タイ料理:カオモックガイ(ข้าวหมกไก)

タイ料理:カオモックガイ!インド系スパイスであるターメリックなどを混ぜたサフランライスの中に、柔らかいチキンが入っている料理です。元々はタイ南部地方のイスラム系の人達が食べていた料理で、その後タイ全土に広まり現在では専門店もあり、スーパーなどでも購入できる親しみ深い料理です。

カオモックガイの基本情報

カオモックガイ
料理名 カオモックガイ(ข้าวหมกไก)
英語名 Khao mok gai
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
意味 カオ:ご飯、モック:隠れる、ガイ:鶏
特徴 サフランライスにチキンが入ったイスラム料理
辛さ ★★(少し辛いタイ料理)

カオモックガイとはどんな料理?

カオモックガイ

カオモックガイはタイ南部の郷土料理で、インド系スパイスであるターメリックなどを混ぜたサフランライスの中にとても柔らかいチキンが入っているタイ料理です。

元々タイ南部地方のイスラム系の人達が食べていた料理で、その後タイ全土に広まり現在では専門店もあるほど有名に!

スーパーなどでも気軽に購入できる親しみ深い料理としてタイ人から愛されています。

カオモックガイはどんな味?

カオモックガイ

カオモックガイはターメリックなどさまざまなスパイスで味付けされたご飯と、崩れるくらい柔らかくなった鶏肉。

タイ南部の料理の特徴でもある「辛さ」は控えめであまり辛くない料理なので、辛いものが苦手という方でもおいしく食べることができます。

そのまま食べると何か物足りなさを感じてしまうかもしれないカオモックガイですが、必ず専用のタレスイートチリソースが用意されているので自分好みの味付けにすることができます。

カオモックガイ自体は辛くないのですが、このタレやチリソースがとても辛い場合があるので要注意です!

カオモックガイはどこで食べることができる?

カオモックガイ

カオモックガイはタイ南部であれば食堂や屋台など、どこでも気軽に食べることができるほどメジャーな料理です。

タイ南部以外でもスーパーマーケットのお惣菜売り場、専門店、屋台やレストランなどに置いてあることもあるので比較的簡単に食べることができます。

現地の人に教えてもらって自分好みの専門店を見つけるのも楽しみのひとつです!

その際は「カオモックガイ ミーティナイ?」と言ってみましょう!

タイ語で「ミーティナイ」とは「~はどこですか?」という意味なので「カオモックガイはどこですか?」という意味になります。

カオモックガイに入っているターメリックって何?

カオモックガイ

ターメリックとは、インドカレーの着色に使われている香辛料です。

カオモックガイのご飯が黄色いのはこのターメリックが含まれているからであり、肝機能向上や女性にはうれしい美肌効果もあります!

普通のご飯とは少し違うターメリックのご飯の味をぜひ試してみてはいかがでしょう!



⇓ すべてのタイ料理をみる ⇓

タイ料理【一覧】

関連記事

  1. カオムーデーン

    タイ料理:カオムーデーン(ข้าวหมูแดง)

  2. タイ料理:カオジー(ข้าวจี่)

  3. カオチェー

    タイ料理:カオチェー(ข้าวแช่)

  4. タイ料理:ジョーク(โจ๊ก)

  5. カオパットサパロット

    タイ料理:カオパットサパロット(ข้าวผัดสับปะรด)

  6. タイ料理:カオムークロープ(ข้าวหมูกรอบ)

  7. カオパットアメリカン

    タイ料理:カオパットアメリカン(ข้าวผัดอเมริกัน)

  8. タイ料理:カオカームー(ข้าวขาหมู)

  9. タイ料理:カオクルックカピ(ข้าวคลุกกะปิ)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事




Warning: realpath(): open_basedir restriction in effect. File(/tmp) is not within the allowed path(s): (/home/thainavi/thailand-navi.com/) in /home/thainavi/thailand-navi.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 2081