初心者でも簡単!ワットポーの行き方3種類を解説

ワットポー 行き方

ワットポーに行く方法は3つ。1つ目が「タクシーで行く」。2つ目が「電車+トゥクトゥクで行く」。3つ目が「電車+船で行く」の3つの方法があります。ここではそれぞれの【詳しい行き方の説明】と行く際に必要な【ボイス】と【タイ語のメモ】で解説します。

1)ワットポーの基本情報

正式名称ワットプラチェートゥポンウィモンマンカラーラーム=ラーチャウォーラマハーウィハーン
名称(英語)ワット ポー (Wat Pho)
名称(タイ語)วัดโพธิ์
住所2 Sanamchai Road, Grand Palace Subdistrict, Pranakorn District, Bangkok
営業時間8:30〜18:30
料金拝観料:100バーツ(120cm以下の子供は無料)

2)ワットポーへの交通手段は基本的に3つ!

  • タクシーで行く
  • 電車+トゥクトゥクで行く
  • 電車+船で行く

ワットポーには最寄駅がありません

ワットポー 最寄駅

ワットポーには最寄駅がない(あるが遠い)のでワットポーに行く際には

「タクシーで行く」
「電車+トゥクトゥクで行く」
「電車+船で行く」

の中から自分の好みに合わせた行き方で行く必要があります。

3)ワットポーへの行き方のメリット・デメリット

電車+トゥクトゥクで行くメリット

  • トゥクトゥクでタイを満喫できる
  • 水上バスよりも簡単

ワットポーの最寄駅(MRTフアランポーン)駅には客待ちしているトゥクトゥクがあります。

せっかくタイに来て、タイの中でも有名であるワットポーに行くのであればトゥクトゥクでタイの雰囲気を存分に味わってみたいものです。

電車+トゥクトゥクで行く際のデメリット

  • ぼったくりにあう可能性がある
  • 料金は決して安くない(高くても1台700円くらい)
  • 料金交渉が必要

デメリットとしては、ワットポーの最寄駅(MRTフアランポーン)にあるトゥクトゥクは観光客を相手にしているので、基本的に少し金額を高めに言ってきます。

ですので、値下げ交渉などの簡単な交渉が必要になってきます。

タクシーで行く際のメリット

  • ホテルから直で行けるので楽
  • 値段も高くなく、複数人では一番安い場合も
  • 水上バス・トゥクトゥクに比べ涼しい(寒すぎる可能性も)

タクシーの1番のメリットとしてはやはり楽に行くことができる!というのがポイントでしょう。

電車などで行くと乗り換えや待ち時間などがあり、汗もかくし、勝手がわからないことにフラストレーションが溜まることもあります。

タクシーで行く場合は、バンコク内からですとメーターで行けば高い料金はかかりません。スタート場所にもよりますが約200〜300バーツほどで、高くても1000円もかからないくらいの料金で行くことができます。

そして何よりも涼しい!(タクシーの車内はかなり冷えていて寒い場合もあります)。

トゥクトゥクは風を感じることができ一見涼しそうだが、タクシーに比べたらやはり暑い。水上バスは場所によっては涼しいのだが、デッキなどにでないととても暑いのが現状です。

タクシーで行く際のデメリット

  • 乗る場所によっては渋滞がある
  • 一人で行くと電車などに比べたら高くつく場合もある
  • 最寄駅からだとぼったくりにあう可能性も

タクシーは乗る場所によっては渋滞があり全く動かない場合もあります!バンコクの渋滞は世界でもトップクラスの渋滞です。せっかくバンコクにきたんだから渋滞も体験してみたい。と思う方もいるかもしれませんが、お勧めはしません。

そして、ワットポーの最寄駅や観光地からだとぼったくりタクシーというものがいます。メーターで行ってくれずに「◯◯バーツ」と指定されることも!そういったものに捕まらないように事前に知識をつけておくことが大切です。

ワットポー最寄駅からのタクシーは高い可能性も

最寄駅のMRT「フアランポーン」(Hua Lanphong)からのタクシーは、観光地周辺ということもありメーターを使用してくれない場合があります。

タクシーでメーターを使用すれば100バーツ以内で行ける距離なのですが、「200バーツ」などと金額を指定されることも。ホテルからタクシーでメーターを使用しながら行くほうが、安く行ける場合があります。

