タイの調味料『シーユーダム』とは!日本での代用方法は?

シーユーダム 代用
びじんトマト

タイの調味料『シーユーダム』をご存知でしょうか。『シーユー(醤油)ダム(黒)』で、「黒醤油」や「ダークソイソース」「ブラックソイソース」と呼ばれており、タイ料理に欠かすことのできない調味料のひとつです。

シーユーダム(ซีอิ๊วดำ)とは

シーユーダム

シーユーダムとは、多くのタイ料理に使用される調味料で黒い色をした醤油のことで、タイ料理においてなくてはならない調味料のひとつ。

意味は『シーユー(醤油)ダム(黒)』で、「黒醤油」「ダークソイソース」「ブラックソイソース」と呼ばれています。

シーユーダムの特徴といえば、日本の醤油のような甘みや風味があるので日本人にもなじみやすく、利用しやすい調味料のひとつです。

シーユーカオに糖蜜を加えたのがシーユーダム

タイの調味料に、日本の薄口醤油に似た調味料の『シーユーカオ』というものがあるのですが、このシーユーカオに糖蜜を加えて甘味を出したものがシーユーダムです。

シーユーダムは濃い黒蜜のように甘くてどろっとしており、独特の香りがあるので、少量入れるだけでコクが加わり照のある濃い色付けをすることができます

シーユーダムとシーユーカオの違い

シーユーカオ シーユーダム

<特徴>

シーユーダム:シーユーカオに糖蜜を加え甘味を出したもの。少量でコクが出て濃い色合いになる
シーユーカオ:日本の薄口醤油に似た調味料

<代用>

シーユーダム :「濃口醤油2」:「砂糖1」で近い味が再現できる
シーユーカオ:薄口醤油で代用可能だが、風味や香りがタイ風にならない

<使用方法>

シーユーダム:甘味と濃い色をつけたいとき
シーユーカオ:塩味をつけたいとき

※シーユーダムは『甘味と濃い色をつけたいとき』に、シーユーカオは『塩味をつけたいとき』に使用され、どちらかを使用するというよりもバランスを見ながら併用されることが多い調味料です。

シーユーダムには「ワン」「ケム」の2種類ある

シーユーダムには「シーユダムワーン」「シーユーダムケム」の2種類があり、シーユーダムワーンは甘口、シーユーダムケムは薄甘口と区別されます。

シーユーダムの使い方

シーユーダム

シーユーダムは日本のたまり醤油とみりんを合わせたような調味料で、料理の甘味をつけたいときや、コクを出したいときに使用されます。本場タイでは料理のコクと甘み付けや肉を煮込む際、炒め物をする際に使用します。

日本でも馴染みの深いタイ料理、「カオマンガイ」のつけダレや、「ガパオライス」や「パッタイ」の味付けなどに使用されます。

シーユーダムの代用方法とは

シーユーダムの簡単代用方法は、「濃口醤油2」:「砂糖1」で代用可能です。

運営者情報

現在はこの代用方法を使用しております。もっとおすすめの代用方法がある場合はぜひ教えてください!

シーユーダムはどこで購入可能?

シーユーダム

シーユーダムはタイではスーパーやコンビニなどどこでも購入可能ですが、日本のスーパーなどに置いてあることはほとんどありません。

日本で購入する際は、

・タイ料理食材店
・輸入食品店
・ネット

のいずれかで購入することができます。

ここではネットで人気の『シーユーダム』をいくつか紹介していきます。

<シーユーダムワーン>



<シーユーダムケム>


以上の商品がネットで購入できるおすすめのシーユーダムになります。ぜひ参考にしていただければ幸いです。


びじんトマト

関連記事

  1. ナンプラーとは

    ナンプラーとは!おすすめのナンプラーや『代用方法』とは

  2. シーズニングソース

    タイの調味料:シーズニングソースとは!代用方法も紹介

  3. タオチオ

    タイの調味料『タオチオ』とは!タオチオの代用方法は?

  4. シーユーカオ 代用

    タイの調味料『シーユーカオ』とは!日本での代用方法は?

  5. カピ

    タイの調味料:カピとは!日本での『購入場所』や代用方法は?

  6. タイ 調味料

    タイの調味料【一覧】お土産にも大人気のタイの調味料を紹介