タイ旅行のカバン事情とは!おすすめ旅行中カバン【3選】

タイ旅行 カバン

タイ旅行の必須アイテムのカバン。タイだけでなく海外旅行に行く際には『スーツケース』や『旅行中カバン』などが必須になってきます。ここではタイ旅行におけるカバンの選び方やタイで起こりやすいカバンのトラブル(スリ)などについて解説していきます。

1)バッグを持っていく際の注意点

女性 スリ

タイではスリなどたくさんの犯罪があり、その中でも多いのがカバンから財布などを盗まれるという被害がとても多くあります。

トートバッグタイプ(チャックがない)のものでは、財布やスマホなど簡単にすられてしまいますし、リュックを背負っていると、リュックを切られいつの間にか中身を盗られているなどの被害が数多くあります。

とくに人混みは要注意で、何も知らない日本人が被害に遭うケースが多発しております。そういったポイントを考慮してタイ旅行にもっていくバッグを選びましょう。

運営者情報

タイでもスリなどの犯罪被害に遭う日本人がたくさんいるんですよね。事前のチェックで被害に遭うケースはだいぶ減らすことができます。

2)タイ旅行に必要なカバンとは

タイ 旅行 カバン

タイ旅行に必要なカバンは、

・荷物を入れるバッグ(スーツケース/ボストンバッグなど)
・旅行中のバッグ(ショルダーバッグ/ポーチなど)
・機内用バッグ(旅行中のバッグっと兼用可)
・買い物バッグ(あれば便利)

などが必要なカバンではないでしょうか。

1つずつ簡単に解説していくと、旅行に必要なものを入れる『スーツケース』、旅行中にパスポートやモバイルバッテリーなどの小物を入れておく『旅行中に携帯するバッグ』、機内に必要な小物(ペンやモバイルバッテリーなど)を持ち運ぶ『機内用バッグ』、滞在中に市場やおみやげを買いに行く際に必要な『買い物バッグ』などが必要なカバンになってきます。

ここでは、カバンの選び方やおすすめのカバンなどを紹介していきます。

3)旅行の必須アイテム!スーツケースの選び方

スーツケース 選び方

はじめに、スーツケースやボストンバッグなどの旅行に必要な荷物を入れるカバンが必要ですね。ここで重要となってくるのが、どのサイズを選べば良いか?というポイントだと思うので、考慮していただきたい部分を解説していきます。

【1】サイズの選び方

スーツケースの容量は『1泊=10リットル』が目安とされています。宿泊日数や荷物の量によってスーツケースのサイズが異なると思うので、サイズの選び方をみていきましょう。

スーツケース サイズ

<1〜3泊(〜39L)>

国内旅行や出張用として使用されるスーツケースのサイズで、1つ持っておくととても便利なサイズです。1〜2泊の海外旅行にも使用できます。

このサイズのスーツケースは機内に持ち運べるサイズのものも多く、荷物を持っての移動が多い場合や個人旅行などにはおすすめのサイズです。

<3〜5泊(40〜69L)>

タイ旅行用としては比較的多くの方が使用しているサイズではないでしょうか。小さ過ぎず大き過ぎずといったサイズで、タイ旅行だけでなく東南アジア旅行などに広く使用されており、移動手段に電車やバスなどを利用される場合はこのサイズに荷物をまとめると比較的移動が楽にできるでしょう。

<5〜10泊(70〜89L)>

このスーツケースのサイズは、海外などの1週間前後の旅行に適したサイズです。スーツケースいっぱいに荷物を詰めるとかなりの重さになり、女性が階段等を持つには苦労するレベルの大きさです。

タイ旅行としては2人分の荷物をまとめることもできるくらいの大きさで、衣類をたくさん持っていきたい方にもおすすめのサイズです。

注意点としては、小柄な方は携帯が困難になる場合や、預入荷物の重量超過にも注意が必要です。

<10泊以上(90L〜)>

長期滞在や荷物の多くなる方におすすめのサイズです。スーツケースのものによっては荷物預かりサイズの範囲を超えて超過料金がかかる場合もあるので、事前に確認が必要です。

【2】機内に持ち運べるサイズは?

