タイ料理:カオクルックカピ(ข้าวคลุกกะปิ)

タイ料理「カオクルックカピ」とは「カピ(シュリンプペースト)」の混ぜご飯です。カピというオキアミや小エビに塩を加え発酵させた調味料でご飯を炒め、様々な具材を混ぜていく料理です。辛くないタイ料理なので、辛いのが苦手な方におすすめの一品となっています。

カオクルックカピの基本情報

カオクルックカピ
料理名 カオクルックカピ(ข้าวคลุกกะปิ)
英語名 >Shrimp paste fried rice
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
意味 カオ:ごはん、クルック:混ぜる、カピ:エビ調味料
特徴 カピ(エビ調味料)のチャーハン
辛さ ★~★★(辛くないタイ料理)

カオクルックカピとはどんな料理?

カオクルックカピ

カオクルックカピは、カピ(小エビから作る発酵調味料)を使ったタイ風チャーハンです。

カピはそのままだとかなり強烈な臭いがしますが、火を十分に通すことで、何ともいえないまさにタイ風味に変化します。(カピについては後に記載)

カピチャーハンと一緒にたくさんの具材、

  • 鶏肉
  • 豚肉
  • 唐辛子
  • 赤玉ねぎ
  • 青パパイヤ
  • 錦糸卵

などが皿に盛られて出てくるので、それらをお好みで混ぜて食べるのがカオクルックカピの食べ方です。

そして仕上げにライムを絞ってかけるのがカオクルックカピを美味しく食べるポイント!

なかなか日本では味わうことができないテイストのカオクルックカピ、タイに来たら絶対に食べておきたいたい料理のひとつです!

カオクルックカピはどこで食べることができる?

カオクルックカピ 屋台

カオクルックカピは有名なタイ料理ですが、カオパット(タイ風チャーハン)となど比べるとメニューにないお店もあるので事前の下調べはしておきましょう。

屋台でも食べることができますが、どちらかというと綺麗な食堂やレストランで食べる料理です。

屋台や市場などではパックに詰められたお持ち帰り用のカオクルックカピが売られていることもあります。

カオクルックカピはお店によって結構価格差がある料理なので、綺麗なレストランでは150バーツ(450円)程度の予算は見ておいた方がいいでしょう。

タイ料理でよく使われる調味料「カピ」とは?

カピ

カピ(กะปิ)とは、小エビやオキアミを塩漬けにして発酵させて作った調味料で、英語では「SHRIMP PASTE(シュリンプペースト)」と呼ばれています。

同じようなタイの発酵調味料ナンプラー(魚醤)は液体、プラーラー(小魚の発酵調味料)はドロっとした半固体ですがカピはペースト状です。

イメージとしては臭いのきついアンチョビでしょうか…。

カレーや炒める料理のダシとして頻繁に使われる調味料なので、いつものチャーハンがアジアン風味になること間違いなしです!

カピを使ってアジアン風味をだしたい方は日本でもカピを購入できるので、ぜひいつものチャーハンにカピを混ぜてみてください!


\ すべてのタイ料理をみる /

タイ料理【一覧】

関連記事

  1. タイ料理:ジョーク(โจ๊ก)

  2. カオパットトムヤム

    タイ料理:カオパットトムヤム(ข้าวผัดต้มยํา)

  3. カオパットアメリカン

    タイ料理:カオパットアメリカン(ข้าวผัดอเมริกัน)

  4. タイ料理:カオムークロープ(ข้าวหมูกรอบ)

  5. カオタンナータン

    タイ料理:カオタンナータン(ข้าวตังหน้าตั้ง)

  6. カオムーデーン

    タイ料理:カオムーデーン(ข้าวหมูแดง)

  7. カオナーガイ

    タイ料理:カオナーガイ(ข้าวหน้าไก่)

  8. カオニャオ

    タイ料理:カオニャオとは!【美味しい炊き方も解説】

  9. タイ料理:カオカームー(ข้าวขาหมู)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事