タイのお菓子:カノムトゥアトート(ขนมถั่วทอด)


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/thailand555/thailand-navi.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 317

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/thailand555/thailand-navi.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 319

カノムトゥアトートの詳細

料理名 カノムトゥアトート(ขนมถั่วทอด)
英語名 Thai fried peanut crackers
食べれる場所 屋台、お菓子屋
金額 20〜30バーツ(約60〜90円)
意味 カノム=お菓子
トゥア=豆
トート=揚げる
特徴 揚げ豆菓子

カノムトゥアトートとはどんなお菓子?

カノムトゥアトートは、ピーナッツをまぶしたクッキー状の生地をたっぷりの油でカラリと揚げたお菓子です。クッキーと説明しましたが、サクッではなくボリッとした食感で、日本の瓦せんべいに近いかもしれません。

タイのお菓子はとても甘いものが多いのですが、カノムトゥアトートはほんのりとした甘さで、日本人にも食べやすい味だと思います。

カノムトゥアトートはどこで食べることができる?

カノムトゥアトートは、タイの他のメジャーなお菓子に比べると露出度が少なく、残念ながらどこでも買えるというわけではありません。基本的には他のお菓子同様、カノム屋台(お菓子屋台)か市場などにあるお菓子屋が狙いめでで、特に中華街でよく目にするお菓子です。

ポリッとした食感を楽しむなら、やはり揚げたてが一番です。もし作っているところを見かけたら、ぜひすぐに買ってみましょう。

日本とはちょっと食べ方が違う「トゥア・リソン」

カノムトゥアトートにも使われているトゥア・リソン(ピーナッツ)ですが、日本の食べ方とタイの食べ方はかなり違います。日本では主に塩バターピーナッツとして食べますが、タイでは炒め物などによく使います。

そして最も違うのは、タイではバターで炒めるのではなく、茹でて食べることです。もちろんサクサクとした食感ではなく、煮豆のような感触です。

日本人にとってはちょっとびっくりする食べ方ですが、食べてみると意外な美味しさにクセになっちゃうかもしれませんよ。

関連記事

  1. クルアイトート

    タイのお菓子:クルアイトート(กล้วยทอด)

  2. カノムブアンユアン

    タイのお菓子:カノムブアンユアン(ขนมเบื้องญวน)

  3. カノムカイ

    タイのお菓子:カノムカイ(ขนมไข่)

  4. タイのお菓子:カオテーン(ข้าวแตน)

  5. タイのスイーツ:カノムクロック(ขนมครก)

  6. メットカヌン

    タイのお菓子:メットカヌン(ขนมเม็ดขนุน)

  7. カノムターン

    タイのお菓子:カノムターン(ขนมตาล)

  8. チョームアン

    タイ料理:チョームアン(ช่อม่วง)

  9. マンピン

    タイのお菓子:マンピン(มันปิ้ง)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事