タイ料理:ゲーンホ(แกงโฮะ)


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/thailand555/thailand-navi.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 317

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/thailand555/thailand-navi.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 319

ゲーンホの詳細

料理名 ゲーンホ(แกงโฮะ)
英語名 Thai northern style curry
食べれる場所 屋台、食堂、レストラン、フードコート
金額 60〜80バーツ(約180〜240円)
意味 ゲーン=汁物
ホ=一緒に混ぜ合わせる
特徴 寄せ集めカレー
辛さ ⭐(少し辛いタイ料理)

ゲーンホとはどんな料理?

ゲーンホとは文字通り、色々なゲーン(汁物)を混ぜ合わせた北部イサーン地方の料理です。昔お坊さんが余った頂き物のカレーを混ぜて、保存するためにハーブを足して食べたことが発祥という説があります。

残り物というくらいなので具は作る人によって違いますが、春雨やインゲン、発酵させたタケノコなどはほぼ必ず入ります。そこにゲーンハーンレー(豚バラ肉のカレー)やゲーンキャオワーン(グリーンカレー)など、ゲーン数種類を混ぜて煮込みます。

腐敗防止という意味からなのでしょうか、コブミカンの葉やしょうが、唐辛子、レモングラスなども必ず使われています。出来上がりはカレーというよりは炒め煮という感じで、ほとんど春雨焼きそばといっていいような見た目です。

ゲーンホはどこで食べることができる?

ゲーンホはタイ北部の料理なので、イサーンやチェンマイなどではどこでも食べることができます。バンコクなどの大都市でも北部料理レストランはたくさんあるので、問題なく食べることができるでしょう。辛さも北部料理にしては辛くない部類です。辛さが苦手な日本人でも安心して食べることができます。

料理の聖地イサーン地方の「ナコンパノム」に行ってみませんか!

もしバンコクは何回も行ったし、どこか違う場所に行ってみたいなというのであれば、ナコンパノムはいかがでしょうか?ナコンパノムはバンコクから飛行機で約1時間、タイ東北部イサーン地方の小さな街です。

街自体には大きな特徴はありませんが、アジア最大級の川「メコン川」を渡ればもうラオスです。ラオスとタイを眺めながらのナイトクルーズは、料理のバリエーションも多く、オススメです。

ちなみに国際バスを使って陸路でラオスに渡ることも可能です。料金はわずか70バーツ(210円、2018年時)ほどですので、思い切ってラオスまで足を伸ばしてみるのも面白いのでは!


関連記事

  1. ゲーンセン

    タイ料理:ゲーンセン(แกงเส้น)

  2. マラヤッサイムーサップ

    タイ料理:マラヤッサイムーサップ(มะระยัดไส้หมูสับ)

  3. タイ料理:トムヤムクン(ต้มยำกุ้ง)

  4. チムチュム

    タイ料理:チムチュム(จิ้มจุ่ม)

  5. タイ料理:ゲーンパー(แกงป่า)

  6. ゲーンリアン

    タイ料理:ゲーンリアン(แกงเลียงกุ้งสด)

  7. ゲーンテーポー

    タイ料理:ゲーンテーポー(แกงเทโพ)

  8. ゲーンキーレック

    タイ料理:ゲーンキーレック(แกงขี้เหล็ก)

  9. タイ料理:トムヤムタレー(ต้มยำทะเล)

運営者情報:DAISHI

運営者情報

オススメ記事