ワットプラケオの行き方3種類を解説します!

ワットプラケオ 行き方

タイの3大寺院のひとつ、「ワットプラケオ」の行き方を解説。基本的に行き方は3種類あり、(タクシー)(電車+トゥクトゥク)(水上バス)のどれかの方法で行くことになります。ここではそれぞれの行き方を詳しく解説していきます。

1)ワットプラケオの基本情報

ワットプラケオ
名称ワット プラケオ(Wat Phra Kaew)
エメラルド寺院(The Temple of the Emerald Buddha)
名称(タイ語)วัดพระแก้ว(วัดพระศรีรัตนศาสดาราม)
住所Thanon Naa Phalaan khween Pra-Barom Mahaa-Rachawang, Khet Phranakhorn,Bangkok
営業時間8:30〜16:30(チケットは15:30まで)
入場料金500バーツ(約1500円)
注意点露出の多い服装での入場は禁止。(入り口で借りることが可能)

2)ワットプラケオへのアクセス方法は3つ

ワットプラケオのアクセス方法は基本的に3つあります。

1:タクシーで行く
2:電車とトゥクトゥクで行く
3:水上バスを使って行く

最寄りの駅(フアランポーン)から徒歩でいくという行き方を考えている方もいるかもしれませんが、MRTフアランポーンからワットプラケオまでは約3.5kmで、迷わず歩いても約40分です。

1年の平均気温29度のバンコクを40分間歩き続けるのはとても大変なので徒歩で行くという選択肢は除外し、上記の3つの方法で行くことをおすすめします。

3)ワットプラケオの行き方【タクシー】

所要時間バンコク中心部からだと30〜40分
金額150〜300バーツ(500円〜1500円)複数人でいけばお得
難易度簡単
オススメ度とてもおすすめ

ワットプラケオにタクシーで行くにも方法が2つあります。

1:ホテルから直接タクシーで行く方法
2:最寄り駅からタクシーで行く方法

最寄り駅にはタクシーやトゥクトゥクがたくさんいて、観光客を待ちかまえています。

タクシーに関しては、メーターでいってくれることもありますが、観光客価格でぼったくり価格を掲示されることも。タクシーの運転手との簡単な交渉が必要となってきます。

タクシーでホテルからいっても料金はそこまで高くありません。

なので、ここでは「ホテルからワットプラケオまでタクシーでの行き方」を紹介していきます。

タクシーで行く際のメリット

・ホテルから行けるので楽
・複数人で行く場合は安い
・涼しい(寒い場合も)
・事前に調べることがない

バンコク中心部からの相場は150〜300バーツで行くことができ、ワットプラケオまでタクシーを複数人で行くのであれば、タクシーは安くてオススメです。

なによりタクシーは楽というポイントが1番のポイント。

ホテルからでてタクシーを拾う(もしくはホテルが呼んでくれる)ので暑さを気にする必要はなく、電車などのように待ち時間もありません。

電車や水上バスで行く場合は、事前に入念に調べておく必要があり、すんなりいかないことにフラストレーションが溜まる可能性も!

タクシーで行く際のデメリット

・乗る場所によっては渋滞がある
・1人で行く場合は高くつく場合も

バンコクの渋滞は世界でもトップクラスの渋滞です。

とくに、asok  (アソーク)、スクンヴィット方面からだと、silom(シーロム)まで常に渋滞しているので、かえって遅くなってしまう可能性があります。

なので、タクシーで行く際は以下の3箇所からタクシーを乗ることをオススメします。

1:最寄駅MRT「フアランポーン(Hua Lanphong)」からタクシー

フアランポーンからワットプラケオ タクシー

MRT「フアランポーン」駅からだと4.3kmで約10分ほどで到着します。

タクシーで10分だと、100バーツ(約300円)いかないくらいの値段になります。

2:最寄駅MRT「シーロム」(silom)、BTS「サラデーン」(Sala Daeng)からタクシー

シーロムからワットプラケオ タクシー

MRT「シーロム」、BTS「サラデーン」からタクシーだと、9.5kmで約18分ほどで到着します。

タクシーで20分だと、200バーツ(約600円)いかないくらいの値段になります。

3:最寄駅BTS「サイアム」(Siam)、BTS「ナショナルスタジアム」(National Stadium)からタクシー

サイアムからワットパクナム タクシー

BTS「サイアム」、BTS「ナショナルスタジアム」からだと、5.7kmで約13分ほどで着きます。

タクシーで15分だと、150バーツ(約450円)いかないくらいの値段になります。

4)ホテルからワットプラケオへ行く場合

タクシーの乗り方

タクシーの運転手には基本2タイプいます。

  1. 正規の料金であるメーターを使用する。
  2. 観光客だとわかって、ぼったくり価格の運転手の言い値で行く。(メーター無し)

