タイ料理:プーパッポンカリー(ปูผัดผงกะหรี่)


プーパッポンカリー(渡蟹のカレー炒め)の詳細

料理名 プーパッポンカリー(ปูผัดผงกะหรี่)
英語名 Thai fried crab curry
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン
金額 2人前300バーツ〜、4人前1,000バーツ〜(約900〜3,000円)
意味 プー=カニ
パッ=炒める
ポン=粉
カリー=カレー
特徴 ワタリガニのカレー炒め
辛さ (辛くないタイ料理)

プーパッポンカリーとはどんな料理?

プーポッパンカリーは、中華系シーフード料理の有名店「ソンブーン」が発祥の人気料理です。カレー粉の他に、オイスターソースやナンプリックパオ(チリインオイル)でワタリガニを炒め、ココナッツミルクと卵でとじます。

カレー粉で炒めたカニとフワフワの卵の味わいは折り紙つきで、日本で最も有名なタイ料理の一つです。

注文のポイントとして、慣れていない人は「殻なし」を注文することをオススメします。プーポッパンカリーは、殻のままのぶつ切りのカニが使われますので、見た目は豪華ですけれども、手が汚れ、殻があると非常に食べ辛い料理です。

店によっては殻ごと食べられるソフトシェルのカニを選べるお店もあるので、食べ比べてみるのも面白いと思います。

プーパッポンカリーはどこで食べることができる?

プーポッパンカリーは大変人気がある料理なので、シーフードのお店であれば、たいていどこでも食べることができます。

発祥のお店(ソンブーン)の人気はやはりすさまじく、日本からの観光客であれば、まずは必ずそこで食べるようになるのではないでしょうか。

ただ、値段はかなり高めで、フワフワに仕上げるためにかなり油を使っています。もちろん美味しいのですが、油をあまり使わずに胃に負担の少ないプーポッパンカリーを出してくれるお店も多くあるので、色々なお店のプーパッポンカリーを試してはいかがでしょうか。

タイのシーフードレストランによくある◯◯!

タイは鶏肉料理がとても有名ですが、肉だけでなくシーフード料理もとても美味しいです。港町ではないバンコクでもシーフードレストランはたくさんあって、たいてい「あるもの」があります。

それは『生簀(いけす)』です。生簀にはカニの他にも、いろいろな魚や貝などがストックされていて、中には料理する食材を選ばせてくれるお店も。

タイの屋台では、炎天下の中でも冷蔵庫なしで、シーフードを保管しているところもあり、日本人にとっては少々不安を隠せないのが、正直なところです。その点、生簀であれば、安心してシーフードを食べることができるので、1つの目安として知っておくと安心です。

プーパッポンカリーを頼む際の注意点

先ほどもお仕えしましたが、プーパッポンカリーは基本的に豪華な蟹の殻付きで出てきます。

初めてのプーパッポンカリーで、存分に見た目を味わいたい方はそのまま殻付きで頼んでも良いのですが、食べるのが面倒・手が汚れる。などの声もたくさんあります。

なので、もし殻付きのものが嫌な場合は、

「ヌア プーパッポンカリー」

と指定することで、殻なしのものを注文することができます。

ヌア プーパッポンカリー

ヌア プーパッポンカリー(เนื้อปูผัดผงกะหรี่)は見た目も若干違って、インパクトが薄れてしまうかもしれませんが、殻をむくのが面倒な人や何度か食べたことがある人はこちらの「ヌア プーパッポンカリー」をおすすめします。

 

ふわふわ卵と蟹の相性が抜群のプーパッポンカリー!タイに訪れたら絶対に食べたい料理です!



関連記事

  1. ホイラーイパットナムプリックパオ

    タイ料理:ホイラーイパットナムプリックパオ(ผัดหอยลายนํ้าพริกเป๋า)

  2. トートマンクン

    タイ料理:トートマンクン(ทอดมันกุ้ง)

  3. チューチープラー

    タイ料理:チューチープラー(ฉู่ฉี่ปลา)

  4. ヤムプラークラポン

    タイ料理:ヤムプラークラポン(ยำปลากระป๋อง)

  5. タイ料理:ナムプリック(น้ำพริก)

  6. プラータプティムヌンマナーオ

    タイ料理:プラータプティムヌンマナーオ(ปลาทับทิมนึ่งมะนาว)

  7. クンパオ

    タイ料理:クンパオ(กุ้งเผา)

  8. タイ料理:クンチェーナンプラー(กุ้งแช่น้ำปลา)

  9. プラームックパットカイケム

    タイ料理:プラームックパットカイケム(ปลาหมึกผัดไข่เค็ม)

オススメ記事