タイ料理:ソムタムタレー(ส้มทะเล)

ソムタムタレーの基本情報

ソムタムタレー
料理名 ソムタムタレー(ส้มทะเล)
英語名 Thai spicy seafood papaya salad
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
意味 ソム:酸っぱい、タム:叩く、タレー:海鮮
特徴 シーフード青パパイヤサラダ
辛さ ★★★~★★★★(とても辛いタイ料理)

ソムタムタレーとはどんな料理?

ソムタムタレー

ソムタムはタイ東北部イサーン地方の伝統料理です。

ソムは酸っぱい、タムは叩くという意味で、青パパイヤのスライスをナンプラーやニンニク、ライム、ココナツシュガー、干しエビなどと一緒に叩いて和えます。

ソムタムタレーにはソムタムにタレー(シーフード)を入れたもので、エビやイカ、貝類などを入れていきます。

ソムタム特有の甘酸っぱさと辛さ、そしてタレー(シーフード)を味わうことができるタイの人気のソムタムです。

ソムタムタレーはどこで食べることができる?

ソムタムタレーはイサーン料理店であればどこでも食べることができ、バンコクなどの大都市であれば、ソムタムの専門食堂やソムタム専門屋台も容易に見つけられます。

もちろんフードコートなどでも食べることができるので、観光客の方でも気軽にトライすることができます。

ソムタムタレーは衛生面に要注意

ソムタムタレー

ソムタムタレーはシーフードを使用しているので、普通のソムタムを食べる感覚で気軽に注文してしまうのはNGです。

中でも注意したいのは屋台のソムタムタレーです。

基本的にシーフードも冷蔵庫で保管したりせず外のトレーに置いてあるだけなので、あまりおすすめはできません。

慣れていない日本人は、人気のある清潔な食堂やレストラン、フードコートなどで食べることをおすすめします。

タイでも人気のタレー「プラームック(イカ)」

タイ 屋台

ソムタムタレーには色々なタレー(シーフード)が使われますが、中でもプラームック(イカ)は、タイ料理には欠かせない食材です。

プラームック(イカ)は本当に色々な料理に使われますが、屋台ではただ単に串に刺して、炭火で焼いたものがるのですがこれはおすすめです。

値段も20〜60バーツ(約60〜180円)程度とお手頃で、ナンプラーやニンニク、ライム、砂糖などのタイ風のタレととてもよく合います。

ちなみに、日本と同じようにタイでもスルメがよく食べられます。ビールやお酒のあてに食べられるのは、日本と一緒ですね。

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事