タイ料理:カオカームー(ข้าวขาหมู)

カオカームーは、中華風に煮込んだ豚肉や豚足をご飯の上にかけた『豚足煮込みご飯』です。とろみが濃厚でコラーゲンたっぷりなので美容と健康にもばっちり。タイ料理のでも辛くなく、日本人観光客でも安心して食べることができる人気タイ料理です。


カオカームーの基本情報

カオカームー
料理名 カオカームー(ข้าวขาหมู)
英語名 Thai stewed pork leg rice
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
意味 カオ:お米、カー:足、ムー:豚
特徴 タイ風豚足煮込みごはん
辛さ ★(辛くないタイ料理)

カオカームー(豚足煮込みご飯)とはどんな料理?

カオカームー

カオカームーは、中華風に煮込んだ豚肉や豚足をご飯の上にかけた『豚足煮込みご飯です。

豚足の味付けはカイパロー(豚肉と卵の煮物)とほぼ同じで、醤油と砂糖、ニンニク、パクチーの根の他に、シナモン、八角など中華系のスパイスでじっくりと煮込みます。

カオカームーは辛くないのが特徴で、タイ料理の辛さが苦手な日本人でも安心して食べることができる人気料理です。

そのままだと少々くどい味付けもご飯と付け合せの青菜で中和されてとても美味しくいただけます。

注文時に『皮あり』か『皮なし』を聞かれますので油っぽいのが苦手な人は皮なしを注文することをおすすめします。

カオカームーはどこで食べることができる?

カオカームー

カオカームーは、

・屋台
・フードコート
・ローカル食堂

などの庶民的な食堂で食べることができるのはもちろん、高級タイ料理店などでも食べることができるほど広く普及しています。

カオカームーは大鍋で豚足を大量に煮込まなくてはならず手間がかかるので、カオカームー単品で商売をしている専門店や屋台がたくさんあるので、せっかくならカオカームーの専門店がおすすめです。

どの店でも豚足と一緒に煮込んだ卵をオプションで注文できますので、忘れずに注文しましょう。

お持ち帰りでタイ気分を味わおう!

カオカームー

タイでの食事といえばやはり屋台ですよね。

屋外で食事をするのは気分のいいものですが、ただしタイの屋台は食べるスペースがない場合も多く、市場や大通りは特にそうです。

 そういう時は迷わずにお持ち帰りにしてもらいましょう!

旅行中はやはりお店でちゃんと食事をしたいものかもしれませんが、夜ホテルで持ち帰りしたお惣菜を食べるのも、なんだかタイの住民になった気分で楽しくなれるのでおすすめです。

持ち帰りをしたい場合は『アオ グラップ バーン』と言いましょう。

関連記事

  1. カオチェー

    タイ料理:カオチェー(ข้าวแช่)

  2. タイ料理:カオクルックカピ(ข้าวคลุกกะปิ)

  3. カオパットナムリアップ

    タイ料理:カオパットナムリアップ(ข้าวผัดหนำเลี๊ยบ)

  4. タイ料理:ジョーク(โจ๊ก)

  5. カオパットトムヤム

    タイ料理:カオパットトムヤム(ข้าวผัดต้มยํา)

  6. カオクア

    タイ料理:カオクア(ข้าวคั่ว)とは!簡単な【作り方】も解説

  7. タイ料理:カオムーデーン(ข้าวหมูแดง)

  8. タイ料理:カオトム(ข้าวต้ม)

  9. タイ料理:カオムークロープ(ข้าวหมูกรอบ)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事