タイのお菓子:カオテーン(ข้าวแตน)

タイのお菓子「カオテーン」とは?カオテーンはカオニャオ(もち米)を干して揚げたものに、カラメルをまぶしたお菓子です。白いもち米にカラメルをかけたものが基本ですが、タロイモやバイトゥーイなどが混ぜられた、紫や緑のカラフルなものも人気があります。

カオテーンの基本情報

カオテーン
料理名 カオテーン(ข้าวแตน)
英語名 Thai sweet crispy rice cake
食べれる場所 屋台、食堂、お土産屋
意味 カオ:ご飯、テーン:代わりに
特徴 タイ風おこし

カオテーンとはどんな料理?

カオテーン

カオテーンは、カオニャオ(もち米)を干して揚げたものにカラメルをまぶしたお菓子で、簡単に言うと「タイ風おこし」です。

白いもち米にカラメルをかけたものが基本ですが、タロイモやバイトゥーイなどが混ぜられた紫や緑のカラフルなカオテーンも人気があります。

他にもゴマやかぼちゃの種などがトッピングされているタイプなど…様々なカオテーンがあります。

下味にスイカジュースが使われていることが多くありますが、特にスイカの味はなくカラメルの甘さとポリポリとした食感を楽しむお菓子です。

カオテーンはどこで食べることができる?

カオテーン

カオテーンには2種類あって、屋台で作るものと袋に入った既製品があります。

既製品はお菓子屋や市場などを中心に、広く流通しています。

ただ、長期保存すると味が落ちやすいからか大量生産がされておらず、スーパーなどにはあまり置かれていないようです。

食感を楽しむのであれば、やはり屋台で出来たてを食べるのが1番です。

美味しいカオテーンの屋台の見分け方は、人気があり新しいカオテーンがどんどん補充される屋台を見つけてみてください。

お土産にもおすすめ!「カオテーン」

カオテーン

タイのお菓子はココナッツミルクを使うことが多く、日本人には少々くどく感じることがあります。

その点カオテーンはココナッツミルクを使っておらず、程よい甘さと食感は日本人にも喜ばれる味といえるでしょう。

空港のお土産屋やコンビニでも売っていることが多く日持ちもするので、最後にお土産をもうちょっと買いたいという時に最適なお菓子といえるでしょう。

大きさにもよりますが、大き目のカオテーンであれば、だいたい10個ほど入って30〜40バーツ(90〜150円)とお値段もお手頃です。



⇓ すべてのタイ料理をみる ⇓

タイ料理【一覧】

関連記事

  1. カオクリアップ パークモー

    タイ料理:カオクリアップ パークモー(ข้าวเกรียบปากหม้อ)

  2. ウンガティ

    タイのお菓子:ウンガティ(วุ้นกะทิ)

  3. カノムラー

    タイ料理:カノムラー(ขนมลา)

  4. カノムティアン

    タイのお菓子:カノムティアン(ขนมเทียน)

  5. カノムジャーク

    タイのお菓子:カノムジャーク(ขนมจาก)

  6. タイのお菓子:カオマオトート(ข้าวเม่าทอด)

  7. タイのお菓子:フォイトーン(ฝอยทอง)

  8. クルアイピン

    タイのお菓子:クルアイピン(กล้วยปิ้ง)

  9. カオラーム

    タイのお菓子:カオラーム(ข้าวหลาม)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事




Warning: realpath(): open_basedir restriction in effect. File(/tmp) is not within the allowed path(s): (/home/thainavi/thailand-navi.com/) in /home/thainavi/thailand-navi.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 2124