電車+水上バスで行く際のメリット

  • バンコクに来たら乗っておきたい水上バス
  • 外側からバンコクを観ることができる
  • タクシーなどよりも安い場合も

水上バスのメリットとしてはやはり安く行けることと、タイ・バンコク旅行を満喫できることです。日本ではほとんど乗ることのない水上バスですが、タイでは当たり前のように使用されています。

タイの雰囲気を味わいたい方には水上バスがおすすめです。

電車+水上バスで行く際のデメリット

  • 暑い(乗る場所による)
  • 調べてから行かないと難しい

水上バスは一見涼しそうに思いますが、暑い!場所にもよりますが、デッキにでれば涼しいのですが、場所によっては暑いところも。そして何より、調べてから行かないと難しいという欠点もあります。

最低限知っておくべき点とは、船着場の場所・チケットの買い方・フラッグの色・降りる駅などです。最低限のポイントは押さえてから行くようにしましょう。

4)ワットポーへの行き方:電車+トゥクトゥク

ワットポーにあるトゥクトゥク
行き方の流れ
Step1:ワットポー最寄駅の「フアランポーン駅」まで電車で行く
Step2:「フアランポーン駅」でトゥクトゥクと料金交渉

Step1:フアランポーンへ電車で行く(アソーク・スクンビットから)

サイアムからフアランポーンまでの行き方

電車+トゥクトゥクで行く場合は、まず電車でワットポーの最寄駅(一番近い駅)MRT「フアランポーン」(Hua Lanphong)まで行きます。

  1. アソークとスクンビットは同じ駅なので、アソークにいる場合は地下にあるスクンビット駅へ行きます。
  2. スクンビット駅からMRTでフアラポーンまで(6駅)1本でいけます。

Step1:フアランポーンへ電車で行く(サイアムから)

スクンビットからフアランポーンへの行き方
  1. BTSサイアム駅からBTSサラデーン駅まで(2駅)行きます。
  2. BTSサラデーン駅から乗り換えでMRTシーロム駅(同駅)まで行きます。
  3. サラデーン駅からシーロム駅は乗り換え可能駅なのですが、3分ほど歩きます。
  4. MRTシーロム駅からMRTフアラポーン駅まで(2駅)

Step2:フアランポーン駅に着いたらトゥクトゥクと交渉しよう

トゥクトゥクと交渉

「フアランポーン」駅前にはトゥクトゥクが客待ちしているので運転手さんとワットポーまでの「料金交渉」をします。

観光地ということもあるので「ワットポー」と運転手に伝えれば伝わるので、とくに英語・タイ語が喋れなくても問題ありません。

【タイ語でワットポーに行きたいという場合】

“シャワーキャップの女の子″
หมวกอาบน้ำ

「ヤーク パイ ワットポー」
(ワットポーに行きたい)

OKの場合は値段を聞きましょう!

基本的に運転手は観光客価格で値段は高めに言ってきます。300バーツや、それ以上の金額を言ってくる可能性があるので、なるべく安くなるよう上手に交渉しましょう。

※トゥクトゥクは基本的に乗車金額は高くなります。というのも、観光地付近でトゥクトゥクに乗るのは主に観光客なので、運転手も観光客用の値段で交渉してきます。

「300バーツ」と言われたら、「No!100バーツ」と英語で答えれば伝わります。100バーツくらいまでいけたらラッキーで150バーツが普通。

300バーツという金額は、宿泊先のホテルからタクシーで来ても同じくらい(タクシーはもっと安いかも)の値段でこれるような金額です。

5)トゥクトゥクの交渉の流れ(タイ語)

“シャワーキャップの女の子″
หมวกอาบน้ำ

『ヤーク パイ ワットポー』
(ワットポーに行きたいです。)

タクシー 運転手″
運転手

『OK!』

“シャワーキャップの女の子″
หมวกอาบน้ำ

『タオライ カップ?』
(いくらですか?)

