ワット プラシーサンペット!基本情報と見所(Wat Pra Srisanpet)

ワットプラシーサンペット

アユタヤ遺跡の中で最も重要な場所がこの『ワットプラシーサンペット』です。アユタヤ王朝時代にアユタヤ王宮にあったとても重要な寺院で、現在は遺跡として歴史を後世に伝えています。今回はこのワットプラシーサンペットの基本情報や見所を解説していきます。

ワットプラシーサンペットの基本情報

ワットプラシーサンペット
名称
(英語)
ワット プラシーサンペット
(Wat Pra Srisanpet)
住所 Amphur Muang, Ayutthaya 13000
営業時間
ライトアップ
7時から18時
19〜21時
拝観料 50バーツ

ワットプラシーサンペットとはどんな遺跡?

ワットプラシーサンペット

アユタヤ王朝時代にアユタヤ王宮にあった中で最も重要な寺院、バンコク王朝におけるワットプラケオ(エメラルド寺院)のような存在です。

アユタヤ遺跡で有名な場所といえば菩提樹の根に覆われた仏頭で有名な『ワットマハタート』ですが、アユタヤ遺跡でもっとも重要な場所はこの『ワットプラシーサンペット』です。

現在は寺院としてではなく遺跡として残されている世界遺産になります。

運営者情報

ワットプラシーサンペットは、アユタヤ王朝時代のとても重要な寺院なんですね。

ワットプラシーサンペットの名前の由来とは

ワットプラシーサンペット

ワットプラシーサンペットの仏塔の東側に本堂が建立され、そこに高さ16メートル重さ171キロの、純金に覆われた立仏像が置かれていました。この仏像の名前が『プラシーサンペット』という名前で、この仏像が寺院名になりました。

1756〜1767年の泰緬戦争にてビルマ軍の侵攻に敗れ寺院含め純金に覆われた仏像も破壊されてしまいましたが、戦後に修復が行われ現在の姿…残されているこの遺跡のシンボルでもあるチェディと呼ばれる仏塔3基のみの姿になってしまいました。

仏塔のふもとにある長方形のプラットフォームは宮殿のベースであったとされ、この広さだけみてもアユタヤ王朝がどれほど繁栄していたかというのがわかるはずです。

遺跡のシンボル!3基の仏塔

ワットプラシーサンペット

まずは遺跡内に入ると最初に目に入ってくる仏塔があります。

この寺院のシンボルは、東西に並ぶ3基の仏塔で、それぞれの仏塔にトライローカナート王(1448~1488年)とその王子らの遺骨が納められていたといわれています。

仏塔の建立はラーマティボディ2世(1472-1529年)の時代に東側の2基が建立され、ラーマティボディ2世の父(トライローカナート王)と兄のボーロマラーチャーティラート3世の遺骨が納められたことにより、王族の守護寺院となりました。

後にラーマティボディ2世が亡くなり3基目が健立されラーマティボディ2世の遺骨が納められました。

アユタヤ遺跡は、なぜこんなにも破壊されているのか

ワットプラシーサンペット

アユタヤにある遺跡はどこも破壊されているものが多いのですが、ここワット プラシーサンペットも同様です…。

アユタヤ王朝は1765年にビルマ軍(現ミャンマー)の進攻により泰緬戦争となり、この戦争に敗れたアユタヤ王朝は約400年の歴史に幕を降ろします。勝利したビルマ軍はアユタヤ王朝の仏像や仏塔を次々と破壊、ここワット プラシーサンペットもビルマ軍に破壊されました。

仏像や仏塔は破壊されたものの当時の建築様式を取り入れた作りの寺院の跡は残り、歴史的価値からもとても貴重な遺跡として保存されています。

破壊された寺院の跡をみると、当時の戦争の悲劇や悲しみを実感することができるでしょう。

運営者情報

かつてはアユタヤ王朝として繁栄していた場所が、戦争によってここまで破壊されてしまっています。かつての王朝は現在でも神聖な場所として多くの人々が訪れています。

仏塔から見渡すワットプラシーサンペット

ワットプラシーサンペット

観光の注意事項に『仏塔、壁には登らないでください』と記載されていますが、場所によっては階段を上り仏塔をより近くでみることができます。石段を上がりより近くでみればアユタヤの歴史をより感じることができるはずです。

仏塔正面の階段は途中まで登ることが可能で、敷地を一望することができます。

ワットプラシーサンペットはライトアップがおすすめ

ワットプラシーサンペット ライトアップ

ワットプラシーサンペットは、日中に観光しアユタヤ王朝の歴史を感じることもできるのですが、日没後のライトアップもおすすめ!19時〜21時の間は遺跡(3つの仏塔)がライトアップされるので闇夜に浮かび上がる幻想的な遺跡をみることができます。

運営者情報

アユタヤ観光は実は夜もとてもおすすめなんです!かつて繁栄していたアユタヤ遺跡は戦争により破壊されてもなお人々を魅了しています。ライトアップされた遺跡は、圧巻です。

観光する際の注意点

ワットプラシーサンペット

タイでは日本人観光客が問題を引き起こしているケースが多発しており、全てに悪意があるわけではなく、知らずにマナー違反をしてしまっているケースなどもあります。

とくに仏教国として信仰心のつよいタイでは仏教を侮蔑する行為はとても重い問題になります。日本では問題にならないことでも海外では問題になるケースも多くあります。

遺跡の入り口近くには日本語で書かれた看板も立っており、ワット プラシーサンペットを観光する際の注意点が記載されているので必ず確認するようにしましょう。

歴史のある世界遺産を後世にも大切に残していくために、我々観光客は注意事項を理解し節度ある観光を行うようにしましょう。

この記事のまとめ

いかがでしょうか。ワットプラシーサンペットについて解説してきました。

アユタヤの遺跡は世界遺産に登録されています。アユタヤの遺跡がなぜ破壊された状態で保存されているかというのは、戦争の悲劇、悲しみを後世に伝える役悪を担っているからです。

私たちはこの歴史的遺跡を後世に伝えていかなければいけません。ワットプラシーサンペットを観光する際は、マナーを守り節度のある観光を心がけましょう。


関連記事

  1. ワットプララーム

    ワット プララームの基本情報や見所とは(Wat Phra Ram)

  2. ワット ロカヤスタ

    ワット ロカヤスタの基本情報や見所(Wat Lokaya Suttha)

  3. アユタヤ 遺跡

    絶対に観光すべき!アユタヤの主要遺跡【一覧】

  4. アユタヤ ライトアップ

    アユタヤのライトアップ!おすすめ寺院とツアー3選

  5. ワットチャイワッタナラーム

    ワット チャイワッタナラームの基本情報(Wat Chai Wattanaram)

  6. ワットヤイチャイモンコン

    ワットヤイチャイモンコン:基本情報と見所(Wat Yai Chai Mongkon)