ヤムカイトム

タイ料理:ヤムカイトム(ยำไข่ต้ม)

タイ料理「ヤムカイトム」とは!ヤムカイトムは、『ゆで卵のヤム(サラダ)』です。赤玉ねぎのスライスを一緒に入れて、ナンプラーやレモングラス、唐辛子、ライムなどで和えます。レモングラスとライムの酸味が、普通のゆで卵をかなり美味しく仕上げてくれます。お好みでナスなど他の野菜を入れてもグッド!

ヤムカイトムの基本情報

料理名 ヤムカイトム(ยำไข่ต้ม)
英語名 Thai spicy boiled egg salad
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン
意味 ヤム:和える、カイトム:ゆで卵
特徴 ゆで卵のサラダ
辛さ ★★★(辛いタイ料理)

ヤムカイトムとはどんな料理?

ヤムカイトムは、簡単に言うと『ゆで卵のヤム(サラダ)』です。

赤玉ねぎのスライスを一緒に入れて、ナンプラーやレモングラス、唐辛子、ライムなどで和えます。

レモングラスとライムの酸味が、普通のゆで卵をかなり美味しく仕上げてくれます。

お好みでナスなど他の野菜を入れてもグッド!

ヤムカイトムはメインのおかずではありませんが、何かもう1品欲しい時に最適の料理です。

同じレシピで目玉焼きを使った「ヤムカイダーオ」も有名なので、機会があればぜひ試してみてください。

タイ料理「ヤムカイダーオ」とは

ヤムカイトムはどこで食べることができる?

ヤムカイトムはやはり「ヤム(サラダ)」の専門屋台で食べるのが1番おすすめです。

どうしても旅行中は野菜が不足しがちですが、お好みの野菜を増やしてもらえばとてもヘルシーな一品になります。

「カオトムプイ」と呼ばれるおかゆ屋台もおすすめです。

ヤムカイトムはおかゆとの相性がバッチリなので、ぜひ試してみてください。

もし売っていたら試してもらいたいのが、カイトムの代わりに塩味をつけた “カイケム “ を使った「ヤムカイケム」です。

こちらもまた美味しいのでおすすめです。

朝食から夜食まで!タイのおかゆ屋台「カオトムプイ」

中華の影響が強いタイではおかゆをよく食べます。

日本では病気の時に食べるものという扱いですけれども、タイではお惣菜と一緒に、朝食におかゆを食べるのがごく一般的です。

夜食としても根強い人気があり、24時間営業しているお店もあるくらいです。

さながら日本のラーメンのように、お酒を飲んだ後のシメにおかゆを食べてから帰宅するのがタイ流です。

その代わり昼食におかゆを食べる人は少ないので、日中は閉まっているお店が多いので、食べに行くなら朝か夜にしましょう。



⇓ すべてのタイ料理をみる ⇓

タイ料理【一覧】

関連記事

  1. タイ料理:タップワーン(ตับหวาน)

  2. ヤムムー

    タイ料理:ヤムムー(ยำหมู)

  3. カオヤム

    タイ料理:カオヤム(ข้าวยำ)

  4. ヤムプラトゥー

    タイ料理:ヤムプラトゥー(ยำปลาทู)

  5. タイ料理:ヤムソムオー(ยำส้มโอ)

  6. タイ料理:ソムタムプー(ส้มตำปู)

  7. ソムタムタイ

    タイ料理:ソムタムタイ(ส้มตำไทย)

  8. タイ料理:ヤムウンセン(ยำวุ้นเส้น)

  9. タイ料理:プラークン(พล่ากุ้ง)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事




Warning: realpath(): open_basedir restriction in effect. File(/tmp) is not within the allowed path(s): (/home/thainavi/thailand-navi.com/) in /home/thainavi/thailand-navi.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 2124