タイ料理:米料理編!おすすめランキングTOP10

タイ 米料理

『タイNavi』がすすめる、タイに行ったら是非食べて欲しい!おすすめのタイの米料理10選!を紹介します。ローカルな米料理から有名な米料理まで、それぞれの料理を紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

第10位:カオ オップ サパロット

タイ料理 カオオップサパロット

カオオップサパロットとは

カオオップサパロットとは「パイナップル蒸しチャーハン」、パイナップルの内側をくり抜いた容器にご飯を詰めたものです。

パイナップルの果実やシーフード、野菜を具材にしご飯を炒めたもの(カオパット)を容器に詰め蒸したものです。

カオオップサパロットとはどんな料理?


第9位:カオマンガイ トート

タイ料理 カオマンガイトート

カオマンガイトートとは

カオマンガイトートは「揚げ鶏とチキンライス」です。

カオマンガイは有名な料理なので知っている方は多いと思いますが、カオマンガイがあるお店では必ずあるカオマンガイトート!カオマンガイは茹でた鶏肉の料理ですが、カオマンガイトートは、その茹でた鶏肉を揚げたもので、甘辛いチリソースをつけて食べます。

カオマンガイトートとはどんな料理?


第8位:カオ トム

タイ料理 カオトム

カオトムとは

カオトムとは「ご飯を煮込んだ料理」のことです。

鶏ガラスープに炊いたお米を入れ、具材は海鮮(魚介類)が多いが鶏肉や豚肉を使用し味付けをした料理で、お粥というよりも日本の雑炊に近い料理です。

カオトムとはどんな料理?


第7位:ジョーク

タイ料理 ジョーク

ジョークとは

タイの朝食でもっとも有名なのが「ジョーク(お粥)」。

ジョークのお米は粉米が使われており、日本の5分粥のようなとろみがあります。タイのお粥は豚肉のミンチが入っていたり、生姜がのっていたりとさまざまな味を楽しむことができます。

朝は多くの屋台でこのジョークが提供されていますが、お昼や夜には提供されているところが少なく、朝にしか見ることができない料理でもあります。

ジョークとはどんな料理?


第6位:カオ クルック カピ

タイ料理 カオクルックカピ

カオクルックカピとは

カオクルックカピとは、エビ味噌「カピ」の混ぜご飯です。

カピというオキアミや小エビに塩を加え発酵させた調味料でご飯を炒め、様々な具材を混ぜていく料理です。

お店によって異なりますが、錦糸玉子や小エビ、インゲン豆、豚肉の甘煮、青マンゴーなどがのせられ、これを全てクルック(混ぜ)て食べるのがタイの食べ方です。

辛くないタイ料理なので、辛いのが苦手な方におすすめの一品となっています。

カオクルックカピとはどんな料理?


第5位:ゲーンキャオワーン

タイ料理 ゲーンキャオワーン

ゲーンキャオワーンとは

ゲーンキャオワーン(グリーンカレー)とは、日本では「タイカレー」と呼ばれているタイ料理ですが、正確にはカレー料理ではありません。

正確には、タイ料理の中でゲーン(汁物)と呼ばれる料理の中の一つで、香辛料を効かせた料理を外国人向けにカレーと呼称しているのです。

グリーンカレーは甘いんです。そして辛い。甘さの原因はココナッツミルクで、辛さの原因は青唐辛子や唐辛子です。

グリーンカレーは甘さと辛さが融合された、タイ料理となっています。

ゲーンキャオワーンとはどんな料理?


第4位:カオ カームー

タイ料理 カオカームー

カオカームーとは

カオカームーは「豚足煮込みご飯」です。

カオカームーとは、豚の足をシーズニングソースや砂糖、八角やシナモンなどの様々な香辛料や漢方薬で煮込み、ご飯にのせた料理。

とろみが濃厚、タイ料理の中で辛くない料理なので、日本人の方でも安心して食べることができます。カオカームーはコラーゲンたっぷりで、美容と健康にもばっちり。

屋台やお店などのテーブルには酢・ニンニク・唐辛子などが置いてあるので、好みによって味を変えることもできます。

カオカームーとはどんな料理?


第3位:カオ パット

タイ料理 カオパット

カオパットとは

カオパットはタイ風のチャーハンです。

米、野菜、卵、塩胡椒、ナンプラーなどを使用し作るタイの定番料理で、そのベースに豚や鶏、エビなどを入れていくのですが、カオパットはメインの食材によって名前が変わってきます。

日本のチャーハンよりも米はパラパラして、味はあっさりと薄味に作られているので、マナオ(タイのレモン)で酸っぱさを出しよりさっぱりとした味わいや、ナンプラーなどで味付けをしていくことで、自分の好みの味に調節していくことができます。

カオパットとはどんな料理?


第2位:ガパオライス

タイ料理 ガパオ

ガパオライスとは

ガパオライスは日本語で「バジル炒めご飯」です。

ガパオはタイでは一般的な料理で馴染みの深い料理で、どこの食堂にもあるタイの国民食です。

日本では、ガパオ(ホーリーバジル)はなかなか手に入らないため、スウィートバジルで代用しているものがほとんどなので、日本で食べているガパオライスと本場タイでのガパオライスでは若干異なります。

 

ガパオを注文する際は「ガパオライス」と言っても通じないというのはご存知でしょうか?

ガパオ=ハーブなので、「ガパオライス」は「ハーブご飯」ということになってしまうため、「食材名」も一緒に言わなければいけません。

注文方法を音声付きで解説しているので、詳細ページから確認してみてください。

ガパオとはどんな料理?


第1位:カオマンガイ

タイ料理 カオマンガイ

カオマンガイとは

みなさんご存知であろう、タイのソウルフード「カオマンガイ」!

東南アジアでは一般的な料理で、シンガポールではハイナンジーファン(海南鶏飯)として人気がある料理です。

カオマンガイはタイ米(ジャスミンライス)を鶏の油で炒め、鶏のスープで炊き込んだご飯の上に蒸し鶏をのせた料理です。

カオマンガイを頼むと、一緒にきゅうりの薄切り(テーングラーン)と鳥を茹でたスープが付いてきます。

タイに来たら絶対に食べておきたい料理の中でもトップの人気を誇るカオマンガイ!是非一度試してみてください。

カオマンガイとはどんな料理?


 

 

この記事のまとめ

いかがでしょうか。

ここでは「タイに行ったら是非食べて欲しい!おすすめのタイ料理(米料理編)」を紹介しました。

タイには美味しい料理屋知らない料理がたくさんあります!

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。


 


関連記事

  1. タイ 肉料理

    おすすめのタイ料理【肉料理編】ランキングTOP11

  2. タイ料理 サラダ

    おすすめのタイ料理【サラダ編】ランキングTOP18

  3. タイ スープ料理

    おすすめのタイ料理【スープ編】ランキングTOP10

運営者:タイガーさん

タイガーさん



タイ Wi-Fi




タイ 現地ツアー







タイNavi