タイ料理:パットシーユー(ผัดซีอิ๊ว)


パットシーユーの詳細

料理名 パットシーユー(ผัดซีอิ๊ว)
英語名 Thai fried soy sauce noodle
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
金額 3050バーツ(100160円)
意味 パット=炒める
シーユー=醤油
特徴 太麺の醤油焼きそば
辛さ ⭐(辛くないタイ料理)

パットシーユーとはどんな料理?

タイ料理、パットシーユーは、黒糖に似た甘みを持つタイの醤油「シーユーダム」で麺に味付けをし、最後にシーユーカーオ(白醤油)、ナンプラー、オイスターソースなどで仕上げます。

パットシーユーの1番の特徴は麺の太さです。センヤイと呼ばれる極太の生米粉麺が使われます。(幅が2cm以上あるきしめんをイメージしてください)

具は豚肉と卵、カイラン菜とシンプルですが、シーユーダムを使うことで、単なる醤油焼きそばではなく、コクのある味が出来上がります。

パットシーユーはどこで食べることができる?

同じ麺料理の「パッタイ」はそれこそどこでも食べられますが、幅広麺センヤイを使うパットシーユーは、作っていない店も沢山あります。メニューになければまず食べることはできないでしょう。

そこでオススメするのが、「注文屋台」です。麺料理をメインに作っている屋台ならばさらに好都合です。メニューは関係なく間違いなく作ってもらえるはずです。お好みで、もっと細い麺で作ってもらうことも可能です。もっともパットシーユーはセンヤイに限りますけど。

タイの3大焼きそばの違いとは?

タイの焼きそばといえば、「パッタイ」「パッキーマオ」そして「パットシーユー」が有名です。それぞれ違う美味しさがあり、単純に比べることはできませんが、何が違うのか簡単にまとめてみました。

パッタイ:

干しエビ、ピーナッツ、もやし、エビを使います。ナンプラーや唐辛子の他に、酸味をタマリンドでつけるのが特徴です。超有名料理です。

パッキーマオ:

酔っ払い炒めという名前の由来は、酔っ払いが作ったくらい辛いからという説があります。幅広麺センヤイに激辛ソースが絡んだ男性的な味です。

パットシーユー:

こちらもセンヤイを使用。辛さは全くなく、甘い醤油味が特徴的な中華系麺料理です。お好みで唐辛子や酢を足して食べると、また味が変わって絶品です。



関連記事

  1. ミークローブ

    タイ料理:ミークローブ(หมี่กรอบ)

  2. タイ料理:ペットトゥン(เป็ดตุ๋น)

  3. タイ料理:カノムジーン(ขนมจีน)

  4. パッタイホーカイ

    タイ料理:パッタイホーカイ(ผัดไทยห่อไข่)

  5. タイ料理:カオソーイ(ข้าวซอย)

  6. パットマカロニ

    タイ料理:パットマカロニ(ผัดมักโรนี)

  7. タイ料理:クイッティアオ (ก๋วยเตี๋ยว)

  8. クイチャップ

    タイ料理:クイチャップ(ก๋วยจั้บ)

  9. パットママー

    タイ料理:パットママー(ผัดมาม่า)

運営者:タイガーさん

タイガーさん

オススメ記事