タイ料理:ネームヌアン(แหนมเนือง)

びじんトマト

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/thailand555/thailand-navi.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 317

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/thailand555/thailand-navi.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 319

ネームヌアンの詳細

料理名 ネームヌアン(แหนมเนือง)
英語名 Vietnamese meatball
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
金額 100〜180バーツ(約300〜540円)
意味 ネームヌアン=ベトナム風生春巻き
特徴 ベトナム風生春巻き
辛さ ⭐〜⭐⭐(辛くないタイ料理)

ネームヌアンとはどんな料理?

ネームヌアンは、一言でいうと「ベトナム風生春巻き」です。竹輪状の豚ひき肉ソーセージを野菜やハーブと一緒に、ライスペーパーかレタスに包んで、スイートチリソースで食べるのが一般的です。お店によって多少違いはありますが、キュウリやニンニク、ミント、パクチーなどが、包む具材の定番となっています。

日本人にとって生春巻きというと、レタスとエビが最初からライスペーパーに包まれているものをイメージしますが、ネームヌアンは 『ソーセージの手巻き生春巻き』と考えれば、分かりやすいかもしれません。

ネームヌアンはどこで食べることができる?

ネームヌアンはタイ東北ウドンタニーを中心に、イサーン地方全般で広く食べられているベトナム伝来の郷土料理です。

バンコクでは残念ながら、どこでも気軽に食べられるというわけではありません。もしバンコクで食べたい場合は、ベトナム料理レストランを探すのが1番確実です。

普通の揚げ春巻きと生春巻きもメニューにあるので、ネームヌアンと食べ比べてみるのも面白いのではないでしょうか。

タイ料理とベトナム料理の違いとは?

タイとベトナムは地理的にも近く、ビザなしで行き来ができるため、お互いに様々な影響を受けあっています。料理の面でもベトナム料理の影響を受けたタイの料理はたくさんあります。

まず共通点ですが、どちらの国も魚醤を使います。パクチーを多用するのも共通していますね。

違うのは「辛さ」です。辛くない料理があるとはいっても、タイの料理は基本的に激辛です。対してベトナム料理は、ソフトでマイルドな料理が多いのが特徴です。

びじんトマト

関連記事

  1. ピックガイトート

    タイ料理:ピックガイトート(ปิกไก่ทอด)

  2. ムーホーン

    タイ料理:ムーホーン(หมูฮ้อง)

  3. タイ料理:カイパロー(ไข่พะโล้)

  4. タイ料理:ムーピン(หมูปิ้ง)

  5. タイ料理:ガイヤーン(タイ風焼き鳥)

  6. タイ料理:サイクロークイサーン(ไส้กรอกอีสาน)

  7. タイ料理:カノムジープ(ขนมจีบ)

  8. タイ料理:サイウア(ไส้อั่ว)

  9. ムーサテ

    タイ料理:ムーサテ(หมูสะเต๊ะ)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事