ワットポーの服装の注意点!守るべき5つのマナーとは?

ワットポー 服装

タイの寺院の中で最も有名な寺院のひとつ「ワットポー」ですが、ワットポーに行くにあたり知っておかなければいけない「服装事情」と「寺院内でのマナー」があります。ここではそんな服装事情やマナーを解説していきます。

1)ワットポーの基本情報

正式名称ワットプラチェートゥポンウィモンマンカラーラーム=ラーチャウォーラマハーウィハーン
名称(英語)ワット ポー (Wat Pho)
住所2 Sanamchai Road, Grand Palace Subdistrict, Pranakorn District, Bangkok
営業時間8:30〜18:30
料金拝観料:100バーツ(120cm以下の子供は無料)

2)タイの寺院で守らねければいけないマナーや禁止行為

90%の国民が仏教徒というタイ。信仰の深い信者が多いことで有名なタイですが、その観光名所となるのもやはり寺院でしょう。

(1)露出度の高い服は着用しない

タイは1年中暑い国ですが、寺院内はとても神聖な場所なので露出度の高い服の着用はマナー違反となります。

タンクトップやノースリーブなどの肩が出るものや、短パンなどの足が出ている服装は基本的にNGです。その中でもワットプラケオは「タイ最高の地位の格式を誇る王室の守護寺」なのでチェックはとても厳しいです。

(2)女性は僧侶に絶対に触れてはいけない

タイの僧侶と女性

厳格な戒律があるタイの仏教。

タイの僧侶(お坊さん)は日本の僧侶とは異なり、結婚はできず、不浄なものということで女性に触れることができません。僧侶が女性に触れてしまうと今まで積んで来た徳が全て飛んでしまうと考えられています。

バスや電車、道路などで僧侶を見かけると思いますが、女性はなるべく近くに立たないようにしましょう。

(3)女性は仏像に触れてはいけない

仏像に祈る女性

女性は仏像に触れてはいけないので、寺院の中では振る舞いに注意が必要です。

ただし、タイの寺院では仏像に金箔を貼ったりするのですが、それは女性も行うことができるので、その時は仏像に触れても問題ありません。

(4)仏像より高い場所に位置しない

仏像に祈る女性

仏像よりも高い場所に立ってはいけません。

(5)建物に入るときは履物を脱ぐ

本堂などの建物に入る場合は履物を脱ぎます。脱ぎ方などはお寺によって異なりますが、入り口で履物を脱いでから入るようにしましょう。

3)ワットポーの服装で禁止の服装

ワットポー 服装 女性

【女性のNG服装一覧】

 

上半身

  • タンクトップ
  • キャミソール

下半身

  • ショートパンツ
  • ミニスカート

足元

  • サンダル
  • ヒール

小物

  • サングラス
  • 帽子
ワットポー 服装 男性

基本的に膝・肩を出す服装がNGとなっています。

【男性のNG服装一覧】

 

上半身

  • タンクトップ
  • 派手な柄のシャツ

下半身

  • 短パン

足元

  • サンダル

小物

  • サングラス
  • 帽子

チェックが厳しいのは「寝釈迦像」エリア

ワットポーで厳重に服装チェックがあるのは寝釈迦像の建物の入り口です。ふさわしくない服装の場合はその場でうわぎ(羽織もの)の貸し出しが行われています。(無料)

そのほかのエリアでは観光客が多いこともあり、半袖短パンや、女性はショートパンツ・タンクトップの女性などもいます。

靴は脱ぎ履きがしやすいものを選ぼう

靴を履く女性

寺院では建物に入る際は履物を脱ぎます。

ワットポーの観光では少なくとも2,3回は靴の脱ぎ履きをすることになるでしょう、そのため脱ぎ履きしやすい靴で観光することをおすすめします。

4)この記事のまとめ

  1. ワットポーの基本情報
  2. タイの寺院で守らなければいけないマナー
    ・露出度の高い服は着用しない
    ・女性は僧侶に触れてはいけない
    ・女性は仏像に触れてはいけない
    ・仏像より高い場所に位置しない
    ・建物に入るときは靴を脱ぐ
  3. ワットポーの服装で禁止のもの
    ・女性NG集
    ・男性NG集

5)ワットポーに関するQ&A

■ワットポーの魅力が知りたい!

:ワットポーの魅力を解説!

■ワットポーに行きたいけど行き方がわからない!オススメの行き方は?

:ワットポーの行き方を解説!

■ワットポーでルーシーダットンに参加してみたい!

:ワットポーのルーシーダットンの参加方法

3大寺院を回ろう!おすすめの現地ツアー『TOP5』

3大寺院 ツアー

タイの3大寺院と呼ばれている『ワットポー』『ワットプラケオ』『ワットアルン』を観光する際に、自分でいろいろと調べてから行くのも良いのですが、ここでは『現地ツアー』で行くことをオススメします。

現地ツアーは行きも帰りはホテルからホテルまでの送迎があったり、なによりプランニングがしっかりとしているので、3大寺院を効率良く観光することができ、ガイドさん付き!旅行者はぜひ使用してほしい方法です!

