タイ料理:オースワン(ออส่วน)


オースワンの詳細

料理名 オースワン(ออส่วน
英語名 oo swan(Fried oyster pancake)
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
金額 100〜150バーツ(約300〜450円)
意味 オースワン=料理名
特徴 牡蠣のタイ風お好み焼き
辛さ ⭐(辛くないタイ料理)

オースワンとはどんな料理?

オースワンとは、牡蠣とゆるく溶いたタピオカ粉・小麦粉・卵の生地を焼き、鉄板で焼いたもやしの上に乗せた、タイ風牡蠣のお好み焼きです。

焼くというよりは、たっぷりの油で揚げるように調理するので、かなり油っこい料理です。しかし下に敷いたもやしが、上手く油っこさを抑えてくれ、スイートチリソースとも相性抜群!どんどん箸が進むこと請け合いです。

オースワンに似た料理に、「ホイトード」があります。違いは牡蠣の代わりに、ムール貝を使う場合があることくらいで、材料や味付けはほぼ同じです。しかし食感にかなり違いがあり、ホイトードがカリッとした歯ごたえなのに対して、オースワンはもっちりとしています。食べ比べてみるのも面白いと思いますよ。

オースワンという名前の意味はない?

タイのお好み焼き、タイ風チヂミなどと紹介されることが多いオースワンですが、見た目はチヂミに近い料理。タイの料理は『材料名+調理方法』が名前になっていることが多いのですが、オースワンという料理名はこの料理専用の言葉であり、ほかの意味は特にありません。

(例)カオマンガイ:カオ=お米、マン=蒸す、ガイ=鳥

ホイトートとの違いとは?

オースワンと似たような料理に「ホイトート」があります。

食材自体はほぼ同じなのですが、ホイトートは

ホイ  = 貝
トート = 揚げる

この名の通り、ホイトートは揚げる要素が強く、生地には薄く伸ばした小麦粉を使用しているので食感がパリパリとしているのが特徴です。オースワンの食感はぷりぷりしています。

オースワンはどこで食べることができる?

オースワンは屋台からフードコートまで、どこでも気軽に食べることができます。食べるお店が見つからなくて困るということは、まずないでしょう。ただオースワンは庶民的な料理ですから、高級レストランよりも、屋台や食堂でビールを飲みながら気軽に食べるのがピッタリです。

注意したいのが牡蠣の鮮度です。タイでは魚介類に完全に火を通しません。半ナマに近い感じが美味しいとされています。ですから、衛生状態がよく、回転の早いお店の情報を地元の人に教えてもらうのが1番安心です。

やっぱり気をつけたい。タイのシーフード

タイでは鶏肉や豚肉が好まれているイメージがありますが、シーフードもよく食べられています。日本では衛生管理が徹底しているので、刺身で出されても安心して食べることができますが、タイでは少々気をつけなくてはいけません。

まずお店によって、管理状況がかなり悪い場合があります。特に屋台などでは、生のエビや魚を炎天下にそのまま保管していたりするお店もあるので、慣れていない日本人は要注意です。

また、火を通すからと安心してはいけません。ほとんど半ナマの状態で出されてきたりするので、慣れていない人が安易に口にすると、嘔吐や最悪、食中毒の可能性も考えられます。体調がよくない時は、思い切って食べないという選択も必要かもしれません。



関連記事

  1. クンパオ

    タイ料理:クンパオ(กุ้งเผา)

  2. ホイラーイパットナムプリックパオ

    タイ料理:ホイラーイパットナムプリックパオ(ผัดหอยลายนํ้าพริกเป๋า)

  3. タイ料理:クンチェーナンプラー(กุ้งแช่น้ำปลา)

  4. タイ料理:ホーモック(ห่อหมก)

  5. タイ料理:トートマンプラー(ทอดมันปลา)

  6. チューチープラー

    タイ料理:チューチープラー(ฉู่ฉี่ปลา)

  7. タイ料理:ホイトート(หอยทอด)

  8. クンチュッペントート

    タイ料理:クンチュッペントート(กุ้งชุบแป้งทอด)

  9. プージャー

    タイ料理:プージャー(ปูจ๋า)

オススメ記事