タイ料理:カポプラーナムデーン(กระเพาะปลาน้ำแดง)


カポプラーナムデーンの詳細

料理名 カポプラーナムデーン(กระเพาะปลาน้ำแดง)
英語名 Thai style fish maw soup
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン
金額 60〜80バーツ(約180〜240円)
意味 カポ=魚の浮袋
プラー=魚
ナム=水
デーン=赤
特徴 魚の浮袋スープ
辛さ ⭐(辛くないタイ料理)

カポプラーナムデーンとはどんな料理?

カポプラーナムデーンは、元々は中国の潮州料理で、魚の浮袋と豚の血のプディングが入った醤油ベースのスープです。スープは少しこってりしたフカヒレスープといった感じで、浮袋自体に味はほとんどなく(乾燥しているので見た目は油揚げ)、素材に味がないところもフカヒレスープにそっくりです。

醤油・オイスターソース・鶏がらスープなど、中華そのものの味付けですが、ここに唐辛子やパクチーが入ると、やはりしっかりとタイ料理になっているのが不思議ですね。

カポプラーナムデーンはどこで食べることができる?

カポプラーナムデーンはどこに行っても食べられるというほどポピュラーな料理ではありませんが、それでもちょくちょく屋台で見かける料理です。基本的に中華がベースの料理なので、中華系タイ料理のお店で扱っていることが多く、バンコクならば中華街ヤワラートに行くのが一番確実に食べることができるでしょう。

比較的店ごとの味の差は少ない料理ですが、唐辛子をたっぷり入れるお店もあるので、辛いのが苦手な場合は事前に伝えておきましょう。

中華料理でよく使われる乾物とは?

タイ料理では、魚の浮袋はそんなに頻繁に使われる食材ではありません。やはり乾物に関しては圧倒的に中国が本場のようです。料理に使う有名な乾物といえば、フカヒレやナマコ・アワビ・貝柱・クラゲなどがパッと思いつくところでしょうか。

とはいえ、中華料理ほどではなくても、中華系タイ料理にもこういった乾物はよく使われています。どんな乾物が使われているか、少し意識してみると面白いかもしれませんね。


関連記事

  1. ゲーンテーポー

    タイ料理:ゲーンテーポー(แกงเทโพ)

  2. トムヤムポーテック

    タイ料理:トムヤムポーテック(ต้มยำโป๊ะแตก)

  3. タイ料理:トムヤムクン(ต้มยำกุ้ง)

  4. ゲーンキーレック

    タイ料理:ゲーンキーレック(แกงขี้เหล็ก)

  5. タイ料理:ゲーンタイプラー(แกงไตปลา)

  6. タイ料理:トムヤムタレー(ต้มยำทะเล)

  7. ゲーンソム

    タイ料理:ゲーンソム(แกงส้ม)

  8. タイ料理:パネーンヌア(พะแนงเนื้อราดข้าว)

  9. タイ料理:ゲーンキャオワーン【グリーンカレー】(แกงเขียวหวาน)

オススメ記事