タイ:ロングステイビザの取得・申請方法【最新版】

タイ ロングステイビザ

「住みたい国ランキング」で常に上位にランクインする国、タイ。温暖な気候や日本人が暮らしやすい環境が整っていることもあり、特にシニア世代の方で長期滞在を希望する方が多くいます。この記事では、50歳以上の日本人が日本で取得できる「ロングステイビザ」についてご紹介します。

1)タイのロングステイビザとは?

ビザの看板を持つ女性

ロングステイビザとは、タイに1年間滞在できる(更新可能)退職者向けのビザで、「ノンイミグラントO-Aビザ」などとも呼ばれています。ロングステイビザので現地での労働は許可されておらず、永住権とも異なります。

なお、このロングステイビザは、 日本で申請するビザです。同じく50歳以上を対象としたビザでリタイヤメントビザというものもありますが、こちらはタイで渡航前に取得するビザとして区別します。混同されやすいので、二つは別のものであるということにはご注意ください。

一般的にはタイで取得するリタイアメントビザの方が、以下に説明するロングステイビザよりも取得方法が簡素と言われています。

※同じく年齢条件は「50歳以上」ですが、タイ国内で取得するビザは「リタイヤメントビザ」と呼ばれ、以下の内容とは取得方法等が異なります。詳しくは【タイ リタイアメントビザ】の記事をご覧ください。

2)ロングステイビザの発行条件

タイのロングステイビザの取得条件は下記のようになっています。

(1)年齢要件

日本国籍もしくは日本永住ビザを所有し、50歳以上であること

(2)資産要件

下のいずれかの条件を満たしていること。

①80万バーツ(約280万円)以上の預金残高証明を提出できること
②毎月6万5000バーツ(約22万8000円)以上の年金受給証明を提出できること

※1バーツ≒3.5円計算。日本円の金額は、その時のレートによって異なります

このほかに、疾患歴や犯罪歴などによる基準もありますが、大きな基準としては上記の①年齢②資産の2点となります。

年齢を満たしていないが資産のみ条件を満たしている場合

なお、「年齢を満たしていないが、資産はある」という方の場合、このビザの発給資格にはなりませんが、別のビザを取得する方法もあります。ここでは説明はしませんが「投資家ビザ」や「エリートカード」などがあります。

3)タイのロングステイビザの申請方法

ビザスタンプとパスポート

(1)申請にあたり用意するもの

ロングステイビザの取得には、下記の書類や料金が必要です。

①資力証明書類:

上記の「資産要件」①②いずれかを英文で証明するもの(発行日より3カ月以内)

・公証人役場にて取得が可能
・費用は10,000円~程度

②無犯罪証明原本(英文):

・都道府県の警察本部にて取得し、日本の外務省にて認証を受ける
・費用は10,000円~程度

③英文健康診断書:

・日本の「国公立病院」にて発行されたものであること
・費用10,000円~程度

④英文経歴書・ビザ申請書 各3枚

大使館の所定用紙あり。ホームページからの出力も可

⑤写真4枚

⑥タイへの航空券もしくは予約確認書:

搭乗者名・入国日・便名の表記があるもの。(コピー可)

⑦有効なパスポート:

1年6カ月以上の有効期限および査証欄の余白1ページ以上あるもの

⑧申請料:20,000円

(2) 申請場所・期間

申請場所は3箇所あり、東京・大阪・名古屋にある在東京(在大阪)タイ王国大使館および総領事館で申請します。

<東京(在東京タイ王国大使館)>

住所:〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-6
最寄駅:目黒駅
申請時間:9:00~11:30 (要事前登録)
受領可能時間:2営業日後の14:00~15:00
HP:在東京タイ王国大使館

<大阪(タイ王国大阪総領事館)>

住所:〒541-0056 大阪市中央区久太郎町1丁目9番16号 バンコク銀行ビル4階
最寄り駅:地下鉄堺筋本町駅
申請時間:9:30~11:30 (要事前登録)
受領可能時間:翌営業日後の13:30~15:00
HP:タイ王国大阪総領事館

<名古屋(タイ王国名古屋名誉総領事館>

住所:名古屋市中区錦3丁目6番29号 興和ビル1階
最寄駅:地下鉄 栄駅もしくは久屋大通駅
申請時間:10:00~11:30, 13:30~15:30
受領可能期間:4営業日後の10:00~11:30, 13:30~15:30
HP:タイ王国名古屋名誉総領事館

(3)申請に関する注意点

①記載している受領可能日は、「申請時に書類および記入事項がすべてそろっており、問題がなかった場合のみ」に限ります。

②基本的には、申請者本人の出頭が必要です。

③ビザ申請は大変混雑していることがあります。余裕をもって行くことをおすすめします。

④タイの休祝日(日本の平日)にも大使館・総領事館は休館します。事前に必ず開館状況を確認してください。

4)ロングステイビザでの滞在可能期間

タイパスポートと飛行機

発給されたロングステイビザには、ビザの有効期限(1年間)が記載されています。今後さらに期限を延長する場合は、タイ国内にて更新の延長が可能です。

ビザの有効期限を絶対に超過しないように期日忘れには十分ご注意ください。

5)この記事のまとめ

いかがでしたか? ロングステイビザの取得を検討している皆さんに少しでもお役に立てていたら幸いです。

なお、制度の内容や条件は予告なく変更されることがあります。必ずご自身で最新情報を確認の上、必要に応じてしかるべき機関へ問い合わせるようにしましょう。

証明書の発行や申請には、時間もお金もかかります。十分な余裕を持ったうえで準備をするようお気をつけください。

このロングステイビザの書類審査はたいへん厳しいといわれているため、タイに入国してから現地でリタイヤメントビザを取得する方が手間はかかりません。リタイヤメントビザも選択肢として検討する価値はあるでしょう。

無事にビザを取得し、快適なタイでの生活を送れることを祈っています!




タイ Wi-Fi




タイ 現地ツアー

 

 

 




タイNavi