機内に持ち運べるスーツケースのサイズは航空会社によって異なりますが、目安として『縦・横・幅の3辺の長さが合計115cm以内』と決まっています。LCCの場合は規定サイズ、重さが航空会社によって異なるので事前にチェックが必要です。

上記で紹介したサイズだと、<1〜3泊(〜39L)>のスーツケースが対応サイズになります。機内持ち運び荷物の重さは、10kgや7kgなどの制限があることも多いので、事前に航空会社のHPをチェックしましょう。

【3】結局どのサイズを選べば良いの?

最終的には『自分の荷物』+『帰りのお土産のスペース』があれば問題ありません。お土産は数やものによって異なるとは思いますが、物価の安いタイではついついお土産を買い過ぎてしまうことも…。スーツケース容量はゆとりを持っておくことをおすすめします。

容量がいまいちわからないという場合は、自分の旅行の持ち物を一度段ボールに入れて、その段ボールのサイズを測ることで大きさや容量がわかってくるはずです。

【4】高価なスーツケースは必要ない!

スーツケースに対する考えですが、海外旅行用のスーツケースは軽くて高くないものがおすすめです!というのも、せっかく高いものを購入しても空港で雑に扱われて傷ついたり、シールを貼られたりと。

自分では大切に扱っていても、海外に持っていくときれいに使っていくというのが難しいので、傷がついても良い『高価じゃないもの』や多くの荷物を持っていけるよう『軽いもの』を選ぶことをおすすめします。

運営者情報

スーツケースは大切に扱っていても、どうしても傷ついたりシール跡が残ったりしてしまうんですよねぇ…。だから高価なものを買う必要はない!という結論に至ったのです!でも安すぎるものは絶対にNGです。

4)旅行中に携帯するバッグ(ショルダーバッグ)

ショルダーバッグ

【1】旅行中に必要なものが入るバッグは必須

旅行中に携帯するべきものとして、

・パスポート(もしくはコピー)
・スマホ
・財布
・レンタルWi-Fi
・モバイルバッテリー

などがあります。これは旅行中には常に持ち運んだほうが良いものなので、これが持ち運べるサイズのバッグが必要になります。

財布やスマホはポケットで良いのでは?と思うかもしれませんが、ポケットではスリや窃盗の被害に遭いやすいので、できるだけ鞄に入れておくことをおすすめします。

【2】ベルト付きバッグは必須

滞在中のトラブル防止のためにも、ベルト付きのバッグを強くおすすめします。

ベルト付きのバッグを持っていると、「かっこ悪い」だとか「汗をかく」などと思う方もいるかもしれませんが、肌身離さずという面ではとても大切なことなのです。

というのも普段持ち歩かないバッグをもっていると、タクシーやレストラン、バーなどふとした瞬間にバッグの存在を忘れて、置きっぱなしにしてしまうことがあります。海外では一度無くしてしまったら90%以上の確率で戻ってこないので、できるかぎりの対策が必要なのです。

その他にも、ひったくり被害対策という面でも大いに役立ってくれます。

運営者情報

私もベルト付きのものはあまり好きではなく、クラッチバッグをもって出かけていたのですが、ふとした時…コンビニのレジにバッグを忘れてしまい、慌てて取りに戻ったのですがすでにバッグはありませんでした。このような経験から、ベルト付きバッグの安全さというのを学んだのです。

