タイ料理:パークペットード(ปากเป็ดทอด)

タイ料理「パークペットート」とは?簡単に言うと…パークペットードはアヒルの口ばしを揚げたものです。味はジャーキーを食べてるようなしっかりとした歯ごたえに、塩気のある味付けです。濃い味付けなのでビールとの相性もよく、タイ料理特有の辛さなどもなく、日本人にとって食べやすく人気の料理です。

パークペットートの基本情報

パークペットート
料理名 パークペットート(ปากเป็ดทอด)
英語名 fried-duck-mouth
食べれる場所 イサーン地方、食堂
意味 パーク:くち、ペッ:アヒル、トート:揚げる
特徴 アヒルのくちばしの揚げ物
辛さ ★(辛くないタイ料理)

パークペットートとはどんな料理?

パークペットート

タイ料理のパークペットートは「アヒルの口ばしの揚げた物」になります。

アヒルの上下の口ばしを2つに分けて揚げたもので、見た目は骨付きから揚げのように見え一目見ただけではアヒルのくちばしだとはわからないでしょう。

日本ではほとんど見かけることもなく食べる機会もないと思いますが、タイの食堂(主にイサーン料理店)ではとてもポピュラーなタイ料理のひとつです。

パークペットートに食べるところはあるの?

パークペットート

パークペットートはアヒルのくちばしなので食べる所はあまり多くありません。

食べるときは、口ばしの先を手でつかんで顎周りから口ばしに付いている肉の部分を食べます。

そのまま食べるのも良いのですが、チリソースと一緒に提供されることが多く、このチリソースもパークペットートにとても良くあいます!

パークペットートとはどんな味?

パークペットート

パークペットートの味はジャーキーを食べてるようなしっかりとした歯ごたえに塩気のある味付けです。

濃い味付けなのでビールとの相性もよく、タイ料理特有の辛さなどもないので日本人にとって食べやすいタイ料理のひとつです。

アヒルの口ばしと聞くと少し敬遠しがちなイメージですが、タイでは日常的な食材で老若男女問わずとても人気の料理です。

パークペットートとはどこで食べることができる?

パークペットート

パークペットートはタイの東北部にあるイサーン地方の郷土料理です。

ソムタムやラープなどはタイ全土のレストランなどで食されていますが、パークペットートはイサーン料理店にしかなく、街中のタイレストランではあまり見かけない料理なのでイサーン料理を扱っているお店に行く必要があります。

イサーン料理は人気が高いため、バンコクなどでも検索すればすぐに見つかるのですが、すべてのイサーン料理店に置いてあるわけではないので、パークペットートを見つけるのには苦労するかもしれません…。



⇓ すべてのタイ料理をみる ⇓

タイ料理【一覧】

関連記事

  1. タイ料理:カイパロー(ไข่พะโล้)

  2. ピックガイトート

    タイ料理:ピックガイトート(ปิกไก่ทอด)

  3. タイ料理:タップガイヤーン(ตับไก่ย่าง)

  4. タイ料理:ガイホーバイトゥーイ(ไก่ห่อใบเตย)

  5. ルークチンピン

    タイ料理:ルークチンピン(ลูกชิ้นปิ้ง)

  6. タイ料理:ガイパットメットマムアン(ไก่ผัดเม็ดมะม่วง)

  7. カントーク

    タイ料理:カントーク(ขันโตก)

  8. タイ料理:マタバ(มะตะบะ)

  9. タイ料理:ガイヤーン(ไก่ย่าง)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事




Warning: realpath(): open_basedir restriction in effect. File(/tmp) is not within the allowed path(s): (/home/thainavi/thailand-navi.com/) in /home/thainavi/thailand-navi.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 2101