タイ料理:タップガイヤーン(ตับไก่ย่าง)

ガイヤーンとは日本で言うところの焼き鳥のことで、タップガイヤーンは『レバーの焼き鳥』ということになります。
ガイヤーン自体はソムタムなどと同様タイの東北部の郷土料理でしたが、今ではタイ全土の至る所で食べられるほど有名な料理です。


タップガイヤーンの基本情報

タップガイヤーン
料理名 タップガイヤーン(ตับไก่ย่าง)
英語名 Thai grilled chicken liver
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
意味 タップ:レバー、ガイ:鶏、ヤーン:焼く
特徴 タイ風鶏レバー焼き鳥
辛さ ★(辛くないタイ料理)

タップガイヤーンとはどんな料理?

タップガイヤーン

タップガイヤーンはタイ東北地方の伝統料理で、いわゆる『レバーの焼き鳥』になります。

タイでは内臓は人気があってよく食されています。

タイの有名な料理に『ガイヤーン』がありますが、基本的に部位が違うだけで味付けはガイヤーン(タイ風焼き鳥)と同じです。

タップガイヤーンはナンプラーやガーリック、砂糖などで甘辛く仕上げます

辛いソースやスイートチリソースなどが一緒に出されますが、十分に味がついているのでそのまま食べても美味しくいただけます。

タップガイヤーンはどこで食べることができる?

タップガイヤーン

タップガイヤーンは元々がタイ東北地方イサーンあたりで盛んに食されていましたが、今ではタイ全土で当たり前のように食べることができます

タップガイヤーンを購入するには街中やマーケットなどにある『焼き鳥屋台』がおすすめですが、焼き鳥は一度に大量に作るので冷めてしまうものが当然出てきます。

人気屋台では焼くのが追いつかずに焼けるそばから売れていったりするので、タップガイヤーンを購入する際はそういった人気店で購入するようにしましょう

タイ人は内臓が大好き!レバーの話

タップガイヤーン

タイ人はとにかく内臓が大好き。暑いタイの気候を生き抜くために、栄養豊富な内臓料理が人気なのも頷けます。

アメリカで黒人不遇の時代にモツ料理がソウルフードになったように、貧しい農村が多かった東北地方イサーンでも安価な内臓が好んで食べられるようになったという背景もあるかもしれません。

タップガイヤーン以外に、レバーを使ったお勧め料理を2品ご紹介します。

タップワーン(ตับหวาน)

タップワーン(ตับหวาน):ナンプラーやライム、唐辛子、ハーブなどで和えたレバーのピリ辛サラダ。

ワーンとは甘いという意味ですが、味は特別甘くはありません。

タップムートートクラティアム(ตับหมูทอดกระเทียม)

タップムートートクラティアム(ตับหมูทอดกระเทียม):豚レバーのガーリック炒め。豚レバーはプリプリでガーリックにぴったりです。

パクチーが添えられることも多く、スタミナ抜群の料理です。

⬇︎⬇︎⬇︎


関連記事

  1. サイウア

    タイ料理:サイウア(ไส้อั่ว)

  2. ルークチンヤック

    タイ料理:ルークチンヤック(ลูกชิ้นยักข์)

  3. カントーク

    タイ料理:カントーク(ขันโตก)

  4. タイ料理:ムーピン(หมูปิ้ง)

  5. タイ料理:ガイトート(ไก่ทอด)

  6. ムーサテ

    タイ料理:ムーサテ(หมูสะเต๊ะ)

  7. ポピアトート

    タイ料理:ポピアトート(ปอเปี๊ยะทอด)

  8. ガイトートハジャイ

    タイ料理:ガイトートハジャイ(ไก่ทอดหาดใหญ่)

  9. ガイパッキン

    タイ料理:ガイパッキン(ไก่ผัดขิง)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事