タイ料理:ガパオ(กะเพรา)


ガパオとは

料理名 ガパオ(กะเพรา)
英語名 Thai stir-fried minced pork with basil
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
金額 20~80バーツ(約60〜240円)
意味 ガパオ:ハーブ(ホーリーバジル)
特徴 ひき肉のバジル炒め
辛さ ⭐〜⭐⭐⭐(辛いタイ料理)

ガパオライスとはどんな料理?

ガパオライスは日本語で「バジル(ホーリーバジル)炒めご飯」で、タイではと一般的な馴染みの深い料理なので、どこの食堂にもあるタイの国民食です。 

日本では鶏肉を使用したものが一般的ですが、タイでは鶏肉だけではなく豚肉や魚介など様々な食材が使用されます。

作り方はとてもシンプルで、唐辛子とニンニク、ひき肉を強火で炒めたら、ナンプラーや砂糖で味付けをします。

そして肝心なのがホーリーバジルです。日本では、ガパオ(ホーリーバジル)はなかなか手に入らないため、スウィートバジルで代用しているものがほとんどなので、日本で食べているガパオライスは本場タイでのガパオライスでは若干異なります。

基本的に具材はひき肉とバジルだけですから、バジルはケチらずにドサっと入れて欲しいものです。お店によってはいんげんを入れる場合もあります。

ガパオはどこで食べることができる?

ガパオはまさにタイの庶民の味の王様ですから、文字通りタイ全国どこでも食べられます。屋台でも高級なレストランでも、まず作っていないお店の方が少ないでしょう。おかずとしてガパオ単体で食べる場合もありますが、ご飯の上に乗せて食べる「ガパオライス」の方が一般的です。

またガパオライスは必ずといっていいくらい、カイダオ(目玉焼き)をセットで食べます。カイダオはオプションなので、注文を忘れないようにしましょう。

知っておきたい!ガパオの注文方法

バジルを炒める料理全般を “パットガパオ “、もしくはシンプルに“ガパオ “といい、中に入れる具によって呼び方が変わります。

鶏ひき肉は、 “パットガパオガイ” といい、豚ひき肉であれば“パットガパオムー”です。このように「パットガパオ+具材」で注文するということを覚えておくと便利です。

日本では聞き慣れている「ガパオライス」という言葉ですが、タイ語にすると「ハーブご飯」!これでは店員さんに伝わらないため、「鶏肉のガパオライスを食べたい」と伝えなければいけません。

そんな時に必要な言葉が…

パッ   :炒める
ガパオ  :ガパオ
ガイサップ:鶏

なので、「パッ ガパオ ガイ」と注文しましょう。 豚肉を食べたい場合は「ガイ(鶏)」を「ムー(豚)」に変更するだけです。

食材 発音の仕方 音声

(ひき肉)
パット ガパオ ガイサップ (ผัดกระเพราไก่)

(ひき肉)
パット ガパオ ムーサップ (ผัดกระเพราหมูสับ)
パット ガパオ ヌア (ผัดกระเพราเนื้อ)
イカ パット ガパオ プラムック (ผัดกระเพาปลาหมึก)
エビ パット ガパオ クン (ผัดกระเพรากุ้ง)

 

関連記事

  1. タイ料理:カオパット(ข้าวผัด)

  2. カオナーガイ

    タイ料理:カオナーガイ(ข้าวหน้าไก่)

  3. タイ料理:カオムーデーン(ข้าวหมูแดง)

  4. カオパットアメリカン

    タイ料理:カオパットアメリカン(ข้าวผัดอเมริกัน)

  5. タイ料理:ジョーク(โจ๊ก)

  6. タイ料理:カオクルックカピ(ข้าวคลุกกะปิ)

  7. カオニャオ

    タイ料理:カオニャオとは!【美味しい炊き方も解説】

  8. タイ料理:カオムークロープ(ข้าวหมูกรอบ)

  9. カオホーバイブア

    タイ料理:カオホーバイブア(ข้าวห่อใบบัว)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事