タイ料理:タップワーン(ตับหวาน)

『タップワーン』はタイの東北部イサーンの郷土料理で、豚肉のレバーをナンプラー、ライム、ハーブなどで和えた料理です。タップ=レバーとありますが、タップワーンは『サラダ』という位置付けのタイ料理です。


タップワーンの基本情報

タップワーン
料理名 タップワーン(ตับหวาน)
英語名 Pork liver spicy salad
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
意味 タップ:レバー、ワーン:甘い
特徴 レバーピリ辛サラダ
辛さ ★★〜★★★(少し辛いタイ料理)

タップワーンとはどんな料理?

タップワーン

タップワーンはタイ東北地方イサーンの料理で、豚レバーをナンプラー、ライム、唐辛子、ハーブなどで和えたピリ辛サラダです。

ワーンとは“甘い”という意味ですが、タップワーンの味付け自体は特別に甘いというわけではなく、少し甘辛い料理です。

とびきり辛いものが多いイサーン料理の中で、タップワーンは日本人でも安心して食べられるマイルドな辛さの料理です。

タップワーンはどこで食べることができる?

タップワーン

元々はタイ東北地方イサーンで盛んに食べられていましたが、今ではタイ全土で当たり前のように食べることができ、バンコクなどの大都市でも人気がある料理です。

屋台やローカル食堂、レストランなどたくさんのところで食べることができるタップワーンですが、店によっては酸味がきついこともあるので注意が必要です。

基本的に半生のレバーのプリプリ感を楽しむ料理なので、できるだけ清潔で人気のある食堂などで食べるのをおすすめします。

バンコクでも人気! イサーンサラダ『ラープ』

タップワーン

ラープというのは、肉や魚をナンプラー、ライム、唐辛子、ハーブ、煎り米粉などで和えたスパイシーなサラダのことをいいます

ラープガイ(鶏)』『ラープムー(豚)』『タップワーン』もラーブの一種といえるでしょう。

日本ではあまり馴染みのないハーブや煎り米粉が、独特の味と香りを醸し出していて、酸味と辛味のバランスが人気のイサーン料理です。

メインには鶏、豚、牛など、色々な肉を使いますが、じつは、タイでは以前、生の豚肉のラープを食べて死亡してしまった例があります。

私たち日本人は、もしラープをすすめられたら生かどうかを確認してから食べるようにしましょう

⬇︎⬇︎⬇︎


関連記事

  1. タイ料理:ミヤンカム(เมี่ยงคำ)

  2. ネームクルック

    タイ料理:ネームクルック(แหนมคลุก)

  3. ナムプリックヌム

    タイ料理:ナムプリックヌム(น้ำพริกนุ่ม)

  4. ソムタム

    タイ料理:ソムタム(ส้มตำ)

  5. ラープペッ

    タイ料理:ラープペッ(ลาบเป็ด)

  6. カイモッデーン

    タイ料理:カイモッデーン(ไข่มดแดง)

  7. タイ料理:プラークン(พล่ากุ้ง)

  8. ヤムクンテン

    タイ料理:ヤムクンテン(กุ้งเต้น)

  9. ヤムカイトム

    タイ料理:ヤムカイトム(ยำไข่ต้ม)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事