の2つの料金体制があります。

正規の料金であるメーターを使用してくれるタクシーのみを使用するようにしましょう。

5)タクシーで行く際の交渉の流れ

※実際には、日本人のタイ語で「ワットプラケオ」といっても通じない場合があります。

通じたとしても「本当にちゃんと通じたのか?」「ちゃんと向かっているのか?」と到着まで不安な気持ちでいっぱいになることも…。

ワットプラケオから近い場所であれば観光客目当てのタクシーがあるので、カタコトのタイ語で「ワットプラケオ」といえば通じるのですが、街中ではそうもいきません。

事前にタイ語のボイスメモを用意しておくことをお勧めます。(※下に画像があります)

Step1:手を上げてタクシーを止めよう

タイのタクシー乗車可能の見方

※タクシーは赤(もしくは緑)に光っているものが「空車」です。

Step2:タクシーが止まったら自分でドア(もしくは窓から)を開けて行き先を告げよう

タクシー運転手と交渉

タイ語で挑戦してみよう!

“シャワーキャップの女の子″
หมวกอาบน้ำ

『パイ ワットプラケオ マイ カップ』
(ワットプラケオに行ってくれますか?)

 

タクシー 運転手″

運転手

『OK カップ』(OKの場合)

“タクシー

運転手

『NO』(NOの場合)
『マイ パイ カップ』(行かないです)

※行ってくれない場合や、無愛想に首を振るだけの運転手もいます。
(行ってくれない場合もあるのでその時は「OK」といって次のタクシーを待ちましょう)

“シャワーキャップの女の子″

หมวกอาบน้ำ

『パイ メーター ダイマイ カップ?』
(メーターで行ってくれますか?)

“タクシー

運転手

『OK カップ』(OKの場合)

※メーターで行ってくれない場合は、ぼったくり料金です。断ってメーターを使ってくれる別のタクシーを探しましょう。

“シャワーキャップの女の子″

หมวกอาบน้ำ

『コップン マ カップ』
(ありがとう)


Step3:メーターを押したか確認

タクシーに乗りスタートしたらメーターを押したか確認しましょう。メーターは押したら金額が赤く(黒い表示もある)表示されます。

タイ タクシー メーター

【豆知識】タイでは乗車拒否はあたりまえ!渋滞エリアや遠くに行く場合など、運転手によって断られる場合がたくさんありますが、タイ人同士でも当たり前のことなので次のタクシーを待ちましょう。

街中のタクシーに「ワットプラケオ」に行きたい!といっても発音が間違っていたりすると通じないことがあります。ですので、そういった場合のためにこちらの画像を見せる準備しておきましょう!

ワットプラケオ タイ語
“シャワーキャップの女の子″

หมวกอาบน้ำ

上の画像を事前に保存しておいてね!


6)ワットプラケオの行き方【電車とトゥクトゥク】

タイ BTSの駅
所要時間約 1時間(出発駅による)
金額電車:100バーツ以下(〜約300円)
トゥクトゥク:約100〜300バーツ(交渉次第)
難易度普通(電車の乗り方、トゥクトゥクの交渉の仕方を事前に調べる)
オススメ度トゥクトゥクに乗りたい人におすすめ
行き方の流れ
Step1:ワットポー最寄駅の「フアランポーン駅」まで電車で行く
Step2:「フアランポーン駅」でトゥクトゥクと料金交渉

Step1:フアランポーンへ電車で行く(アソーク・スクンビットから)

サイアムからフアランポーンまでの行き方

電車とトゥクトゥクで行く場合は、まず電車でワットプラケオの最寄駅(1番近い駅)MRT「フアランポーン(Hua Lanphong)」まで行きます。

  1. アソークとスクンビットは同じ駅(地上と地下)なので、アソークにいる場合は地下にあるスクンビット駅へ行きます。
  2. スクンビット駅からMRTでフアラポーンまで(6駅)1本でいけます。

