オーリアン

タイの飲み物:オーリアン(โอเลี้ยง)

オーリアンの詳細

料理名 オーリアン(โอเลี้ยง)
英語名 Thai vintage style black coffee
食べれる場所 屋台、カフェ
金額 10バーツ(約30円)
意味 オーリエン=オールドスタイルコーヒー
特徴 タイ式ビンテージコーヒー

オーリアンとはどんな飲み物?

オーリアンとは、昔からタイで親しまれてきた『タイ式コーヒー』のことです。とはいえ、実はコーヒー豆ではなく、「タマリンドの種」を砕いて抽出します。いわゆる「代替コーヒー」というやつです。純粋なコーヒーよりも苦味やコクは少ないですが、タイではどのみち砂糖をびっくりするくらい入れるので、ジュースのような感覚で長く愛されてきました。


タイには長い間、本格的なコーヒーを飲む習慣がありませんでした。しかし最近は「スターバックス」などの影響で、本格的なコーヒーが広まってきています。そこでオーリアンは廃れるのかと思いきや、独自な飲み物としていまだ人気を誇っている、なんとも不思議な飲み物です。

オーリアンはどこで飲むことができる?

タイでは長い間オーリアンがコーヒーの代わりでした。そのあとインスタントコーヒーがブームになり、やっと本格的なドリップコーヒーが普及したという背景があります。今ではいろいろなコーヒーが飲めるようになりましたが、変わらずオーリエンは人気を保っています。

タイにはコーヒースタンドというべきカフェがたくさんあり、オーリアンをビニール袋に入れて持ち帰る人がたくさんいます。ぜひオーリアンを飲みながら、タイ気分を満喫してみてはいかかでしょう。

タイの最新コーヒー事情とは?

タイ人は長い間、オーリアンを楽しんできました。その後、インスタントコーヒーが広まり、続いてドリップコーヒーが普及したのは先ほど説明しました。その後タイのコーヒー事情が大きく変わったのは、やはりスターバックスが出店してきたことでしょう。これで一気にオシャレにコーヒーを楽しむ文化ができあがりました。

ところが、ここにも問題がないわけではありません。スターバックスなどのカフェはとにかく高いのです。普通のコーヒー(トール)で80バーツ (約240円)、カフェラテ(トール)が115バーツ (約350円)します。

惣菜屋台でご飯を食べたほうが安いくらいですから、庶民の飲み物に定着するには、まだまだ敷居が高そうです。

⬇︎⬇︎⬇︎


関連記事

  1. ナムゲックフアイ

    タイの飲み物:ナムゲックフアイ (น้ำเก๊กฮวย)

  2. ナムマトゥム

    タイの飲み物:ナムマトゥム(น้ำมะตูม)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事