タイ料理:バチャーン(บะจ่าง)


バチャーンの詳細

料理名 バチャーン(บะจ่าง)
英語名 Thai steamed rice dumplings
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
金額 20〜50バーツ(約60〜150円)
意味 バチャーン =肉ちまき(中国語)
特徴 中華ちまき
辛さ ⭐(辛くないタイ料理)

バチャーンとはどんな料理?

バチャーンとはタイでよく食べられている中華ちまきのことです。タイは中国の影響をかなり受けていて、バチャーンという名前も中華ちまきの中国語の読み方をそのまま使っているとのこと。具には鶏肉やソーセージ、カイケム (アヒルの塩漬け卵)の黄身、栗、しいたけ、干しエビなどが使われ、大きさもそれぞれ大ぶりなのでかなり食べ応えがあります。

バイトゥーイ(パンダンリーフの葉)で包まれてくるのがタイ風で、なんともいい感じです。

バチャーンはどこで食べることができる?

バチャーンはどちらかというと、レストランで座ってゆっくりと食べる料理ではありません。屋台でパッと買って自宅で食べるのが一般的だと思います。おすすめは市場か中華街です。やはり元々が中華料理なので、中華街の屋台では、バチャーンが山のように売られています。

そのまま蒸してもらい熱々のバチャーンを頬張りながら歩くのも、また楽しいかもしれませんね。

実はおすすめ!タイで高級中華料理

タイに旅行に来たらもちろんお目当ては美味しいタイ料理ですよね。でも何回かタイに遊びに来ているのであれば、あえてタイで食べる中華料理もおすすめです。世界中の大都市にはたいてい中華街があるものですが、バンコクにも「ヤワラート」という大きな中華街があります。

すでに遊びに行ったことのある方も多いと思いますが、実はタイでは高級中華食材が日本と比べたらびっくりするような値段で食べられるんです。

例えば日本の中華街でフカヒレスープを頼めば、小さいサイズで3,000円以上は確実に取られます。ところがヤワラートでは、だいたい1,000円ほど出せばたっぷりとフカヒレが入ったスープが食べられます。しかもカニ肉もたっぷり入っていてこの値段!

もちろんお店によって値段と味は違いますので、事前に口コミで気になるお店を調べてくださいね。



関連記事

  1. タイ料理:ガパオ(กะเพรา)

  2. カオホーバイブア

    タイ料理:カオホーバイブア(ข้าวห่อใบบัว)

  3. タイ料理:カオ・オップ・サパロット(ข้าวอบสับปะรด)

  4. タイ料理:カオムークロープ(ข้าวหมูกรอบ)

  5. タイ料理:カオパット(ข้าวผัด)

  6. タイ料理:カオトム(ข้าวต้ม)

  7. カオパットアメリカン

    タイ料理:カオパットアメリカン(ข้าวผัดอเมริกัน)

  8. タイ料理:カオマンガイ(ข้าวมันไก่)

  9. カオパットナムリアップ

    タイ料理:カオパットナムリアップ(ข้าวผัดหนำเลี๊ยบ)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事