おすすめのタイ料理【サラダ編】ランキングTOP18

タイ料理 サラダ

『タイNavi』がすすめる、タイに行ったら是非食べて欲しい!おすすめのタイのサラダ18選!を紹介します。ローカルなサラダ料理から有名なサラダ料理まで、それぞれの料理を紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

第18位:プラー クン

タイ料理 プラークン

プラークンとは

プラークンとは「エビのレモングラスのサラダ」です。

トムヤムクンなどに使用されるタイの代表的なハーブのレモングラスを使用した料理です。

プラークンとはどんな料理?


第17位:ヤム プラームック

タイ料理 ヤムプラームック

ヤムプラームックとは

ヤムプラームックは「イカの和え物」です。

茹でて輪切りにしたイカと玉ねぎなどの野菜を和え、レモングラスやナンプラー、唐辛子などを和えるだけのシンプルなサラダで、味はタイ料理の特徴でもある酸っぱくて甘いという料理です。

ヤムプラームックとはどんな料理?


第16位:ソムタム スワ

タイ料理 ソムタムスワ

ソムタムスワとは

ソムタムスワとは、「カノムジン入りソムタム」で、ソムタムラオをベースににカノムジン(タイのそうめん)を入れたものです。

カノムジーンはタイのそうめんのようなもので、コメを発酵させて作ったものです。

タイでは有名なソムタムにはたくさんの種類があり、ソムタムスワはあまり認知度は広くないが好んで食べる人も多い一品。

ソムタムスワとはどんな料理?


第15位:ソムタム プー

タイ料理 ソムタムプー

ソムタムプーとは

ソムタムプーとは「カニ入りソムタム」です。

ソムタムプーはソムタムタイをベースに、塩漬けした発酵カニを入れたもので、とても辛く癖のある味です。

ソムタムプーとはどんな料理?


第14位:ソムタム ラーオ

タイ料理 ソムタムラーオ

ソムタムラーオとは

ソムタムラーオとは「ラオス風ソムタム」です。

ソムタムラーオは主にイサーン地方でよく食べられる料理で、ラーオとは近隣国のラオスから来ており、ラオスの食文化の影響を受けています。

特徴としてはソムタムタイよりも辛く、「パラー」のクセのある味が特徴です。

ソムタムラーオとはどんな料理?


第13位:ヤム ムー

タイ料理 ヤムムー

ヤムムーとは

ヤムムーとは「豚のタイ風サラダ」です。

ヤムムーは名前の通り豚肉、玉ねぎ・パクチー・唐辛子などを和えた料理で、タイの東北地方イサーン地方での郷土料理ですが、今ではタイ全土で食されています。

ヤムムーとはどんな料理?


第12位:ソムタム カイケム

タイ料理 ソムタム カイケム

ソムタムカイケムとは

ソムタムカイケムとは「塩漬けしたゆで卵の青パパイヤサラダ」です。

カイケムとは塩漬け卵のことで、普通のゆで卵よりもかなりまったりと濃厚、ソムタムの甘酸っぱいからさと塩見のきいたカイケムを一緒に食べればとてもマイルドな味に!

ソムタムカイケムはソムタムの中でも比較的日本人の口に合いやすいソムタムです。

ソムタムカイケムとはどんな料理?


第11位:ヤム パックブーン トードグローブ

タイ料理 ヤム パックブーン トードグローブ

ヤム パックブーン トードグローブとは

ヤム パックブーン トードグローブとは「揚げ空芯菜のスパイシーサラダ」です。

ヤム・パックブーン・トードグローブはタイでも有名な空芯菜の天ぷらにタレをつけて食べるという料理です。

このタレはエビやイカ、野菜などを混ぜた甘酸っぱい味付けが特徴です。

ヤムパックブーントードグローブとはどんな料理?


第10位:ヤム カイダオ

タイ料理 ヤムカイダオ

ヤムカイダオとは

ヤムカイダオとは「目玉焼きのサラダ」です。

基本的な材料は目玉焼き・玉ねぎ・トマト・唐辛子・パクチーなどです。

タイの目玉焼きは日本の目玉焼きとは少し違い、油を大量に使用して焼き上げるので、黄身はふっくらしており、表面はカリッとさせるのがタイ流。

ヤムカイダオとはどんな料理?


第9位:スップ ノーマイ

タイ料理 スップノーマイ

スップノーマイとは

スップノーマイとは「イサーン風たけのこの和え物」です。

スップ(スープ)ノーマイ(タケノコ)を直訳するとタケノコのスープということになるが、どちらかというとスープよりも「ラープ」や「ソムタム」に近い料理で、ラープやソムタムなどは比較的食べやすい料理ですが、スップノーマイは若干クセがあります。

スップノーマイとはどんな料理?


第8位:ヤム ヌア

タイ料理 ヤムヌア

ヤムヌアとは

ヤムヌアとは「牛肉のサラダ」です。

焼いた牛肉をスライスして、タマネギやトマトなどの野菜などと和えて作るが、味付けはライムやナンプラー・ニンニクや唐辛子がはいっているためサラダではあるが辛いのが特徴です。

ヤムヌアとはどんな料理?