タクシー 運転手″
運転手

『300バーツ』

“シャワーキャップの女の子″
หมวกอาบน้ำ

『100バーツ ダイマイ カップ?』
(100バーツでいいですか?)

タクシー 運転手″
運転手

『200バーツ』

“シャワーキャップの女の子″
หมวกอาบน้ำ

『150バーツ ダイマイ カップ?』
(150バーツでいいですか?)

タクシー 運転手″
運転手

『OK』

“シャワーキャップの女の子″
หมวกอาบน้ำ

『コップン マ カップ』
(ありがとう)

 

という流れになります。

※もし1台目がダメでも、2台目、3台目と交渉することが可能なので、何度でもトライしましょう。

150バーツ目指して頑張りましょう。

降りる場所に関して

トゥクトゥクで「ワットポーに行って下さい」と言えば大抵ワットポーの入り口まで案内してくれます。

ワットポーの入り口は『ターティアン(Tha Tien)船着場』の近くで、お店などがたくさんあり、観光客もたくさんいます。

“シャワーキャップの女の子″
หมวกอาบน้ำ

『ワットポーの入り口まで行って下さい』

6)ワットポーへの行き方:タクシー

タイでタクシーを拾う

タクシーの行き方は大きく分けて2種類

タクシーで行く際の方法

①:ワットポーの最寄駅からタクシーで行く

②:ホテルからタクシーで行く

7)タクシーの乗り方

タクシーの運転手には基本2タイプいます。

  1. 正規の料金であるメーターを使用する。
  2. 観光客だとわかって、ぼったくり価格の運転手の言い値で行く。(メーター無し)

の2つの料金体制があります。正規の料金であるメーターを使用してくれるタクシーのみを使うようにしましょう。

8)タクシーで行く際の交渉の流れ

※実際には、日本人のタイ語で「ワットポー」といっても通じない場合があります。

通じたとしても「本当にちゃんと通じたのか?」「ちゃんと向かっているのか?」と到着まで不安な気持ちでいっぱいになることも。

ワットポーから近い場所であれば、観光客目当てのタクシーがあるのでカタコトのタイ語で「ワットポー」といえば通じるのですが、街中ではそうもいきません。

事前にタイ語のボイスメモを用意しておくことをお勧めます。(下にあります)

Step1:手を上げてタクシーを止めよう

タイのタクシー乗車可能の見方

※タクシーは赤(もしくは緑)に光っているものが「空車」です。

Step2:タクシーが止まったら自分でドアを開けて行き先を告げよう

タクシー運転手と交渉

“シャワーキャップの女の子″
หมวกอาบน้ำ

『パイ ワットポー マイ カップ』
(ワットポーに行ってくれますか?)

 

タクシー 運転手″
運転手

『OK カップ』(OKの場合)

“タクシー
運転手

『NO』(NOの場合)
『マイ パイ カップ』(行かないです)

※行ってくれない場合や、無愛想に首を振るだけの運転手もいます。
(行ってくれない場合もあるのでその時は「OK」といって次のタクシーを待ちましょう)

“シャワーキャップの女の子″
หมวกอาบน้ำ

『パイ メーター ダイマイ カップ?』
(メーターで行ってくれますか?)

“タクシー
運転手

『OK カップ』(OKの場合)

※メーターで行ってくれない場合は、ぼったくり料金です。断ってメーターを使ってくれる別のタクシーを探しましょう。

“シャワーキャップの女の子″
หมวกอาบน้ำ

『コップン マ カップ』
(ありがとう)


Step3:メーターを押したか確認

タクシーに乗りスタートしたらメーターを押したか確認しましょう。メーターは押したら金額が赤く(黒い表示もある)表示されます。

タイ タクシー メーター

タイでは乗車拒否はあたりまえ!渋滞エリアや遠くに行く場合など、運転手によって断られる場合がたくさんありますが、タイ人同士でも当たり前のことなので次のタクシーを待ちましょう。

街中のタクシーに「ワットポー」に行きたい!といっても発音が間違っていたりすると通じないことがあります。ですので、そう行った場合もためにこちらの画像を見せる準備しておきましょう!

