サムイ島の『雨季』と『乾季』!タイの雨季とは時期が違う?

サムイ島 雨季

サムイ島の『雨季』。タイの離島サムイ島には『雨季』と『乾季』があり、それぞれタイ本来の季節とは少し異なります。そのためサムイ島は『タイの雨季の避暑地』などと呼ばれています。ここではサムイ島の雨季の時期や特徴について解説していきます。

サムイ島の雨季の特徴とは

サムイ島 雨季

サムイ島は、タイ南部『スラタニ県』の沖合にあるリゾートアイランドです。

サムイ島の天気(気候)の特徴として、

・島であること
・深い山がある

という理由から、天気が変わりやすいのがサムイ島の天気の特徴です。

急に黒い雲が流れてきて空が暗くなってきたと思ったら、激しいスコールに見舞われるということがよくあります。

サムイ島の雨季の特徴

サムイ島の雨季の特徴は、

・タイの雨季(6〜10月)に降雨量が少ない
・タイの雨季(6〜10月)開けにまとめて雨が降る

といった特徴があり、サムイ島では10〜11月にかけてまとめて雨が降る多雨期(本雨期)が訪れます。

サムイ島は年間を通して楽しめるリゾート

サムイ島の気候はタイの気候に準じますが、バンコクなどと比較すると降雨量が少ないため、サムイ島の多雨期(10〜11月)を除けば『年間を通して観光を楽しめる島』となっています。

サムイ島はタイの雨季の『避暑地』

サムイ島は、タイの雨季に雨が少ないということもあり『タイの雨季の避暑地』としてとても有名です。

タイの雨季はいつ?

タイ 雨季 女性

タイは『乾季』『暑季』『雨季』の3つの季節に分けられております。

熱帯モンスーン気候のタイは、年間平均気温は約29℃と一年中暑いのが特徴です。

11〜3月:乾季

乾季は毎日晴天が続く雨がほとんど降らない季節です。

乾季は他の季節と比べると気温が低く、一年で最も快適に過ごすことができる季節なので観光客に人気の高い季節です。

4〜5月:暑季

暑季は日差しが強く一年で最も暑い季節です。

暑季の中でも4がつが最も暑く、日中では40℃を超える日があるため旅行の際は日差し対策や熱中症対策が必要です。

6〜10月:雨季

雨季は一年で最も雨が降る季節です。

日本の梅雨のように1日中雨が降り続くのではなく、毎日1〜2時間程度激しいスコールが降るのが特徴です。


サムイ島の雨季(10〜1月)の特徴とは

サムイ島 スコール

サムイ島の雨季は『10〜1月』

サムイ島は熱帯モンスーンの影響を受け10〜1月に雨季に入ります。

サムイ島の雨季はスコールに見舞われることはもちろん、海が荒れる日が多くなります

10〜11月は『多雨期』

サムイ島の10〜11月は『多雨期』となり、年間で最も降雨量が増えます

例年10月下旬〜11月下旬の1ヶ月ほど豪雨が断続的に降る時期になり、風も強くなります。

風が強くなると海が荒れるためダイビングやシュノーケリングなど、サムイ島の雨季では透明度の高い海を満喫するのは難しいかもしれません。

12〜2月中旬まで雨季が続く

12〜2月中旬まで『風が強い時期』になり、ビーチに波が押し寄せます。

波があるため海の透明度は低く、ダイビングやシュノーケリングを楽しむことができません。

シュノーケリングは2月の中旬以降『乾季』が訪れてから透明度の高い海を楽しむことができます。

雨季の気温は最高気温が30℃いかないくらいと、年間を通して最も気温が低い時期になり半袖だけでは肌寒く感じることもあります。

とくに朝晩は肌寒く感じることが多く、雨が降ればさらに寒く感じるかもしれません。

サムイ島の乾季(2〜9月)の特徴とは

サムイ島 女の子

サムイ島の季節は大きく分けると『雨季』と『乾季』に分けられます

10〜1月:雨季
2〜9月:乾季

サムイ島の乾季(2〜9月)

サムイ島は2〜9月(乾季)になると、全体的に快晴が続き比較的波も穏やかになります。

タイの雨季(6〜10月)の影響で、スコールがくる場合もありますが、海は穏やかなのでダイビングやシュノーケリングを楽しめます。

雨季が過ぎる『2月』

2月の中旬までサムイ島の雨季が続くため、雨季が過ぎてしまえば気温も高過ぎず低過ぎず、雨も降らなくなるため最も過ごしやすい時期といって良いでしょう。

雨季が過ぎ乾季が訪れると波がだんだんと穏やかになり、この頃からサムイ島でもダイビングやシュノーケリングを少しずつ楽しむことができます。

『3〜5月中旬』は最も暑い時期

サムイ島では3〜4月にかけて気温はグッと上がり、4月には気温がピークになり日中は40℃近くなることもあります。

タイ人が『夏』と呼ぶこの時期から、サムイ島では波の穏やかなマリンアクティビティのシーズンが始まります

3〜5月中旬にかけて、

・海景色が最も綺麗
・魚影が濃い時期

になるため、ダイビングやシュノーケリングを楽しみたい方におすすめの時期になります。

気温は高いものの雨が少ないので海も透き通っており、透明度の高い海が魅力の時期になります。

タイの雨季の影響を受け始める『5〜6月』

タイの雨季6月から始まるので、サムイ島でも5〜6月から少しずつ雲が出始めますが基本的には毎日晴れの日が続きます。

この時期(タイの雨季)に入ると、サムイ島でも数日に1度1〜2時間程度のスコールがくることもありますが、1日中雨が降り続けるということはないのでサムイ島観光を楽しむことができます。

観光客の多い『7〜9月』

サムイ島でも6月以降はタイの雨季の影響によりスコールの季節になります。

数日に1度スコールに見舞われることがありますが、タイ本土の降水量と比較すると降雨量は少ないのが特徴です。

この時期はハイシーズンと呼ばれ、日本などアジアの観光客や欧米からの観光客が増え、サムイ島全体が最も賑わいを見せる時期でもあります。


サムイ島の人気ホテル

サムイ島 ホテル

サムイ島には、

・旅行者に人気ホテル
・高級ホテル
・ヴィラタイプのホテル
・子連れに人気のホテル
・各ビーチの人気ホテル

など、サムイ島には観光客に人気のさまざまなおすすめホテルがあります。

数多くあるサムイ島のホテルからおすすめホテルを厳選しているので、サムイ島に旅行に訪れる際はぜひ参考にしてください。


関連記事

  1. サムイ島 高級 ホテル

    サムイ島で大人気【5つ星高級ホテル】10選

  2. サムイ島 ホテル おすすめ

    サムイ島のホテル『目的別』におすすめホテルを紹介

  3. サムイ島 子連れ ホテル

    サムイ島のホテル『子連れ』におすすめしたいホテル10選

  4. チャウエンビーチ ホテル

    サムイ島:チャウエンビーチのおすすめホテル【10選】

  5. サムイ島 ホテル

    タイNavi厳選!サムイ島の超人気ホテル10選!

  6. サムイ島 ヴィラ

    サムイ島『ヴィラタイプ』のおすすめホテル【10選】