タイ料理:ソムタムラーオ(ส้มตำลาว)


ソムタムラーオとは

料理名 ソムタムラーオ(ส้มตำลาว)
英語名 Thai papaya salad Laos style
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
金額 30〜50バーツ(約90〜150円)
意味 ソム=酸っぱい
タム=叩く
ラーオ=ラオス
特徴 ラオス風青パパイヤサラダ
辛さ ⭐⭐⭐〜⭐⭐⭐⭐(調理前に辛さを注文できる)

ソムタムラーオとはどんな料理?

ソムタムは、タイ東北部イサーン地方の伝統料理です。青パパイヤのスライスをナンプラーやニンニク、ライム、ココナツシュガー、干しエビなどと一緒に叩いて和えます。

しかし、ソムタムラーオは同じソムタムですが、味付けがかなり違います。

ラーオと名前にあるようにラオスの影響がかなり入っていて、ソムタムに付き物のナンプラーや砂糖はほとんど使いません。代わりにプラーラー(魚を塩や麹などで発酵させたイサーンの調味料)と大量の唐辛子を入れます。

ナンプラーとは比べものにならない魚臭さと、びっくりするような辛さの料理ですが、慣れればクセになる味です。

ソムタムラーオはどこで食べることができる?

ソムタムラーオはイサーンに限らず、タイ全土どこでも食べることができます。バンコクにもソムタムの専門店はたくさんあります。

基本的にタイ東北部以外の都市では、ソムタムといえば、“ソムタムタイ”です。ソムタムラーオは全くの別物ですから、辛さに強いという型でない限り、注意が必要です。

ただ、辛さを抑えて作ってもらうくらいなら、最初からソムタムタイを食べればいいことで、少々もったいないです。カオニャオ(もち米)と一緒に、上手に辛さを抑えながらトライしてみてください。

タイ東方部の伝統的調味料「プラーラー」とは

ソムタムラーオに使われるプラーラーは、小魚を塩と麹に漬け込み、1年ほど熟成させた発酵調味料です。上澄み液は主にナンプラーとして使われ、残った身を料理に使います。イメージとしては、アンチョビや塩辛といったところでしょうか。

当然、強烈な臭いがしますが、慣れるとまさに病みつきの味に!

タイの東北部では、普通の家庭でも、自分たちで獲った川魚や市場で買った小魚で、プラーラーを手作りするのが当たり前です。日本でも輸入品としてプラーラーを手に入れることができますので、興味のある方は試してみてください。



関連記事

  1. タイ料理:ソムタムスワ(ส้มตำซั่ว)

  2. ヤムクンテン

    タイ料理:ヤムクンテン(กุ้งเต้น)

  3. タムテン

    タイ料理:タムテン(ตำแตง)

  4. タムカヌン

    タイ料理:タムカヌン(ตำขนุน)

  5. ヤムレップムーナーン

    タイ料理:ヤムレップムーナーン(ยำเล็บมือนาง )

  6. タイ料理:ヤムトゥアプー(ยำถั่วพู)

  7. パッウンセン

    タイ料理:パッウンセン(ผัดวุ้นเส้น)

  8. タイ料理:ソムタムポラマイ(ส้มตำผลไม้ )

  9. タイ料理:ラープガイ(ลาบไก่)

オススメ記事