう)の詳細

料理名 カノムチャン(ขนมชั้น)
英語名 Thai multi layer sweet cake
食べれる場所 屋台 お菓子屋
金額 1パック30〜60バーツ(約90〜180円)
意味 カノム:お菓子
チャン:階層
特徴 タピオカ粉にココナッツミルクと水と砂糖を混ぜて蒸したお菓子

カノムチャンとはどんなお菓子?

カノムチャンはタピオカ粉と上新粉に、ココナッツミルクと砂糖を混ぜて蒸した「ういろう」のようなお菓子です。

まず始めにバットに1層目の生地を流して蒸します。蒸しあがったら2層目、3層目と繰り返し、9層目まで工程を繰り返してやっと完成です。このように大変手間のかかるお菓子ですが、9層にするのには意味があります。数字の9と「昇進する・進歩する」という言葉の読み方が似ているので、9層に仕上げて縁起を担いているわけです。

また白と緑の生地が交互に積み重ねられているので、見た目も大変可愛いです。緑の生地は体に悪そうなイメージがありますが、バイトゥーイ(パンダンリーフ)から作られた自然な着色料を使用していますので、安心して食べてください。

カノムチャンはどこで食べることができる?

カノムチャンを食べるのならば、断然カノム屋台をおすすめします。カノム屋台は街中至るところにありますから、滞在中に何軒か食べ比べてみるのも面白いかもしれません。また観光がてら市場に行く機会があれば、ぜひお菓子屋を探してみてください。たくさんのお菓子屋が営業しているので、目移りして困ってしまうほどです。

買う際は単品でも大丈夫ですが、5個くらいをまとめたパックがお得です。値段も5個入りで約50バーツ(150円)とお手頃ですので、気になった他のお菓子と一緒にいろいろと試してみてください。

人気店では売り切れることも!

絶対食べたいタイのデザートカノムチャンですが、カノムチャンは繊細さや我慢強さ、芸術性などが求められるお菓子と言われており、人気店では午前中に売り切れてしまう場合もあるくらい人気のお菓子です。もし買いに行くなら早めの時間が狙い目です。賞味期限は数日はもつようですが、時間の経過とともに固くなっていってしまうため早めに食べることをおススメします。

一度は食べてみたいタイの伝統行事菓子

タイは基本的に仏教国なので、一年を通して様々な仏教行事が行われています。そういった行事に欠かせないのが縁起のいい伝統行事菓子です。仏教の行事や結婚式など、祝い事じゃないと食べられないイメージがありますが、今はカノム屋台やお菓子屋で日常的に食べることができます。

【主な伝統菓子】

  • カノムチャン:9層に重ねられた ”ういろう” のようなお菓子
  • メットカヌン:ジャックフルーツの種を型取った金色のお菓子
  • トーンエッグ:卵と砂糖から作られた “1番” という意味のお菓子
  • フォイトーン:いわゆる鶏卵素麺。タイで最も有名なお菓子のひとつ

 

タイ料理 一覧


関連記事

  1. タイのデザート:クローン クレーン カティ(ครองแครงกะทิ)

  2. アイスクリームガティ

    タイのデザート:アイスクリームガティ(ไอศครืมกะทิ)

  3. カノムパンサンカヤーバイトゥーイ

    タイのスイーツ:カノムパンサンカヤーバイトゥーイ(ขนมปังสังขยาใบเตย)

  4. カノムモーケン

    タイのデザート:カノムモーケン(ขนมหม้อแกงถั่ว)

  5. タイのお菓子:タンテーク(ขนมถังแตก)

  6. タイのデザート:ロートチョン ナムカティ(ลอดช่องน้ำกะทิ)

  7. タイのお菓子:カノムタゴ(ขนมตะโก้)

  8. タイのお菓子:クルアイケーク(กล้วยแขก)

  9. ナムケンサイ

    タイのデザート:ナムケンサイ(น้ำแข็งใส)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事