Step1:フアランポーンへ電車で行く(サイアムから)

スクンビットからフアランポーンへの行き方
  1. BTSサイアム駅からBTSサラデーン駅まで(2駅)行きます。
  2. BTSサラデーン駅から乗り換えでMRTシーロム駅(同駅)まで行きます。
  3. サラデーン駅からシーロム駅は乗り換え可能駅なのですが、3分ほど歩きます。
  4. MRTシーロム駅からMRTフアラポーン駅まで(2駅)

Step2:フアランポーン駅に着いたらトゥクトゥクと交渉しよう

タイでトゥクトゥクと値段交渉

「フアランポーン」駅前にはトゥクトゥクがたくさんいて客待ちしているので運転手さんとワットプラケオまでの「料金交渉」をします。

観光地ということもあるので「ワットプラケオ」と運転手に伝えれば伝わるので、とくに英語・タイ語が喋れなくても問題ありません。

“シャワーキャップの女の子″

หมวกอาบน้ำ

「ヤーク パイ ワットプラケオ」
(ワットプラケオに行きたい)

OKの場合(ワットプラケオに行ってくれる場合)は値段を聞きましょう!

基本的に運転手は観光客価格で値段は高めに言ってきます。300バーツや、それ以上の金額を言ってくる可能性があるので、なるべく安くなるよう上手に交渉しましょう。

※トゥクトゥクは基本的に乗車金額は高くなります。というのも、観光地付近でトゥクトゥクに乗るのは主に観光客なので、運転手も観光客用の値段で交渉してきます。

「300バーツ」と言われたら、「No!100バーツ」と英語で答えれば伝わります。100バーツくらいまでいけたらラッキーで150バーツが普通。

300バーツという金額は、宿泊先のホテルからタクシーで来ても同じくらい(タクシーはもっと安いかも)の値段でこれるような金額なので、割高!観光のために乗ってみるのはアリですがあまりおすすめできません。

7)トゥクトゥクの交渉の流れ(タイ語)

“シャワーキャップの女の子″

หมวกอาบน้ำ

『ヤーク パイ ワットプラケオ』
(ワットプラケオに行きたいです。)

タクシー 運転手″

運転手

『OK!』

“シャワーキャップの女の子″

หมวกอาบน้ำ

『タオライ カップ?』
(いくらですか?)

タクシー 運転手″

運転手

『300バーツ』

“シャワーキャップの女の子″

หมวกอาบน้ำ

『100バーツ ダイマイ カップ?』
(100バーツでいいですか?)

タクシー 運転手″

運転手

『200バーツ』

“シャワーキャップの女の子″

หมวกอาบน้ำ

『150バーツ ダイマイ カップ?』
(150バーツでいいですか?)

タクシー 運転手″

運転手

『OK』

“シャワーキャップの女の子″

หมวกอาบน้ำ

『コップン マ カップ』
(ありがとう)

 

という流れになります。

※もし1台目がダメでも、2台目、3台目と交渉することが可能なので、トゥクトゥクで行く場合は何度でもトライしましょう。

150バーツ目指して頑張りましょう。

8)ワットプラケオへの行き方【水上バス】

所要時間バンコク中心部からだと:1〜2時間
金額電車:100バーツ以下(〜300円)
水上バス:32バーツ以下(乗る船による)
難易度普通(事前に船着場の場所、降りる駅を覚えておこう)
オススメ度船に乗ってみたい人におすすめ
  1. 水上バスの流れBTS(シーロム線)サパーンタクシン駅からサトーン船着場まで歩く
    (徒歩1分)※行くまでにトイレがある
  2. 水上バスの駅:「サトーン船着場」到着後チケット売り場へ
  3. チケット購入
  4. 乗船
    (水上バスのフラッグに注意)
  5. ワットポーの駅で降りる:「No,9 ターチャン(Tha Chang)」→歩いてワットプラケオへ
    (駅から徒歩3分)
  6. ワットプラケオ到着

Step1:水上バスの最寄駅「サパーンタクシン駅」へ行く

ワットプラケオ 水上バス

TSのシーロム線「サパーンタクシン駅」(Saphan Taksin Station)

