タイ料理:カオマンガイ(ข้าวมันไก่)


カオマンガイの詳細

料理名 カオマンガイ(ข้าวมันไก่)
英語名 Thai boiled chicken rice
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
金額 40〜60バーツ(約120〜180円)
意味 カオ=ごはん
マン=油
ガイ=鶏肉
特徴 鶏のせご飯
辛さ ⭐〜⭐⭐⭐⭐(辛くないが、タレは激辛の場合も)

カオマンガイとはどんな料理?

カオマンガイは茹でた鶏肉のダシで炊いたご飯の上に、カットした茹で鶏肉を乗せた、タイで最も有名な料理の1つです。ニンニクが効いた鶏のダシとご飯、柔らかい鶏肉の組み合わせは世界中で愛されていて、中国の「海南鶏飯」やシンガポールの「チキンライス」など、カオマンガイに似た料理がアジア各国にあります。

カオマンガイは付け合わせのスライスキュウリやピクルスと一緒に、シーユーカオをベースにした辛いソースとスイートチリソースの2種類のソースをかけて食べます。

カオマンガイとよく似た料理で、カオマンガイが売っているところであればどこでも注文する事ができ良料理!茹でた鶏肉の代わりに揚げた鶏肉を使った「カオマンガイトート」もおすすめです。

カオマンガイとハイナンジーファン

タイのソウルフード「カオマンガイ」、東南アジアでは一般的な料理で、シンガポールではハイナンジーファン(海南鶏飯)として人気がある料理です。

カオマンガイとハイナンジーファン(海南鶏飯)は大きな違いはありませんが、違いはタレにあります。ハイナンジーファン(海南鶏飯)は3つのタレ(黒い甘辛ソース、チリソース、生姜レモンソース)があります。カオマンガイは甘辛い味噌をベースにしたタレになります。

カオマンガイは辛い?

カオマンガイは甘辛いタレをつけて食べます。カオマンガイ自体は辛くないのですが、このタレがとても辛いです!とくにローカル食堂や屋台などではソースがタイ人の好みに合うようあらかじめ作られているので、とても辛い場合があります。

カオマンガイ自体は辛くはありませんが、タレがタイ人向けに非常に辛く作られている場合があるので、辛いのが苦手な人はスイートチリソースで食べるようにしてください。

カオマンガイはどこで食べることができる?

カオマンガイはタイではとてもポピュラーな料理です。ですから屋台からフードコートに至るまで、本当にどこでも気軽に食べられます。ただ、せっかくですから必ず一度はカオマンガイ専門店で食べてみてください。

タイ語も分からないし、カオマンガイ専門店がどこにあるのか見つけられない!と、心配されるかもしれません。でも安心してください。実はカオマンガイ専門店には、軒先に丸ごとの鶏がぶら下がっているショーケースが必ずるので、すぐに見つけることができます。

カオマンガイ お店

テーブルの上にある4つの調味料を知っていますか?

タイで食事に行くとテーブルの上に必ず「クルアンプルン」と呼ばれる4つの調味料が置いてあります。タイ料理は基本的に少し薄味にしてあり、この4つの調味料を使って自分の好みに調整するのが一般的な食べ方なのです。

塩味:ナンプラー

ナンプラーに輪切りの唐辛子を入れたものが一般的

辛味:プリックポン

粗挽きの唐辛子を使います。粉唐辛子よりもマイルド

甘味:砂糖

麺類やスープに多量に入れる人が多い

酸味:プリックナムソムサイチュー

輪切りの唐辛子入り。カオマンガイに適量ふりかけると味が引き締まる



関連記事

  1. カオホーバイブア

    タイ料理:カオホーバイブア(ข้าวห่อใบบัว)

  2. タイ料理:カオ・オップ・サパロット(ข้าวอบสับปะรด)

  3. タイ料理:カオトム(ข้าวต้ม)

  4. タイ料理:カオムークロープ(ข้าวหมูกรอบ)

  5. タイ料理:ジョーク(โจ๊ก)

  6. カオパットトムヤム

    タイ料理:カオパットトムヤム(ข้าวผัดต้มยํา)

  7. パットガパオムー

    タイ料理:パットガパオムー(ผัดกระเพราหมู)

  8. タイ料理:カオモックガイ(ข้าวหมกไก)

  9. タイ料理:カオ・クルック・カピ(ข้าวคลุกกะปิ)

オススメ記事