タイ料理:スパゲティキーマオ(สปาเก็ตตี้ผัดขี้เมา)


スパゲティキーマオの詳細

料理名 スパゲティキーマオ(สปาเก็ตตี้ผัดขี้เมา)
英語名 Thai stir-fried basil spaghetti
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
金額 80〜90バーツ(約240〜270円)
意味 スパゲティ=スパゲティ
キーマオ=酔っ払い
特徴 タイ風スパゲティ
辛さ ⭐⭐⭐〜⭐⭐⭐⭐(かなり辛いタイ料理)

スパゲティキーマオとはどんな料理?

タイには「パッキーマオ」という料理があります。パッキーマオとはタイ語で “酔っ払い“ という意味なのですが、別に料理にお酒が使われているわけではありません。非常に辛い料理で、“ 酔っ払いも一口食べれば辛さで目が覚める” という理由で名前がついたといわれています。

スパゲティキーマオは、その激辛パッキーマオの味つけで作ったスパゲティです。基本的な味付けはナンプラーとオイスターソース、醤油でつけ、多量の唐辛子、ニンニク、砂糖で味を調整します。最後にバジルを散らして完成です。

具材は鶏肉や豚肉を使うのが一般的ですが、シーフードを使った「スパゲティキーマオタレー」もまた格別の美味しさです。

スパゲティキーマオはどこで食べることができる?

スパゲティキーマオは元々イタリアのパスタをタイ風にアレンジしたものですが、今ではすっかりタイ料理として定着しています。洋食中心のレストランではたいていメニューに載っていますが、せっかくですからスパゲティ専門店も選択肢に入れてください。

スパゲティキーマオ以外にパットマカロニ(タイ風マカロニ)なども選べるので、みんなでワイワイと食べ比べてみるのも面白いと思います。緑のぶどうの房のような「プリックタイオーン」(生胡椒)をトッピングに使うお店もあるので、機会があればぜひ一度トライしてみてください。

日本では珍しい生胡椒「プリックタイオーン」

プリックタイオーン

タイ人にとっては唐辛子よりも胡椒の方が辛いと感じるようで、普段、唐辛子を大量に使用するのに比べて、胡椒の使用量は控えめです。少しワイルドな風味のあるプリックタイオーンは、量は少なくても炒め物をさりげなくピリッと引き締めてくれます。

バンコクのスーパーやデパートで、瓶詰めされた塩漬けプリックタイオーンが80バーツ(240円)ほどで売っていますのでお土産にいかがでしょうか。



関連記事

  1. パットママー

    タイ料理:パットママー(ผัดมาม่า)

  2. クイジャップユアン

    タイ料理:クイジャップユアン(ก๋วยจั๊บญวน)

  3. タイ料理:ペットトゥン(เป็ดตุ๋น)

  4. タイ料理:パッタイ(ผัดไทย)

  5. タイ料理:カオソーイ(ข้าวซอย)

  6. タイ料理:イェンターフォー(เย็นตาโฟ)

  7. ゴイシーミー

    タイ料理:ゴイシーミー(โกยซีหมี่ )

  8. パットミーコラート

    タイ料理:パットミーコラート(ผัดหมี่โคราช)

  9. パットマカロニ

    タイ料理:パットマカロニ(ผัดมักโรนี)

オススメ記事