サパーンタクシン駅についたら②番出口へ向かいます。

サパーンタクシンの出口 水上バス方面

階段を降りて少し歩くとすぐに水上バス乗り場がみえてきます。

駅に着いた時には、「本当にここに川があるのか?」と水上バスがあるようには見えないのですが、階段を降りて行くと水上バス乗り場が見えてきます。

※②番出口の階段を降りて左側の公園内に無料のトイレがあります。ワットプラケオにもトイレはあるのですが、水上バス乗り場に行く前に行っておくことをおすすめします。

Step2:水上バスの駅「サトーン船着場」まで行く

水上バスで「ワットポー」「ワットプラケオ」「ワットアルン」のいずれかに行く場合はサトーン船着場が起点になります。

サトーン船着場

水上バスは4路線ある

水上バスには

  • グリーンフラグボート
  • オレンジフラグボート
  • イエローフラグボート
  • ノーフラグボート

の4種類あります。

これは止まる駅の数によって値段などの種類がいくつかあり、それをそれぞれの船にある旗の色で見分けます。(普通、特急、快速特急のイメージでOK)乗る船によって価格が変わって来ます。

9)それぞれの水上バスの基本情報

オレンジフラッグボートの基本情報

営業日毎日運行
運行時間6:00~19:00
運賃14バーツ
主な停船駅
(観光スポット)
「ターティアン船着場(Tha Tien)」ワットポーがある駅
「ターチャン(Tha Chang)」ワットプラケオがある駅

ローカルライン(NO FLAG BOAT)の基本情報

営業日月~金
運行時間6:45~7:30 / 16:00~16:30
運賃9~13バーツ ※行き先によって異なる
主な停船駅
(観光スポット)
「ターティアン船着場(Tha Tien)」ワットポーがある駅
「ターチャン(Tha Chang)」ワットプラケオがある駅

グリーンフラッグボートの基本情報

営業日月~金
運行時間6:10~8:10 / 16:05~18:05
運賃13~32バーツ ※行き先によって異なる
主な停船駅
(観光スポット)
「ターチャン(Tha Chang)」ワットプラケオがある駅

イエローフラッグボートの基本情報

営業日月~金
運行時間6:15~8:20 / 16:00~20:00
運賃20バーツ
主な停船駅
(観光スポット)
「ターチャン(Tha Chang)」ワットプラケオがある駅

Step3:水上バスのチケット購入

水上バスのチケットは、サトーン船着場の乗り場にチケットカウンターがあるのでそこで購入します。

サトーン船着場では基本的に旅行者には案内の人間がすぐに話しかけてくれるので、案内の方に行き先を「ワットプラケオ」と伝えれば、ワットプラケオまでのチケットの購入場所・値段などを教えてくれます。

水上バスの路線図

バンコク 水上バス 路線図

Step4:ワットプラケオの最寄駅「ターチャン船着場」で降りる

ワットポーの最寄駅はNo,9の「ターチャン(Tha Chang)船着場」です。

到着駅には看板が出ているので、『No,9』もしくは『ターチャン(Tha Chang)』をチェックしておきましょう。


10)ワットプラケオに関する記事

■ワットプラケオの基本情報や見所を知りたい!

そんな時は、『ワットプラケオの見所17選!』こちらの記事をチェックしよう!

11)ワットプラケオに行くなら!ツアーがおすすめ!

タイ 現地ツアー

タイの3大寺院と呼ばれている『ワットポー』『ワットプラケオ』『ワットアルン』を観光する際に、自分でいろいろと調べてから行くのも良いのですが、ここでは『現地ツアー』で行くことをオススメします。

現地ツアーは行きも帰りはホテルからホテルまでの送迎があったり、なによりプランニングがしっかりとしているので、3大寺院を効率良く観光することができ、ガイドさん付き!旅行者はぜひ使用してほしい方法です!

ここでは、『バンコクの3大寺院に関するおすすめ現地ツアー』をいくつか厳選して紹介します。ここで紹介するツアーはしっかりとした会社が行なっているツアーなので安心して利用することができます。

3大寺院を回ろう!おすすめの現地ツアー『TOP5』

おすすめ1位:バンコク三大寺院 半日ツアー!【タイ最高位の寺院ワットプラケオ】、【涅槃像のワットポー】、【ワットアルン 】<<日本語ガイド、ホテル送迎>>

【予約サイト】:タビナカ
【料金】:8,000円

このツアーはタイの3大寺院

『ワットポー』
『ワットプラケオ』
『ワットアルン 』

を観光するツアー!3大寺院観光のみという超シンプルなツアーだが、それが良いと評判で、観光客に大人気のツアーです!