ワットポーに行きたい タイ語

タクシーで行く際のまとめ

タクシーのまとめ

  1. タクシーを捕まえる(赤もしくは緑に光っているもの)
  2. 行き先を告げる
  3. メーターを使用するか確認する
  4. OKなら乗る。NOなら次のタクシーを探す。
    (タクシーはたくさんあるので、簡単に引き下がってよし!)
  5. 出発したら、メーターを押したか確認。
    (押してなかったらメーターを指差して「メーターメーター」と言いましょう。)
  6. 降りる際にはありがとう「コップン カップ」とお礼をしましょう。

9)ホテルからタクシーで行く際に考慮しなければいけない渋滞

タイの渋滞

初めから全てタクシーで行く場合は、渋滞を考慮しなくてはいけません。

とくに、asok(アソーク)、スクンヴィット方面からだと、silom(シーロム)まで常に渋滞しているので、タクシーを使用するとかえって遅くなってしまう可能性があります。

ですので行く際は以下の3箇所からタクシーを乗ることをオススメします。

おすすめ1:最寄駅MRT「フアランポーン」(Hua Lanphong)からタクシー

フアランポーンからワットポー

MRT「フアランポーン」駅からだと3.8kmで約10分ほどで到着します。

おすすめ2:最寄駅MRT「シーロム」(silom)BTS「サラデーン」(Sala Daeng)からタクシー

シーロムからワットポー タクシー

MRT「シーロム」、BTS「サラデーン」からタクシーだと、9.2kmで約17分ほどで到着します。

おすすめ3:最寄駅BTS「サイアム」(Siam)、BTS「ナショナルスタジアム」(National Stadium)からタクシー

サイアムからワットポーまでの行き方 タクシー

BTS「サイアム」、BTS「ナショナルスタジアム」からだと、5.1kmで約13分ほどで着きます。

10)ワットポーへの行き方:水上バス

  1. 水上バスの流れBTS(シーロム線)サパーンタクシン駅からサトーン船着場まで歩く
    (徒歩1分)※行くまでにトイレがある
  2. 水上バスの駅:「サトーン船着場」到着後チケット売り場へ
  3. チケット購入
  4. 乗船
    (水上バスのフラッグに注意)
  5. ワットポーの駅で降りる:「No,8 ターティアン(Tha Tien)」→歩いてワットポーへ
    (駅から徒歩3分)
  6. ワットポー到着

Step1:水上バスの最寄駅へ行く

サパーンタクシンからワットポー

BTSのシーロム線「サパーンタクシン駅」(Saphan Taksin Station)

サパーンタクシン駅についたら②番出口へ向かいます。

サパーンタクシンの出口 水上バス方面

階段を降りて少し歩くとすぐに水上バス乗り場がみえてきます。

駅に着いた時には、「本当にここに川があるのか?」と水上バスがあるようには見えないのですが、階段を降りて行くと水上バス乗り場が見えてきます。

※②番出口の階段を降りて左側の公園内に無料のトイレがあります。ワットポーにもトイレはあるのですが、水上バス乗り場に行く前に行っておくことをおすすめします。

Step2:サトーン船着場まで行く

水上バスで「ワットポー」「ワットプラケオ」「ワットアルン」のいずれかに行く場合はサトーン船着場が起点になります。

サトーン船着場

水上バスは4路線ある

水上バスには

  • グリーンフラグボート
  • オレンジフラグボート
  • イエローフラグボート
  • ノーフラグボート

の4種類あります。

これは止まる駅の数によって値段などの種類がいくつかあり、それをそれぞれの船にある旗の色で見分けます。(普通、特急、快速特急のイメージでOK)乗る船によって価格が変わって来ます。

11)それぞれの水上バスの基本情報

オレンジフラッグボートの基本情報

営業日毎日運行
運行時間6:00~19:00
運賃14バーツ
主な停船駅
(観光スポット)
「ターティアン船着場(Tha Tien)」ワットポーがある駅
「ターチャン(Tha Chang)」ワットプラケオがある駅

