タイ料理:トムヤムタレー(ต้มยำทะเล)


トムヤムタレー(海鮮トムヤムスープ)の詳細

料理名 トムヤムタレー(ต้มยำทะเล)
英語名 Thai spicy sour seafood soup
食べれる場所 食堂 レストラン
金額 50〜100バーツ(約150〜300円)
意味 トム:煮る
ヤム:混ぜる
タレー:海鮮(シーフード)
特徴 海鮮のトムヤムスープ
辛さ ⭐⭐〜⭐⭐⭐(辛いタイ料理)

トムヤムタレーとはどんな料理?

タイでトムヤムクンは有名ですが、このトムヤムクンとは

トム :煮る
ヤム :混ぜる
クン :エビ

という意味があり、エビがメインのトムヤムスープということになります。

トムヤムタレーとは、具材が海鮮(シーフード)のトムヤムスープで、エビだけでなく様々な海鮮が入っているのが特徴です。味付け自体はトムヤムクンと同じで、甘味・酸味・辛味がバランスよく味わえる、タイ料理の中でも最高峰のスープです。

トムヤムスープには

・レモングラス
・こぶみかんの葉
・唐辛子

などが入っており、タイ独特の風味が出ています。

トムヤムスープは2種類!

ところでトムヤムスープには、「赤いオイリータイプ」「あっさりクリアータイプ」の2種類があることはあまり知られていません。

スープがやや白く濁っている『トムヤム・ナームコン』と、
スープがクリアに澄んでいる『トムヤム・ナームサーイ』

の2種類あり、

ナームコン =濃い水
ナームサーイ=澄んだ水

お店によっては、

ナームコン =こってり
ナームサーイ=あっさり

などと表現しているお店もあります。

両スープ共、ショウガ、コブミカンの葉、レモングラス、パクチーなどたくさんのハーブを使用するのは共通していますが、トムヤムタレーは「トムヤムクンナムサイ」と呼ばれる、ナムプリックパオ(チリオイル)とココナッツミルクを使っていないクリアーなトムヤムスープで作るのが一般的です。

実はトムヤムスープの油っぽさが苦手という人は少なくないようで、そんな場合でもあっさり味のトムヤムタレーはおすすめできます。

トムヤムタレーはどこで食べることができる?

トムヤムタレーは基本的にトムヤムクンと同じく、タイ全国どこに行っても食べることができます。ただ料理の性質上、屋台で食べるよりは、人気のある食堂か、ある程度グレードが高いレストランで食べるのがおすすめです。また人気のシーフードレストランで食べるのもおすすめです。生簀で生きたままの新鮮なシーフードを扱っているお店なら味も期待できます。

トムヤム、インスタントヌードルがおすすめ!!

さすがにトムヤムタレーのインスタンヌードルは聞いたことがありませんが、トムヤムクン味のインスタントヌードルはごく普通に流通しています。タイのインスタントヌードルのトップメーカーといえば、「Mama」ですが、トムヤムクンナムサイ味を日本のアマゾンで購入しようと思うと、1袋あたり約240円します。

ところがタイのスーパーでは、同じラーメンが5バーツ (15円)で購入できますから、お土産に大量に購入するのもいいかもしれませんね。

タイ料理 一覧

関連記事

  1. トムチャプチャイ

    タイ料理:トムチャプチャイ(ต้มจับฉ่าย)

  2. パッカージョー

    タイ料理:パッカージョー(จอผักกาด)

  3. ゲーンセン

    タイ料理:ゲーンセン(แกงเส้น)

  4. タイ料理:ゲーンハンレー(แกงฮังเล)

  5. タイ料理:ゲーンパー(แกงป่า)

  6. ゲーンホ

    タイ料理:ゲーンホ(แกงโฮะ)

  7. チューチークン

    タイ料理:チューチークン(ฉู่ฉี่กุ้ง)

  8. ゲーンカヌン

    タイ料理:ゲーンカヌン(แกงขนุน)

  9. トムヤムポーテック

    タイ料理:トムヤムポーテック(ต้มยำโป๊ะแตก)

オススメ記事