ソムタムスワ

タイ料理:ソムタムスワ(ส้มตำซั่ว)

タイ料理:ソムタムスワとは、ソムタムラオをベースににカノムジン(タイのそうめん)を入れたタイのサラダ。 カノムジーンはタイのそうめんのようなもので、コメを発酵させて作ったものです。


ソムタムスワの基本情報

ソムタムスワ
料理名 ソムタムスワ(ส้มตำซั่ว)
英語名 Thai spicy papaya salad with rice noodle
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
意味 ソム=酸っぱい タム=叩く スワ=
特徴 そうめん入り青パパイヤサラダ
辛さ ★★★~★★★★(辛いタイ料理)

ソムタムスワとはどんな料理?

ソムタムスワとは、タイ東北部イサーン地方の有名料理であるソムタムラオ(青パパイヤのサラダ)をベースに、カノムジーンと呼ばれるタイのそうめんのようなものを和えた料理です。

ナンプラーやニンニク、トマト、ライム、ココナツシュガーなどで味付けをした、甘辛く酸っぱい味が特徴です。

カノムジーンはそうめんと表現しましたが、厳密にいえばそうめんとは似て非なるものです。

日本のそうめんは小麦粉から作られますが、カノムジーンは米粉を発酵させて作ります。

ソムタムスワはどこで食べることができる?

ソムタムスワ

ソムタムスワはイサーン料理店であれば、どこでも食べることができます。

もちろんイサーン地方以外にもイサーン料理店はたくさんあるので、タイ全土どこでも食べられるといっていいでしょう。

ただ、最も有名なソムタムタイなどに比べると、少しマイナーなソムタムなので、ソムタム専門の食堂や屋台が1番安心かもしれません。

もし見つかれば、街中やマーケットなどにあるソムタム専門屋台もおすすめです。

似ているようで違う、カノムジーンとセンミー

カノムジーン

カノムジーンと同じ米粉の麺に「センミー」があります。

米粉の麺をタイではクイッティアオと呼びますが、クイッティアオは麺の太さによって呼び名が違います。

その中で1番細くてカノムジーンと同じくらいの太さの麺が、センミーです。

同じ米粉で太さも似ていますが、大きく違うのは、カノムジーンは発酵させた麺ということで、食感もツルンとした食感ではなく、モチっとしています。

そうめんと思って食べるとびっくりするかもしれませんが、ソムタムとの相性はバッチリです。

カノムジーンは、慣れるときっと大好物の1品になること間違いなし!

関連記事

  1. タムテン

    タイ料理:タムテン(ตำแตง)

  2. ヤムタクライ

    タイ料理:ヤムタクライ(ยำตะไคร้)

  3. ヤムフームー

    タイ料理:ヤムフームー(ยำหูหมู)

  4. タイ料理:ムーマナオ(หมูมะนาว)

  5. ソムタム

    タイ料理:ソムタム(ส้มตำ)

  6. ソムタムタイ

    タイ料理:ソムタムタイ(ส้มตำไทย)

  7. タイ料理:プラークン(พล่ากุ้ง)

  8. ヤムクンテン

    タイ料理:ヤムクンテン(กุ้งเต้น)

  9. タイ料理:ソムタムラーオ(ส้มตำลาว)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事