5)旅行に最適!おしゃれなバッグのブランド3選

旅行 バッグ

旅行中のバッグの選び方として、

・斜めがけができること
・チャックがある
・頑丈、丈夫
・軽い
・最低限のものが入る

というのがバッグ選びの際に考慮するべきポイントになります。ここでは旅行以外でも使用できるようなおしゃれなショルダーバッグをご紹介していきます。

【1】ポーター(PORTER

言わずと知れた老舗ブランドのポーターのカバンです。ビジネスシーンにも、カジュアルにも対応でき、数多くの商品があるポーターは高い品質と機能美に満ちたデザインから幅広い世代から多くの支持を受けている大人気ブランドです




運営者情報

幅広い世代に人気の高いポーターのバッグは本当におすすめ!デザインもシンプルで実用性も高いので、一度使えばなぜこれほど人気があるのか理由がわかりますね。

【2】グレゴリー(GREGORY)

アウトドアスタイルのカジュアルショルダーバッグが人気のグレゴリー。数あるアウトドアブランドの中でもおしゃれ感が高いブランドで幅広い世代から愛されているブランドです。使い心地も耐久性にも優れているバッグが多いのが特徴です。




運営者情報

日本でも人気の高いグレゴリーのバッグはアウトドアブランドということもあり丈夫なので安心!旅行でしか使用しないので安く済ませたい場合はグレゴリーで間違いないし!

【3】オロビアンコ(Orobianco)

イタリア発のファッションブランド「オロビアンコ」は、高級でもありながら実用性が高く見た目の印象も素晴らしいアイテムが多いのが特徴のブランドです。イタリアの職人さんたちの技術とモダンなデザインのバッグは使い心地の良いのでおすすめです。




運営者情報

旅行のためだけのバッグを買うのはもったいないから…せっかく購入するのであれば日本でも使えるもをの購入したい!と考えているならオロビアンコがおすすめ!

いかがでしょうか。ここでは旅行におすすめのショルダーバッグのブランド3つを紹介してきました。ぜひご確認してみてください。

6)タイ旅行におすすめできないカバンの特徴

タイ バッグ 注意点

ここではタイ旅行にあまりおすすめできないカバンやスリなどの犯罪に遭わないための対策を解説していきます。

【1】全部閉まらないタイプのカバンはNG

トートバッグ スリ

おすすめのバッグはチャックなどで完全に閉まるタイプのバッグで、開口部がオープンなバッグやボタンタイプのバッグだとスリや盗難、中身が落ちてしまう危険があるので、チャックで開け閉めできるタイプのバッグがおすすめです。

ハンドバッグやトートバッグなどタイプで開口部が空いているものだと、観光客だけでなく現地タイ人の人たちもスリの被害にあっているので注意しましょう。

【2】リュックもあまりおすすめできないカバン!

リュック スリ

人混みなどでリュックを背負っていると、スリなどの被害にあいやすくなってしまいます。チャックを閉めているから大丈夫なわけでなく、リュックからものを盗る場合は刃物でリュックを切って中身を抜き取ったりもします。

対策としては、できる限り目の見えるところに置いておく(前に背負う)ことが大切ですが、犯罪はふとした瞬間に思いもよらぬ方法、場所でやってくるので、リュックを持っていく際には注意が必要です。

リュックを持っていく際には、リュックには盗られても良いものだけを入れるようにしましょう。

【3】スリの被害に遭わないようにする3つの対策

バッグの中を見る女性

せっかくの楽しい旅行を無駄にしないためにもしっかりとした知識を持っておくことが大切です。スリ防止のポイントとして、

・身体に密着している
・簡単に開けられない
・カバンが視界に入る

というのがスリなどの被害に遭いにくいカバンの特徴です。ぜひ参考にしていただければと思います。

7)この記事のまとめ

いかがでしょうか。タイ旅行のカバン事情について解説してきましたが、旅行に持っていくカバンで最低限必要なのが、スーツケースと旅行用カバンです。

スーツケースは自分の滞在日数や荷物量(+帰りのお土産スペース)にあった大きさを選び、旅行用カバンはスリなどの被害に合わないようなカバンを選ぶことが大切です。

ぜひ楽しいタイ旅行にしてください。