ローカルライン(NO FLAG BOAT)の基本情報

営業日月~金
運行時間6:45~7:30 / 16:00~16:30
運賃9~13バーツ ※行き先によって異なる
主な停船駅
(観光スポット)
「ターティアン船着場(Tha Tien)」ワットポーがある駅
「ターチャン(Tha Chang)」ワットプラケオがある駅

グリーンフラッグボートの基本情報

営業日月~金
運行時間6:10~8:10 / 16:05~18:05
運賃13~32バーツ ※行き先によって異なる
主な停船駅
(観光スポット)
「ターチャン(Tha Chang)」ワットプラケオがある駅

イエローフラッグボートの基本情報

営業日月~金
運行時間6:15~8:20 / 16:00~20:00
運賃20バーツ
主な停船駅
(観光スポット)
「ターチャン(Tha Chang)」ワットプラケオがある駅

Step3:水上バスのチケット購入

水上バスのチケットは、サトーン船着場の乗り場にチケットカウンターがあるのでそこで購入します。

基本的に旅行者には案内の人間がすぐに話しかけてくれるので、案内の方に行き先を「ワットポー」と伝えれば、ワットポーまでのチケットの購入場所・値段などを教えてくれます。

水上バスの路線図

バンコク 水上バス 路線図

Step4:ワットポーの最寄駅「ターティアン船着場」で降りる

ワットポーの最寄駅はNo,8の「ターティアン(Tha Tien)船着場」です。

到着駅には看板が出ているので、『No,8』もしくは『ターティアン(Tha Tien)』をチェックしておきましょう。

12)まとめ

ワットポーに行くには、3つの種類があると説明しました。

電車+トゥクトゥクはこんな人におすすめ

  • タイに初めて来た人
  • トゥクトゥクに乗ったことがない人
  • タイを満喫したいが船は怖い

トゥクトゥクは料金は決して安くはありませんし、涼しくもありません。なのでタイを思いっきり満喫したい初めての人などにおすすめの行き方です。

タクシーはこんな人におすすめ

  • タイに何度も来ている
  • トゥクトゥクに乗ったことがある
  • 暑がり
  • 複数人

複数人で行く場合はタクシーはとても安くなります。なにより、涼しく、楽というのがいちばんのポイントでしょう。タイに何度も来てる人は間違いなくタクシーで行くことをお勧めします。

電車+船はこんな人におすすめ

  • タイを満喫したい
  • 色々な経験をしてみたい
  • タイをとてもよく知っている

タイを満喫したい方にはとてもおすすめの行き方です。そしてタイをよく知っている方でも水上バスはあまり経験がないかもしれません。なのでタイをよく知るという意味ではとてもおすすめの行き方です。


13)ワットポーに関するQ&A

【Q1】ワットポーってとんな寺院?ワットポーの魅力はどんなところ?

参考記事:ワットポーの魅力を解説!

【Q2】ワットポーの服装はどんな服装で行けばいい?禁止の服装があるって本当?

参考記事:ワットポーの服装や注意点!知っておくべきマナーとは?

【Q3】ワットポーでルーシーダットンがやりたい!

参考記事:ワットポーのルーシーダットンの参加方法

3大寺院を回ろう!おすすめの現地ツアー『TOP5』

3大寺院 ツアー

タイの3大寺院と呼ばれている『ワットポー』『ワットプラケオ』『ワットアルン』を観光する際に、自分でいろいろと調べてから行くのも良いのですが、ここでは『現地ツアー』で行くことをオススメします。

現地ツアーは行きも帰りはホテルからホテルまでの送迎があったり、なによりプランニングがしっかりとしているので、3大寺院を効率良く観光することができ、ガイドさん付き!旅行者はぜひ使用してほしい方法です!

