タイ料理:カオパット(ข้าวผัด)


カオパット(タイ風チャーハン)

料理名 カオパット(ข้าวผัด)
英語名 Thai fried rice
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
金額 40〜90バーツ(約120〜270円)
意味 カオ=お米
パット=炒める
特徴 タイ風チャーハン
辛さ ⭐〜⭐⭐(辛くないタイ料理)

カオパットとはどんな料理?

カオパットは玉ねぎや長ネギ、カイラン菜、卵と一緒にお米を炒める『タイ風のチャーハン』です。塩・胡椒、オイスターソースなどを使うのは中華のチャーハンと同じですが、決め手はナンプラーとライムです。

少し薄味のカオパットに、添えられたナンプラーとライムをかければ、一気にタイ風のチャーハンに仕上がります。

ベースとなるカオパットに、鶏肉や豚肉などのメインの食材を入れていきますが、注文の際にカオパットしか言わないと「具は何にするの?」と聞かれてしまいます。最初から具材も含めた名前で注文してください。

カオパット・ムー :豚肉(ムー:豚)
カオパット・ガイ :鶏肉(ガイ:鶏)
カオパット・クン :エビ(クン:エビ)
カオパット・プー :蟹(プー:蟹)
カオパット・カイ :卵(カイ:卵)

日本のチャーハンよりも米はパラパラして、味はあっさりと薄味に作られているので、マナオ(タイのレモン)で酸っぱさを出しよりさっぱりとした味わいや、ナンプラーなどで味付けをしていくことで、自分の好みの味に調節していくことができます。


カオパット・ムー(豚)

カオパット ムー:豚肉

カオパット・ガイ(鶏)

カオパットガイ:鶏肉

カオパット・クン(エビ)

カオパットクン:エビ

カオパット・プー(蟹)

カオパットプー:蟹

カオパット・カイ(卵)

カオパットカイ:卵

カオパットはどこで食べられるか?

カオパットは日本での知名度こそありませんが、タイではまさに国民食といっていいほど、タイ全土どこに行っても食べることができます。見た目が日本のチャーハンと変わらないので、タイまで来てわざわざ食べるほどでもないという扱いをされがちですが、『絶対に一度は食べてもらいたいおすすめの料理』です。

ただお店によって結構味に違いがあるので、ホテルのインフォメーションで評判のいいお店を事前にチェックしておいた方がいいかもしれません。

カオパットにはタイ米?ジャポニカ米?

日本のチャーハンはもちろんジャポニカ米を使っています。熟練の技でパラリと仕上げるのは見ていてホレボレしますが、本来、粘り気の強いジャポニカ米は、チャーハンに向いていません。

タイ米は細長くてパサパサしているので、油との相性が最高です。素人でも割と簡単にパラリとしたチャーハンを作れてしまいます。それでも作る人によって味は全然違います。腕の差が如実に現れる料理です。ぜひお気に入りのカオパットを見つけてくださいね。



関連記事

  1. タイ料理:カオムーデーン(ข้าวหมูแดง)

  2. タイ料理:ジョーク(โจ๊ก)

  3. タイ料理:カオ・クルック・カピ(ข้าวคลุกกะปิ)

  4. バチャーン

    タイ料理:バチャーン(บะจ่าง)

  5. カオパットトムヤム

    タイ料理:カオパットトムヤム(ข้าวผัดต้มยํา)

  6. タイ料理:カオムークロープ(ข้าวหมูกรอบ)

  7. タイ料理:カオ・オップ・サパロット(ข้าวอบสับปะรด)

  8. タイ料理:カオマンガイ(ข้าวมันไก่)

  9. パットガパオムー

    タイ料理:パットガパオムー(ผัดกระเพราหมู)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事