タイ料理:カオムーデーン(ข้าวหมูแดง)


カオムーデーン(タイ風焼き豚のせご飯)とは

料理名 カオムーデーン(ข้าวหมูแดง)
英語名 Thai roasted red pork with rice
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
金額 3080バーツ(約90240円)
意味 カオ=ご飯
ムー=豚
デーン=赤
特徴 タイ風焼き豚のせご飯
辛さ ⭐(辛くないタイ料理)

カオムーデーンとはどんな料理?

カオムーデーンは簡単にいうと、焼き豚のせご飯なのですが、日本のラーメン屋で出てくるも焼き豚を想像するとびっくりします。

赤い皮の焼き豚と一緒にカリッと揚げた豚肉や、ゆで卵などがセットで乗せられて、そこに赤いドロっとしたソースが、たっぷりとかけられてきます。

中華系の料理らしくソースは八角が効いていて、甘酸っぱい味がします。このソースが味の決め手ですので、好みのお店を見つけるのがポイントです。

カオムーデーンはどこで食べることができる?

カオムーデーンはタイの庶民の味の代表的料理です。レストランよりは絶対に屋台や素朴な食堂の方が合います。お持ち帰り料理としても人気があるので、気軽に買って帰って夜食にいただくのもいいかもしれません。

お店によって、ソースの色や味、かける量がまったく違ってくるので、事前にガイドブックやインターネットで、自分好みの見た目のカオムーデーンをリサーチしておくことがお勧めです。

カオムーデーンとセットでいかが? 『バミームーデーン』

バミー屋(ラーメン)の軒先にチャーシューが吊るされていたら、まず間違いなくカオムーデーンを食べることができます。

カオムーデーンと一緒に食べるのにお勧めなのが、「バミームーデーン」です。バミーとは小麦粉の麺のことで、ほとんど日本のチャーシュー麺と同じだと思って間違いありません。

カオムーデーンの甘いソースは苦手な人もいますが、バミームーデーンを嫌いな人はいないはずです。

日本ではラーメンがメインで、サイドメニューとしてチャーシュー丼が出てきますが、バミームーデーンは量が少なめなので、カオムーデーンだけではちょっと足りないなという時にピッタリの料理です。



関連記事

  1. カオパットアメリカン

    タイ料理:カオパットアメリカン(ข้าวผัดอเมริกัน)

  2. タイ料理:カオジー(ข้าวจี่)

  3. タイ料理:カオ・オップ・サパロット(ข้าวอบสับปะรด)

  4. タイ料理:カオマンガイ(ข้าวมันไก่)

  5. タイ料理:カオ・クルック・カピ(ข้าวคลุกกะปิ)

  6. タイ料理:カオトム(ข้าวต้ม)

  7. タイ料理:カオモックガイ(ข้าวหมกไก)

  8. タイ料理:ジョーク(โจ๊ก)

  9. タイ料理:カオカームー(ข้าวขาหมู)

オススメ記事