タイのデザート:ルワムミッ(รวมมิตร)


ルワムミッの詳細

料理名 ルワムミッ(รวมมิตร)
英語名 Cendol and stuffed water chestnuts in crushed ice and coconut milk
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
金額 40バーツ(約120円)
意味 ルワムミッ =全部、集まる
特徴 お好みの具入りココナッツアイスミルク

ルワムミッとはどんなデザート?

ルワムミッは、シロップを入れたココナッツミルクに、フルーツやゼリーなどお好みの具を入れて、氷で冷たくしたデザートです。カラフルな色合いがとても涼しげで、暑いタイでは定番ともいえる人気スイーツです。緑やピンクのゼリー、フルーツ、栗や豆など、お好みの具をたっぷりと入れてもらうのがタイスタイル。

※パッパッルワムミッというと、野菜炒めの意味になりますので、注意してください。

ルワムミッはどこで食べることができる?

ルワムミッは、食堂やフードコートなど、デザートがあるお店であれば、比較的どこでも食べることができます。オススメは、スイーツ専門屋台です。暑いタイの気候に冷たいデザートがぴったり。また、ゆっくりと落ち着いて食べるならば、エアコンの効いたフードコートもいいですね。

お店によって置いてある具材が異なるので、色々と試してみてください。

ルワムミッだけじゃない。東南アジアの冷たいデザート

ルワムミッはタイの代表的な冷たいデザートですが、一年中暑い東南アジアでは、同じようなデザートが各国ごとにあります。

チェー(ベトナム):

タピオカや寒天、豆、芋、フルーツなど、色々な具をグラスに入れて、そこにココナッツミルクと氷を入れていただく夏の定番スイーツです。同じ材料で温かくして食べるバージョンもあり、豆がたっぷり入っているからか、“ベトナムぜんざい”と呼ばれることも。

アイスカチャン(シンガポール):

シンガポールを代表する冷たいスイーツ。ルワムミッに似ていますが、こちらは氷がたくさん使われていて、よりかき氷といった感じです。仙草ゼリーやカチャン(豆)、スイートコーン、フルーツなどを器に盛り、その上に氷を乗せて、シロップをかけて出来上がりです。シロップはルワムミッと違い、赤や黄色のカラフルなシロップが多いです。

 

国によってちょっとずつ味付けや具が違うのが面白いですね。


関連記事

  1. タイのデザート:クローンクレーンカティ(ครองแครงกะทิ)

  2. タイのスイーツ:カオニャオマムアン(ข้าวเหนียวมะม่วง)

  3. タイのお菓子:カノムタゴ(ขนมตะโก้)

  4. タイのデザート:ブアローイ(บัวลอย)

  5. タイのお菓子:タンテーク(ขนมถังแตก)

  6. ローイゲーオ

    タイのデザート:ローイゲーオ(ลอยแก้ว)

  7. ブアローイナムキン

    タイ料理:ブアローイナムキン(บัวลอยน้ำขิง)

  8. タプティムクローブ

    タイのデザート:タプティムクローブ(ทับทิมกรอบ)

  9. カノムピアックプーン

    タイのお菓子:カノムピアックプーン(ขนมเปียกปูน)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事