ここでは、『バンコクの3大寺院に関するおすすめ現地ツアー』をいくつか厳選して紹介します。ここで紹介するツアーは信頼のある会社が運営しているツアーなので安心して利用することができます。

バンコク市内観光半日ツアー 定番3大寺院+人気のワットパクナム寺院<午前/送迎/日本語ガイド/ワットアルンを望む川沿いレストランでのタイランチ付プラン有>

ベルトラ 7230
予約サイト ベルトラ
料金
(プラン)
2100バーツ(7,567円)〜
ランチなしプラン
所用時間 6〜8.5時間
送迎 送迎あり
含まれるもの ・入場料
・日本語ガイド
プラン一覧

▷ランチなしプラン:2100バーツ(7,567円)
▷【ベテランガイド確約】ランチなしプラン:
2520バーツ(9,081円)
▷【ベテランガイド確約】ザ・デッキでのランチ付きプラン:
3000バーツ(10,810円)
▷ザ・デッキでのランチ付きプラン:
2500バーツ(9,009円)

ツアー内容:ランチなしプラン
3大寺院 ツアー
ツアー参加者の声

このツアーの予約サイト『ベルトラ』の公式ページからこのツアー参加者の体験談を見ることができます。詳しくは下記から!


アユタヤ遺跡+バンコク3大寺院+人気のワット・パクナム寺院 1日観光ツアー<ホテル送迎/ホテル内ビュッフェランチ>

ベルトラ 14652
予約サイト ベルトラ
料金
(プラン)
3400バーツ(12,294円)〜
基本プラン
所用時間 12〜13.5時間
送迎 指定ホテルお迎え/お送り
含まれるもの ・昼食ビュッフェ
・入場料
・日本語ガイド
・アクティビティ中の交通費
ツアー内容:基本プラン
3大寺院 アユタヤ ツアー
ツアー参加者の声

このツアーの予約サイト『ベルトラ』の公式ページからこのツアー参加者の体験談を見ることができます。詳しくは下記から!


バンコク市内半日観光ツアー 便利な早朝空港発プランあり<午前・午後/日本語ガイド/イサーン料理夕食付きプランあり>*午後プランは当日朝9時まで予約可能!

ベルトラ 12242
予約サイト ベルトラ
料金
(プラン)
1700バーツ(6,089円)〜
バンコク市内観光 午前コース
所用時間 4〜5.5時間
送迎 送迎あり
含まれるもの ・乗船費
・拝観料
・日本語ガイド
プラン一覧

▷バンコク市内観光 午前コース:1700バーツ(6,089円)
▷午前コース(ランチ&スワンナプーム空港お迎え付き):
3700バーツ(13,254円)
▷午後コース *当日朝9時まで予約可能!:
1700バーツ(6,089円)
▷午後コース (イサーン料理「ミス・サイアム」でのタイ料理ディナー付き)*当日朝9時まで予約可能!:
2590バーツ:(9,277円)

ツアー内容:バンコク市内観光 午前コース
3大寺院 ツアー
ツアー参加者の声

このツアーの予約サイト『ベルトラ』の公式ページからこのツアー参加者の体験談を見ることができます。詳しくは下記から!


【バンコク三大寺院 半日ツアー】タイ最高位の寺院ワットプラケオ、涅槃像のワットポー、ワットアルン <<日本語ガイド、ホテル送迎>>

タビナカ 7335
予約サイト タビナカ
料金
(プラン)
8000円〜
通常プラン
所用時間 4時間
送迎 ピックアップ付き
含まれるもの ・専用車
・各寺院への入場料
・日本語ガイド
・渡船代
ツアー内容:通常プラン
3大寺院 ツアー
ツアー参加者の声

このツアーの予約サイト『タビナカ』の公式ページからこのツアー参加者の体験談を見ることができます。詳しくは下記から!


バンコク市内半日観光三大寺院めぐり+アプサラ号ディナークルーズ<午後/送迎/日本語ガイド/タイ料理コース>

ベルトラ 160563
予約サイト ベルトラ
料金
(プラン)
4700バーツ(16,992円)〜
基本プラン
所用時間 5〜6時間
送迎 送迎あり
含まれるもの ・ミネラルウォーター
・入場料
・日本語ガイド
・おしぼり
・乗船費
・夕食
ツアー内容:基本プラン
3大寺院 ツアー
ツアー参加者の声

このツアーの予約サイト『ベルトラ』の公式ページからこのツアー参加者の体験談を見ることができます。詳しくは下記から!


3大寺院 ツアー


関連記事

  1. ワットポー 見所

    ワットポー!涅槃像を10倍楽しく観光できる記事!

  2. ワットポー 行き方

    初心者でも簡単!ワットポーの行き方3種類を解説

  3. ルーシーダットン 行き方

    ワットポー!ルーシーダットンの行き方や参加方法



タイ Wi-Fi




タイ 現地ツアー

 

 

 




タイNavi