タイのフルーツ:カヌン(ジャックフルーツ)【ขนุน】

カヌン(ジャックフルーツ)の詳細

フルーツ名 カヌン(ジャックフルーツ)
英語名 Jackfruit
食べれる場所 屋台

カヌン(ジャックフルーツ)とは

果物の多様『ドリアン』
果物の女王『マンゴスチン』
地上最大の果物『ジャックフルーツ』

大きく育ったジャックフルーツは直径が70cmほどで幅が40cm、重さが30〜50kgほどにもなり世界で一番大きな果物といわれております。見た目はドリアンによく似ており、香りはどこかバナナやガムのような香りがするのが特徴です。

カヌン(ジャックフルーツ)はどんな味?

カヌン(ジャックフルーツ)の気になる味ですが、繊維質で独特な食感のカヌンはバナナ、マンゴー、パイナップルを混ぜたような南国のフルーツの味で、それぞれのフルーツをもっともっと濃く甘くしたような味です。

おいしいカヌンに当たると、ねっとりとした甘味がありドリアンよりもカヌンの方が好きという方が多くいます。ですが、香りが強めなので苦手な人も多いフルーツかもしれません。

カヌン(ジャックフルーツ)の食べ方とは

カヌン(ジャックフルーツ)の果実はそのまま生で食べるのはもちろん、ドライフルーツ、ローストしたもの、チップス、ジャム、ジュースなど食べ方はさまざまです。

大きなジャックフルーツの果実から出る種も大きく、この種も栄養満点で食べることができ、茹でて食べたり、焙煎したりするのが一般的です。これはジャックフルーツがあるどこ国でも基本的に同じで、茹でて食べれば栗や芋ようにホクホクとした食感がとても美味しいのです。

ジャックフルーツにはマグネシウム、ビタミンB6、抗酸化物質が多く含まれているため栄養があり、免疫力を高めてくれることや消化を助けてくれる働きもあります。

カヌン(ジャックフルーツ)はどこで買うことができる?

カヌン

ジャックフルーツは基本的に熟しているものを購入するのですが、タイでは屋台、スーパーなど比較的いろいろなところで購入することが可能です。

値段はタイの他のフルーツに比べると若干高めで、ジャックフルーツ自体はとても大きいので、中の実を小分けにしたものを購入します。購入する場所によって差はありますが、だいたい実ひとつ5〜10バーツ(約15〜35円)ほどします。

個体によってかなり当たり外れの激しいフルーツなので、初めて食べた時においしくなくて嫌いになった。という体験談も多くあります。

関連記事

  1. チョンプー

    タイのフルーツ:チョンプー(ローズアップル)【ชมพู่】

  2. ノイナー

    タイのフルーツ:ノイナー(シュガーアップル)【น้อยหน่า】

  3. ラムヤイ

    タイのフルーツ:ラムヤイ(ロンガン)【ลำไย】

  4. マカーム

    タイのフルーツ:マカーム(タマリンド)【มะขาม】

  5. マンクット

    タイのフルーツ:マンクット(マンゴスチン)【มังคุด】

  6. ソムオー

    タイのフルーツ:ソムオー(ポメロ)【ส้มโอ】

  7. リンチー

    タイのフルーツ:リンチー(ライチ)【ลิ้นจี่】

  8. マラコー

    タイのフルーツ:マラコー(パパイヤ)【มะละกอ】

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事