タイ料理:カオパットトムヤム(ข้าวผัดต้มยํา)


カオパットトムヤムの詳細

料理名 カオパットトムヤム(ข้าวผัดต้มยํา)
英語名 Tom yam seafood fried rice
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
金額 60〜70バーツ(約180〜210円)
意味 カオ=お米
パット=炒める
トム=煮る
ヤム=混ぜる
特徴 トムヤムシーフードチャーハン
辛さ ⭐〜⭐⭐⭐(辛いタイ料理)

カオパットトムヤムとはどんな料理?

カオパットトムヤムは、その名前のとおり、タイの超有名料理『トムヤムクンで味付けをしたチャーハン』です。トムヤムクンは酸味と辛さを味わえるタイ料理ですが、炒めているからか、酸味はさほど感じません。酸味が欲しい人は、ライムを絞ってかけることをおすすめします。

トムヤムベースなので、エビやイカなどのシーフードも入っています。見方によっては、シーフードチャーハンといってもいいかもしれません。見た目はケチャップを使った、甘いカオパットアメリカンに似ていますが、カオパットトムヤムはかなり辛いので注意してください。

カオパットトムヤムはどこで食べることができる?

カオパットトムヤムは、トムヤムクンやカオパットを作っているお店あれば、基本的にはどこでも食べることができます。メニューに載っていなかったとしても、トムヤムクンがメニューにあれば、大抵は注文すれば作ってくれるはずです。(少し面倒くさい顔をされる場合もあるかもしれませんが)

また、カオパット専門屋台もおすすめです。カオパットトムヤム以外にもいろいろと注文して、数人でシェアするのもおすすめです。

タイ料理で定番のカオパット

カオパットは日本ではあまり知名度がありませんが、タイではまさに国民食。街中どこに行っても、気軽に食べられるのは嬉しいところです。カオパットは、要はチャーハンなので、他の料理に比べてシンプルです。出来具合の差も比較的少なく、どの店でも安心して食べられる、非常に便利な料理といえます。

定番の「カオパットムー」「カオパットガイ」以外にも、トムヤムクンで味付けをした「カオパットトムヤム 」や、西洋風に味付けをした「カオパットアメリカン」など、いろいろなカオパットがあります。ぜひいろいろと食べ比べてみてください。


関連記事

  1. タイ料理:カオカームー(ข้าวขาหมู)

  2. カオナーガイ

    タイ料理:カオナーガイ(ข้าวหน้าไก่)

  3. カオパットアメリカン

    タイ料理:カオパットアメリカン(ข้าวผัดอเมริกัน)

  4. カオパットナムリアップ

    タイ料理:カオパットナムリアップ(ข้าวผัดหนำเลี๊ยบ)

  5. タイ料理:カオジー(ข้าวจี่)

  6. タイ料理:カオトム(ข้าวต้ม)

  7. タイ料理:ジョーク(โจ๊ก)

  8. パットガパオムー

    タイ料理:パットガパオムー(ผัดกระเพราหมู)

  9. タイ料理:カオ・オップ・サパロット(ข้าวอบสับปะรด)

オススメ記事