第7位:ナムトック

タイ料理 ナムトック

ナムトックとは

ナムトックとは「コームーヤーンのサラダ」です。

ナムトックムーはソムタムやガイヤーンなどと並んでタイ東北部イサーンの郷土料理のひとつでカオニャオと一緒に食されています。

ムーヤーンにスパイスやハーブを混ぜた料理で、タイではサラダとして食されています。

イサーンの郷土料理ということもあり辛いのが特徴です。

ナムトックとはどんな料理?


第6位:ヤム ウンセン

タイ料理 ヤムウンセン

ヤムウンセンとは

ヤムウンセンとは「春雨のサラダ」です。

ヤムウンセンは、茹でた春雨といイカやエビ、豚のひき肉、タマネギ、セロリ、ナンプラーなどを加えヤム(和え)ます。

そして最後にパクチーを乗せ完成。

タイでは酸味を出す時にレモンではなくライムを使用していることから、とてもさわかやな酸味になり、風味のあるさっぱりとしたい仕上がりになります。

ヤムウンセンとはどんな料理?


第5位:ラープ ムー

タイ料理 ラープムー

ラープムーとは

ラープムーは「豚ひき肉のサラダ」です。

ラープ自体はラオスの代表的な料理で、ラオスの影響を強く受けているタイ北東部でも一般的な料理です。ラープはラオス語で「幸運」。ラオスではラープは結婚式やお祝い事では欠かせない料理なのです。

ラープムーの特徴は炒たお米が入っていることで、フライパンで炒ったお米を臼の中で細かく砕き使用します。

辛味には乾燥した唐辛子を使用するので、辛いのが特徴です。

ラープムーはカオニャオ(もち米)と一緒に食べるのが一般的ですが、キャベツや野菜と一緒に食べると辛さが和らぎ、より美味しさを感じることができます。

ラープムーとはどんな料理?


第4位:ラープ ガイ

タイ料理 ラープガイ

ラープガイとは

ラープガイとは「鶏ひき肉のサラダ」です。

ラープガイは鶏使用し、唐辛子や野菜と一緒に混ぜ、ライムやナンプラーで味付けをしたサラダです。

ラープ自体はラオスの代表的な料理で、ラオスの影響を強く受けているタイ北東部でも一般的な料理です。ラープはラオス語で「幸運」。ラオスではラープは結婚式やお祝い事では欠かせない料理なのです。

ラープガイとはどんな料理?


第3位:タップ ワーン

タイ料理 タップワーン

タップワーンとは

タップワーンとは「レバーのサラダ」です。

タップワーンはタイの東北部イサーンの郷土料理で、豚肉のレバーをナンプラー、ライム、ハーブなどで和えた料理です。

タップ(レバー)とありますが、タイではサラダという位置付けの料理です。

タップワーンとはどんな料理?


第2位:パックブン ファイデーン

タイ料理 パックブンファイデーン

パックブンファイデーンとは

パックブンファイデーンとは「空芯菜の炒め物」です。

この料理は東南アジア全域で食される料理で、特にタイ料理の中では最も有名な料理のひとつです。

大豆を発酵させた味噌風味のタレと甘みのある黒醤油で空芯菜を炒め、アクセントにニンニクや唐辛子を入れます。

パックブンファイデーンはどこでも食べることができる料理ですが、実はとても辛い料理で、観光客などが使用するようなレストランなどでは辛さは控えめに作られていますが、ローカルレストランや屋台で食べる際にはタイ人好みの味付けでとても辛い場合があります。

パックブンファイデーンとはどんな料理?


第1位:ソムタム タイ

タイ料理 ソムタムタイ

ソムタムタイとは

ソムタムタイとは「青パパイヤのサラダ」です。

ソムタムタイはタイのバンコクをはじめとしたタイの中央部で好まれる、最もベーシックなソムタムです。

辛さはソムタムの中では控えめで、細くスライスした青パパイヤをライムとナンプラー、砂糖で甘酸っぱく味付けがされており、具にはインゲンやトマトのほか、ピーナッツや干しエビを加えます。

味は、甘酸っぱく…そして辛い、ソムタムの中では、日本人には一番相性の良いソムタムです。

ソムタムタイとはどんな料理?


 

 

この記事のまとめ

ここでは「タイに行ったら是非食べて欲しい!おすすめのタイ料理(サラダ)」を紹介しました。

タイにはたくさんの美味しい料理があります。たくさんの料理を食べて、自分のおすすめ料理を見つけてください!


関連記事

  1. タイ 肉料理

    おすすめのタイ料理【肉料理編】ランキングTOP11

  2. タイ スープ料理

    おすすめのタイ料理【スープ編】ランキングTOP10

  3. タイ 米料理

    タイ料理:米料理編!おすすめランキングTOP10

運営者:タイガーさん

タイガーさん



タイ Wi-Fi




タイ 現地ツアー







タイNavi