タイ料理:ソムタムプー(ส้มตำปู)


ソムタムプーとは

料理名 ソムタムプー(ส้มตำปู)
英語名 Thai spicy crab papaya salad
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
金額 60〜120バーツ(約180〜360円)
意味 ソム=酸っぱい
タム=叩く
プー=カニ
特徴 カニの青パパイヤサラダ
辛さ ⭐⭐⭐〜⭐⭐⭐⭐(調理前に辛さを注文できる)

ソムタムプーとはどんな料理?

タイ東北部イサーン地方の有名料理であるソムタム(青パパイヤのスライスを使用したスパイシーサラダ)に、塩漬けしたサワガニを乗せた料理です。

ベースとなる味付け自体は、ナンプラーやニンニク、トマト、ライム、ココナツシュガーなどが使われ、他のソムタムと同じように酸っぱくて辛い味が特徴です。ただし、サワガニが入ることでかなり強烈な味がしますので、食べる人を選ぶ料理といえるでしょう。

ソムタムプーはどこで食べることができる?

ソムタムプーはイサーン料理店であれば、たいていどこでも食べることができます。味自体は塩漬けされたサワガニが入ることで、コクが出て美味しくなるのですが、じつはとても危険な料理でもあります。

塩、もしくはナンプラーなどに漬けた生のサワガニを食べるわけなので、寄生虫などもたくさんおり、どう考えても危険ですよね。実際タイ人でも食べた後にお腹を壊して、病院に行く人がたくさんいるくらいです。

正直、慣れていない日本人にはお勧めできない料理ですが、もしトライしてみるならば、屋台は避けた方が無難です。人気があって清潔なソムタム専門店がいいと思います。

日本でも大人気!プー(カニ)を使った料理とは?

プー(カニ)は危険だとさんざん書いてしまいましたが、あくまでも生のサワガニが危険なだけで、カニ自体を食べてはいけないわけではありません。

実際、タイには、プーを使った有名な料理がたくさんあります。日本人はまずきちんと火を通した料理から、プーに慣れ親しんでいくのが間違いないでしょう。

1番有名でお勧めなのが、プーパッポンカリー(ปูผัดผงกะหรี่)と呼ばれる、ワタリガニと卵のカレー炒めです。卵と牛乳が入っていますので、辛さもマイルドで日本人の口にとても合います。

日本でもなんと、無印良品やセブンイレブンなどが、レトルトのプーパッポンカリーを発売していますので、まずは1度、試してみるのもいいのでは。



関連記事

  1. ヤムグラトーン

    タイ料理:ヤムグラトーン(ยำกระท้อน)

  2. タイ料理:ヤムヌア(ยำเนื้อ)

  3. ヤムクンテン

    タイ料理:ヤムクンテン(กุ้งเต้น)

  4. ソムタム

    タイ料理:ソムタム(ส้มตำ)

  5. タイ料理:タムマムアン(ตำมะม่วง )

  6. ヤムレップムーナーン

    タイ料理:ヤムレップムーナーン(ยำเล็บมือนาง )

  7. パッウンセン

    タイ料理:パッウンセン(ผัดวุ้นเส้น)

  8. ネームクルック

    タイ料理:ネームクルック(แหนมคลุก)

  9. タムカヌン

    タイ料理:タムカヌン(ตำขนุน)

オススメ記事