タイ料理:カオヤム(ข้าวยำ)


カオヤムの詳細

料理名 カオヤム(ข้าวยำ)
英語名 Southern Thai rice salad(Khao Yam)
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
意味 カオ=ご飯
ヤム=混ぜる
特徴 南タイ式ライスサラダ
辛さ ⭐(辛くないタイ料理)

カオヤムとはどんな料理?

カオヤムはカオ=ご飯、ヤム=混ぜるという意味の通り、野菜とハーブにご飯を混ぜて食べるライスサラダです。主役であるご飯に、レモングラス、こぶみかんの葉っぱ、生もやし、ザボン、インゲンなどをヤム(混ぜる)して食べます。

南部の料理らしく味付けには、南部地方の調味料「ナムブードゥー」が使われます。ナムブードゥーは魚を発酵させて作る魚醤です。ナンプラーと違い上澄みだけでなく魚肉も使うため、独特の匂いがありますが、慣れると病みつきになる美味しさです。

カオヤムはどこで食べられるか?

カオヤムは南部独特の料理で、バンコクではあまり作っているお店がありません。プーケットなど南部地方に行けばお店はたくさんありますが、バンコクで探すのであれば、やはり南部料理専門店に行くのが間違いありません。

お店によって値段もかなり差があります。屋台なら30バーツ(90円)程度で食べられますが、レストランだと170〜250バーツ(510〜750円)は必要です。

いろいろある世界の魚醤

東南アジアを中心に世界中で魚醤は愛されています。日本も例外ではなく、秋田の「しょっつる」、石川の「いしる」は特に有名です。他には、中国の「魚露」、ベトナムの「ニョクマム」、フィリピンの「パティス」など、それこそ国ごとにその国ならではの魚醤があります。

タイでは「ナンプラー」が圧倒的に有名ですが、カオヤムに欠かせないのが、南部だけで使われている「ナムブードゥー」です。ナンプラーと違い、かなり独特の匂いがありますので、好き嫌いが別れるかもしれません。

今やナンプラーは日本のスーパーでも気軽に買えるようになりましたが、ナムプードゥーはバンコクでもなかなか手に入れることができません。南部地方に行くのなら、ぜひ1度は食べておきたいですね。



関連記事

  1. タイ料理:ソムタムラーオ(ส้มตำลาว)

  2. ラープウンセン

    タイ料理:ラープウンセン(ลาบวุ้นเส้น)

  3. タイ料理:ムーマナオ(หมูมะนาว)

  4. カイモッデーン

    タイ料理:カイモッデーン(ไข่มดแดง)

  5. タイ料理:ヤムヌア(ยำเนื้อ)

  6. タイ料理:ミヤンカム(เมี่ยงคำ)

  7. タイ料理:スップノーマイ(ซุปหน่อไม้ )

  8. ネームクルック

    タイ料理:ネームクルック(แหนมคลุก)

  9. ソムタム

    タイ料理:ソムタム(ส้มตำ)

オススメ記事