このツアーの1番の魅力は他の3大寺院ツアーと比べると、観光時間がたっぷりあること!観光時間もたっぷりあり、日本語ガイド付き!シンプルながら最高のツアー内容となっているため、『3大寺院を観光するならNO1のツアー』です。


おすすめ2位:【アユタヤ遺跡】+【バンコク3大寺院】 1日観光ツアー 5/10から大人気スポット「ワット・パクナム」付きで催行決定!<ホテル送迎/ホテル内ビュッフェランチ>

【予約サイト】:ベルトラ
【料金】:THB 3,000 ~(約9600円)

このツアーは、バンコクの『3大寺院』と『アユタヤ観光』を1日かけて観光するという、なんとも贅沢なツアーです!アユタヤでは木の根から顔を出しているワット・マハタートやゾウ乗り(現地払い)が体験でき、超贅沢!

バンコクを観光したいけど、アユタヤもいってみたいなぁ。と考えている人には超オススメの現地ツアーです!


おすすめ3位:バンコク市内半日観光ツアー 便利な早朝空港発プランあり<午前・午後/日本語ガイド/イサーン料理夕食付きプランあり>*午後プランは当日朝9時まで予約可能!

【予約サイト】:ベルトラ
【料金】:THB 1,700 ~(約5540円)

このツアーはバンコクの3大寺院を周るというツアーです。「おすすめ1位」で紹介したツアーと違う点といえば、観光時間が短いところです。このツアーは午前または午後の半日コースなので、「寺院をじっくり観光したい」という方よりも「とりあえず3大寺院を観光したい」という傾けのツアーとなっております。

1日の半分しか使わないので、他の観光地も回りたい!という方にはちょうど良いツアーではないでしょうか!


おすすめ4位:バンコク市内観光半日ツアー 【定番3大寺院】+【人気のワットパクナム寺院】<午前/送迎/日本語ガイド/ワットアルンを望む川沿いレストランでのタイランチ付プラン有>

【予約サイト】:ベルトラ
【料金】:THB 2,100 ~(約6720円)

このツアーのおすすめポイントは、『3大寺院』に加え『ワットパクナム観光』もセットとなっている点です。(ワットパクナム)今流行りの観光地、ワットパクナムがセットとなっているのは超オススメ!

もし魅力をを知ってしまったら絶対に行きたくなってしまうほど美しいワットパクナム…。ワットパクナムを知ってしまったらもう、このツアー一択!


おすすめ5位:バンコク市内観光(午前・午後)

【予約サイト】:JTB
【料金】:6,086円

JTBが運営するこのツアーは、初心者におすすめの3大寺院ツアーです。各寺院のツアー時間はあまり長くはないのでもしじっくりと観光を楽しみたいのであれば「おすすめ1位」のツアーをおすすめします。

とりあえず行ってみたい!という方であればこのツアーでも問題ありません!


以上になります。ここで紹介した現地ツアーはどれもおすすめのものばかりで、どのツアーを選んでもタイ旅行を満喫できること間違いなし!

ご自身の旅行のプランにあったツアーがあれば、ぜひご活用いただければとおもいます。


タイ 現地ツアー

タイを観光するなら『現地ツアー』がとてもおすすめです。

現地ツアーは、送迎から観光地の案内までをツアー会社が行い、観光地はタイを熟知しているガイドさんが案内をしてくれるので、とても充実した観光をすることができます。

行き方や帰り方など事前に調べる必要もなく、初めてタイに訪れる方でも、とてもかんたんにタイの観光地を満喫することができるのです!

実際に利用した方は、

『初めての海外旅行で不安でしたが、現地ツアーを予約することで安心して観光できた!』

『料金も高くなく、送迎付きだったので、とても楽に観光できた!』

など、多くの方が利用している、「満足度抜群」のタイの現地ツアー!

タイには現地ツアー会社が多くあり迷ってしまうこともあるかもしれませんが、ここでは「安心して」利用できる『タイNavi厳選!おすすめツアー会社』を紹介します。



関連記事

  1. ワットプラケオ 見所

    ワットプラケオ(エメラルド寺院)や王宮の見どころ17選

運営者:タイガーさん

タイガーさん



タイ Wi-Fi




タイ 現地ツアー







タイNavi