タイ料理:クイジャップユアン(ก๋วยจั๊บญวน)


クイジャップユアンの詳細

料理名 クイジャップユアン(ก๋วยจั๊บญวน)
英語名 Vietnamese noodle soup
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
金額 40〜60バーツ(約120〜180円)
意味 クイチャップ=米粉太麺
ユアン=ベトナム
特徴 ベトナム風米粉ラーメン
辛さ ⭐(辛くないタイ料理)

クイジャップユアンとはどんな料理?

クイジャップユアンは、名前の通り『ベトナム風のラーメン』です。タイにはクイジャップという料理がありますが、まったくの別物ですので注意してください。クイジャップは米粉でできた三角の麺を使い、茹でるとくるりと丸まるのが特徴です。それに対して、クイジャップユアンは、うどんと同じくらいのいわゆるセンレック(米粉麺)を使います。

スープも、まったく別物です。クイチャップは、豚の内臓と豚の血を固めたプディングが入った濃いスープがメインですが、クイチャップユアンは、鶏がらスープを使います。ですからどんな人でも、ほとんど日本のラーメンの感覚で、美味しくいただけると思います。

クイジャップユアンはどこで食べることができる?

クイジャップユアンは、タイ東北部イサーン地方の郷土料理です。名前からもわかるとおり、ベトナムの影響が大きく、東北部のウドンタニーやスリン、ノーンカーイ、ウボンラチャタニなどで、広く食べられています。

隣国ラオスでもまったく同じ料理が食べられています。ただ「カオピアック」と料理名が変わってしまうので、間違って覚えてしまう人も多いようですが、基本的にまったく同じ料理だと思っておいて間違いありません。

残念ながらバンコクではあまりメジャーではありませんが、バンコクにも東北地方料理のレストランはたくさんありますし、少ないながらも専門店も存在します。

タイとベトナムの関係をしってる?

タイとベトナムの関係は、非常に密接です。現時点では経済的には、タイのほうが圧倒的に規模が大きいですが、ベトナムの急成長ぶりは日本でもよく知られていて、いずれはタイに劣らない規模に成長するといわれています。

ラオスのように直接国境が接していないので、大きな揉め事もありませんし、ビザなしでお互いの国を行き来できるので、これからもますます両国の関係は深まっていくでしょう。


関連記事

  1. ミークローブ

    タイ料理:ミークローブ(หมี่กรอบ)

  2. タイ料理:イェンターフォー(เย็นตาโฟ)

  3. タイ料理:カオソーイ(ข้าวซอย)

  4. パットママー

    タイ料理:パットママー(ผัดมาม่า)

  5. タイ料理:バミー(บะหมี่)

  6. パットミーコラート

    タイ料理:パットミーコラート(ผัดหมี่โคราช)

  7. パッタイホーカイ

    タイ料理:パッタイホーカイ(ผัดไทยห่อไข่)

  8. クイッティアオルア

    タイ料理:クイッティアオルア(ก๋วยเตี๋ยวเรือ)

  9. ゴイシーミー

    タイ料理:ゴイシーミー(โกยซีหมี่ )

オススメ記事