ここでは、『バンコクの3大寺院に関するおすすめ現地ツアー』をいくつか厳選して紹介します。ここで紹介するツアーは信頼のある会社が運営しているツアーなので安心して利用することができます。

バンコク市内観光半日ツアー 定番3大寺院+人気のワットパクナム寺院<午前/送迎/日本語ガイド/ワットアルンを望む川沿いレストランでのタイランチ付プラン有>

ベルトラ 7230
予約サイト ベルトラ
料金
(プラン)
2100バーツ(7,567円)〜
ランチなしプラン
所用時間 6〜8.5時間
送迎 送迎あり
含まれるもの ・入場料
・日本語ガイド
プラン一覧

▷ランチなしプラン:2100バーツ(7,567円)
▷【ベテランガイド確約】ランチなしプラン:
2520バーツ(9,081円)
▷【ベテランガイド確約】ザ・デッキでのランチ付きプラン:
3000バーツ(10,810円)
▷ザ・デッキでのランチ付きプラン:
2500バーツ(9,009円)

ツアー内容:ランチなしプラン
3大寺院 ツアー
ツアー参加者の声

このツアーの予約サイト『ベルトラ』の公式ページからこのツアー参加者の体験談を見ることができます。詳しくは下記から!


アユタヤ遺跡+バンコク3大寺院+人気のワット・パクナム寺院 1日観光ツアー<ホテル送迎/ホテル内ビュッフェランチ>

ベルトラ 14652
予約サイト ベルトラ
料金
(プラン)
3400バーツ(12,294円)〜
基本プラン
所用時間 12〜13.5時間
送迎 指定ホテルお迎え/お送り
含まれるもの ・昼食ビュッフェ
・入場料
・日本語ガイド
・アクティビティ中の交通費
ツアー内容:基本プラン
3大寺院 アユタヤ ツアー
ツアー参加者の声

このツアーの予約サイト『ベルトラ』の公式ページからこのツアー参加者の体験談を見ることができます。詳しくは下記から!


バンコク市内半日観光ツアー 便利な早朝空港発プランあり<午前・午後/日本語ガイド/イサーン料理夕食付きプランあり>*午後プランは当日朝9時まで予約可能!

ベルトラ 12242
予約サイト ベルトラ
料金
(プラン)
1700バーツ(6,089円)〜
バンコク市内観光 午前コース
所用時間 4〜5.5時間
送迎 送迎あり
含まれるもの ・乗船費
・拝観料
・日本語ガイド
プラン一覧

▷バンコク市内観光 午前コース:1700バーツ(6,089円)
▷午前コース(ランチ&スワンナプーム空港お迎え付き):
3700バーツ(13,254円)
▷午後コース *当日朝9時まで予約可能!:
1700バーツ(6,089円)
▷午後コース (イサーン料理「ミス・サイアム」でのタイ料理ディナー付き)*当日朝9時まで予約可能!:
2590バーツ:(9,277円)

ツアー内容:バンコク市内観光 午前コース
3大寺院 ツアー
ツアー参加者の声

このツアーの予約サイト『ベルトラ』の公式ページからこのツアー参加者の体験談を見ることができます。詳しくは下記から!


【バンコク三大寺院 半日ツアー】タイ最高位の寺院ワットプラケオ、涅槃像のワットポー、ワットアルン <<日本語ガイド、ホテル送迎>>

タビナカ 7335
予約サイト タビナカ
料金
(プラン)
8000円〜
通常プラン
所用時間 4時間
送迎 ピックアップ付き
含まれるもの ・専用車
・各寺院への入場料
・日本語ガイド
・渡船代
ツアー内容:通常プラン
3大寺院 ツアー
ツアー参加者の声

このツアーの予約サイト『タビナカ』の公式ページからこのツアー参加者の体験談を見ることができます。詳しくは下記から!


バンコク市内半日観光三大寺院めぐり+アプサラ号ディナークルーズ<午後/送迎/日本語ガイド/タイ料理コース>

ベルトラ 160563
予約サイト ベルトラ
料金
(プラン)
4700バーツ(16,992円)〜
基本プラン
所用時間 5〜6時間
送迎 送迎あり
含まれるもの ・ミネラルウォーター
・入場料
・日本語ガイド
・おしぼり
・乗船費
・夕食
ツアー内容:基本プラン
3大寺院 ツアー
ツアー参加者の声

このツアーの予約サイト『ベルトラ』の公式ページからこのツアー参加者の体験談を見ることができます。詳しくは下記から!


3大寺院 ツアー

ツアー プランニング