タイ料理:ゲーンヘット(ข้าวหน้าไก่)


ゲーンヘットの詳細

料理名 ゲーンヘット(ข้าวหน้าไก่)
英語名 Thai spicy mushroom soup
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
金額 40〜50バーツ(約120〜150円)
意味 ゲーン=汁物
ヘット=キノコ
特徴 イサーン風キノコスープ
辛さ ⭐⭐⭐〜⭐⭐⭐⭐(かなり辛いタイ料理)

ゲーンヘットとはどんな料理?

ゲーン=汁物、ヘット=キノコという名前のとおり、キノコがたっぷり入ったスープです。タイ東北部イサーン地方の料理なので、辛さは推して知るべし。酸っぱくて辛いと聞くと「トムヤムクン」をイメージするかもしれませんが、比較にならないほど辛いです。辛さに自信がない人は、事前に辛さを抑えてもらうように注文した方が良いでしょう。

「プララー」という魚の発酵調味料を使うので味に少しクセがありますが、いろいろな種類のきのこのダシと相まって、とってもコクのあるスープに仕上がっています。

ゲーンヘットはどこで食べることができる?

ゲーンヘットは東北イサーン地方の料理なのですが、ご存知のように、いまやタイ全土にイサーン料理店があります。わざわざイサーンまで行かなくても、簡単に食べられるのは嬉しいところです。

ひとつ注意してもらいたいのが、ゲーンヘットの量です。ゲーンヘットには、びっくりするくらいの量のキノコが入っています。食の細い人であれば、全部食べきると他の料理が食べられなくなる可能性があります。ですから、何人かで1杯をシェアするくらいが、ちょうどいいかもしれませんね。

タイ料理にもピッタリ!「フクロダケ」ってどんなキノコ?

皆さんはキノコといえば、なにを思い浮かべますか?シメジ、しいたけ、なめこ、舞茸など、いろいろな種類のキノコがありますが、ゲーンヘットには、日本ではあまり使わないキノコが使われています。

「フクロダケ」というキノコなのですが、有名なトムヤムクンにも使われているので、皆さんも何度も目にしているはずです。フクロダケは成長するとしいたけのような形になりますが、料理には幼いつぼみ状のものを使用します。コリっとした歯ごたえが、病みつきになる美味しさです。ぜひ食べてみてください。

タイ フクロダケ


関連記事

  1. タイ料理:ゲーンタイプラー(แกงไตปลา)

  2. タイ料理:ゲーンキャオワーン【グリーンカレー】(แกงเขียวหวาน)

  3. タイ料理:ゲーンパー(แกงป่า)

  4. ゲーンチューサライ

    タイ料理:ゲーンチューサライ(แกงจืดสาหร่าย)

  5. タイ料理:ガオラオルーアッムー(เกาเหลาเลือดหมู)

  6. チムチュム

    タイ料理:チムチュム(จิ้มจุ่ม)

  7. カポプラーナムデーン

    タイ料理:カポプラーナムデーン(กระเพาะปลาน้ำแดง)

  8. タイ料理:トムカーガイ(ต้มข่าไก่)

  9. タイ料理:ゲーンマッサマン【イエローカレー】(แกงมัสมั่น)

オススメ記事