カオトム

タイ料理:カオトム(ข้าวต้ม)

カオトムとは「ご飯を煮込んだ料理」のことです。

鶏ガラスープに炊いたお米を入れ、具材は海鮮(魚介類)が多いが鶏肉や豚肉を使用し味付けをした料理で、お粥というよりも日本の雑炊に近い日本人に人気のタイ料理です。


カオトムの基本情報

カオトム
料理名 カオトム(ข้าวต้ม)
英語名 Thai soft-boiled rice
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
意味 カオ:ご飯、トム:煮込む
特徴 タイ風の雑炊
辛さ ★(辛くないタイ料理)

カオトムとはどんな料理?

カオトム

カオトムは、カオ(ご飯)トム(煮る)という名前のとおり米を柔らかく煮たタイ風の雑炊で、お米を煮て肉類やシーフードなどをプラスしていき味をつけていく料理です。

カオトムはテーブルに備え付けの調味料を使い自分好みの味にしていくのがタイ流!

タイ特有の辛さや独特な癖もなくとてもさっぱりしているので、日本人の口にとても合う人気のタイ料理です。

タイのおかゆは2種類ある

カオトム

タイのおかゆには「ジョーク」と「カオトム」の2種類があります。

ジョークは米が原型をとどめないくらいクタクタに煮込んだ、味つけおかゆのことをいいます。

カオトムはおかゆに肉や野菜を入れたいわゆる雑炊なのですが、実はそれとは別に、ダシや具を除いた普通の白がゆに近いカオトムもあります。

このカオトムは味つけがされていないので、濃い味のおかずと一緒に食べるのが一般的で、こういった食べ方を「カオトムグイ」といいます。

濃い目の味付けのおかずと一緒にカオトムを食べれば食欲がない時でも箸が進むので、少し体調がすぐれないという時にはカオトムグイ を試してみてはいかがでしょうか。

カオトムはどこで食べることができる?

日本人にとっておかゆは病気の時に食べるものというイメージが強いかもしれませんが、タイでは昼夜問わずおかゆをよく食べます。

ジョークはタイの朝食の大定番で、ジョーク屋台は早朝から昼にかけて営業し売り切れたらすぐに閉店してしまいます。

カオトムはどちらかといえば夜に食べるもので、カオトム屋台はたいてい夕方17の時ころにオープンして深夜まで営業します。

中には24時間で営業をしているカオトム屋台もあるので事前に調べておくといいでしょう。

旅行中の方にはいろいろなおかずも一緒に楽しめる『カオトムグイ』をおすすめします。

カオトムに合うおかずはなに?

カオトム

カオトムはおかずと一緒にガツガツと流し込むのがタイ流です。

屋台ではショーケースにたくさんのおかずが並べられていたり、注文通りに作ってくれたりしますが、ここではカオトムに合うおかずをいくつか紹介しましょう。

・ホイラーイパットナムプリックパオ:あさりの辛味炒め

ヤムカイケム:塩漬け卵のサラダ

パックブーンファイデーン:空芯菜の炒めもの

・ヤムパッカードーン :高菜漬けサラダ

カイパロー:豚肉と卵の中華風煮込み

などなどがカオトムとよく合うおかずで、日本人の口にもとても合うタイ料理です。

皆さんのおすすめのおかずはなんですか?

関連記事

  1. カオパットアメリカン

    タイ料理:カオパットアメリカン(ข้าวผัดอเมริกัน)

  2. カオムーデーン

    タイ料理:カオムーデーン(ข้าวหมูแดง)

  3. タイ料理:カオモックガイ(ข้าวหมกไก)

  4. タイ料理:カオパット(ข้าวผัด)

  5. カオチェー

    タイ料理:カオチェー(ข้าวแช่)

  6. タイ料理:カオマンガイ(ข้าวมันไก่)

  7. タイ料理:カオジー(ข้าวจี่)

  8. カオナーガイ

    タイ料理:カオナーガイ(ข้าวหน้าไก่)

  9. タイ料理:カオクルックカピ(ข้าวคลุกกะปิ)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事